前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 細山田武史

    細山田武史から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    細山田 武史(ほそやまだ たけし、1986年4月29日 - )は、鹿児島県出水市出身の元プロ野球選手(捕手)。右投右打。2015年12月1日からは、トヨタ自動車硬式野球部でプレーを続ける。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    11月25日 - 【社会人】第34回社会人野球日本選手権大会最終日が京セラドーム大阪で行われ、トヨタ自動車(JABA九州大会優勝)が三菱重工名古屋(東海)を4?1で破り、初優勝を決めた。最優秀選手賞には、4試合に登板して3完投3勝を挙げた服部泰卓投手が選ばれた。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    【社会人】第37回社会人野球日本選手権大会最終日が京セラドーム大阪で行われ、トヨタ自動車(北海道大会優勝)が4?2でJR九州(四国大会優勝)を破り、2年ぶり3回目の優勝を果たした。MVPは決勝戦を含め3試合に登板して3勝を挙げたトヨタ自動車・岩崎司投手が受賞。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 第85回都市対抗野球大会

    第85回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    佐竹功年(西濃運輸(トヨタ自動車))第85回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回都市対抗野球大会

    第79回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    予選では、前回大会を制した川崎市・東芝が敗退。優勝チームが翌年に活動停止や出場辞退を伴わず予選で敗退するのは2000年の東芝以来。また、前年の日本選手権を制した豊田市・トヨタ自動車も予選で敗退。一方で大阪市・日本生命は阪和第2代表として本戦出場。出場回数を50回の大台に乗せた。第79回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌田圭司

    鎌田圭司から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    豊田大谷高を卒業後、名城大学に進学。大学時代は1999年春季ベストナイン(遊撃手)に選出。卒業後は、トヨタ自動車に入社。鎌田圭司 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    11月23日 - 第35回社会人野球日本選手権大会最終日が京セラドーム大阪で行われ、トヨタ自動車がJR東海に4対2で勝利し、2年連続2度目の優勝達成2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    第87回 佐竹功年(投手:豊田市・トヨタ自動車都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田篤彦

    坂田篤彦から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    坂田 篤彦(さかた あつひこ、1983年4月2日 - )は、社会人野球のトヨタ自動車に所属する野球選手(内野手)。坂田篤彦 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山孝一

    杉山孝一から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    しかし、鉄鋼不況による業績悪化のため地方大会出場が減るなど練習環境は悪化し、から数年間にわたってチームは都市対抗出場を逃す。一方で自身は1986年の本大会でNTT北陸の補強選手として出場し、3打席連続を含む4本塁打を放ち準優勝に貢献する活躍で久慈賞を獲得した。その後、は本田技研鈴鹿に補強されて3本塁打を放ち、はトヨタから出場。はNTT東海から補強され、準決勝でヤマハの吉田篤史から本塁打を放つなどの活躍で指名打者として優秀選手に選ばれた。杉山孝一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「トヨタ自動車野球部」のニューストピックワード