91件中 11 - 20件表示
  • 川島勝司 (野球)

    川島勝司 (野球)から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    その後1999年オフに同じ東海地区のライバルチームであるトヨタ自動車からの監督就任要請を受け、これを受諾。プロ以上に「生え抜き主義」で監督を外部から迎えることが珍しい社会人野球界でビッグネームの移籍・監督就任は大きなニュースとなった。トヨタでは3年間指揮を執り、その3年間全てにおいて都市対抗野球大会に出場したが、優勝には手が届かなかった。2003年シーズンからはトヨタの副部長兼総監督としてベンチから離れてチームを見守っている。川島勝司 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大島忠一

    大島忠一から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    中京商業高等学校(現:中京大学附属中京高等学校)では1966年、2年生の時にチームが春夏の甲子園で連覇を達成した。大島は控え捕手として春の選抜に出場している。後にプロ野球選手になる矢沢正や加藤英夫、平林二郎、伊熊博一らが1年上のチームメイトだった。翌1967年にも夏の甲子園に捕手、三番打者として出場。川口勉投手(中京大?トヨタ自動車)の好投もあり準決勝に進出するが、エース石井好博を擁する習志野高に2-3で惜敗している。この時の控え投手に1年下の水谷則博がいた。大島忠一 フレッシュアイペディアより)

  • 山北茂利

    山北茂利から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    中京商業高等学校を経て社会人野球のトヨタ自動車へ入部。の第70回都市対抗野球大会で三菱重工名古屋の補強選手に選ばれる。同年のドラフト会議で中日ドラゴンズから3位指名を受けて入団。同期に朝倉健太がいる。山北茂利 フレッシュアイペディアより)

  • チャンピオン・エンブレム

    チャンピオン・エンブレムから見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    社会人野球日本選手権大会では、2007年より優勝チームへの副賞の一つとして、ユニフォームの袖に同大会の優勝旗(通称・ダイヤモンド旗)と同じ意匠のエンブレムをつける(2007年のトヨタ自動車が第1号)。なお、期間は黒獅子エンブレム同様、翌年度の社会人野球日本選手権大会終了までの1年間。チャンピオン・エンブレム フレッシュアイペディアより)

  • 萩野友康

    萩野友康から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    土佐高時代は、1967年の2年生の時に夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが中京高の川口勉投手(中京大?トヨタ自動車)に抑えられ敗退。翌1968年夏は、高知県予選決勝に進出するが、高知高に0-1で延長10回サヨナラ負け、甲子園出場を逸する。萩野友康 フレッシュアイペディアより)

  • アジア都市対抗野球大会

    アジア都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    名古屋市チームは愛知県の企業チーム(トヨタ自動車、王子製紙、三菱重工名古屋、JR東海、東海REX、一光、東海理化、東邦ガス)の選抜チーム。アジア都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪部貴大

    諏訪部貴大から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    実績を残せなかったため野球を辞めることも考えていたが、高山健一の紹介でHonda野球部の練習に参加し卒業後入社。シーズンオフとなる12月から2月は社員として組み立て作業等に従事した。3年目のから先発に定着し、3月のJABA東京スポニチ大会では1回戦の先発を任され6回無失点。準優勝した4月のJABA静岡大会で最優秀新人賞を受賞。5月のJABA九州大会では決勝のトヨタ自動車戦で1失点完投するなど2勝をあげ、MVPに選ばれた。8月の第80回都市対抗野球大会では準々決勝の対東芝戦で勝利投手となる。諏訪部貴大 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋晋也

    大橋晋也から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    卒業後は社会人野球のトヨタ自動車への入社が内定していたが、1995年のドラフト会議でロッテが8位で強行指名した。11月28日に挨拶を受けたもののトヨタ入りの意思は固く、12月12日にロッテが獲得断念を発表している。にはアジア選手権の日本代表に選ばれるなど活躍し、に現役を引退した。大橋晋也 フレッシュアイペディアより)

  • 第81回都市対抗野球大会

    第81回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    本戦では前回大会優勝の狭山市・Hondaと準優勝の豊田市・トヨタ自動車がともに2回戦で敗れる中、コールドゲームが1試合も起こらない実力伯仲の試合が続いた。活発な打線を擁する川崎市・東芝と豊富な投手力と継投を見せる北九州市・JR九州が決勝で対戦し、東芝が3年ぶり7回目の優勝を果たした。JR九州は前年の日本選手権優勝に続く史上初の秋・夏連覇を目指したが、準優勝に終わった。橋戸賞は3試合に登板して2完封を記録した藤田卓史(東芝)が受賞した。第81回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回社会人野球日本選手権大会

    第40回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    本戦では夏秋連覇を狙う西濃運輸や地元大阪勢4チームが8強に進出し、実力伯仲の試合を続けたが、決勝に残ったのは準決勝までで2試合の延長戦を制したトヨタ自動車と、準決勝までの4試合すべてで2点差以内の勝利を収めたセガサミーの2チーム。これを5?0で制したトヨタ自動車が4回目の優勝を果たした。トヨタ自動車の優勝4回は大会史上2位。セガサミーは2大大会で初めての決勝だったが準優勝に終わった。最優秀選手賞は、4試合に登板し30イニングを無失点に抑えたトヨタ自動車・佐竹功年投手が獲得した。第40回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「トヨタ自動車野球部」のニューストピックワード