91件中 21 - 30件表示
  • 第37回社会人野球日本選手権大会

    第37回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    大会は2連覇を目指すJR九州と2年ぶりの優勝を目指すトヨタ自動車が決勝で対戦。中盤で逆転に成功したトヨタが4年間で3度目となるダイヤモンド旗を手にした。MVPには3試合に先発して防御率ゼロに抑えたトヨタ・岩崎司が選ばれた。第37回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回社会人野球日本選手権大会

    第34回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    本戦ではこれまでベスト8止まりが続いていたトヨタ自動車が初めて準々決勝を突破し、その勢いのまま頂点を極めた。トヨタの全国大会優勝は夏秋通じて初めて。第34回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第35回社会人野球日本選手権大会

    第35回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    大会は2年連続で愛知県勢同士の対決となり、夏秋通じて初めての優勝を目指すJR東海を終盤の逆転劇で下したトヨタ自動車が2年連続2回目の優勝を遂げた。MVPには3勝を挙げた大谷智久が選ばれた。第35回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第80回都市対抗野球大会

    第80回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    本戦では、最後の大会に臨む日産自動車が粘りを見せて4強に食い込む中、強打の狭山市・Hondaと堅守の豊田市・トヨタ自動車が決勝に進出。大会史上初の自動車メーカー本社チーム同士の対戦となった決勝は、チャンスで打線をつなげたHondaに軍配が上がり、13年ぶり2回目の優勝を果たした。第80回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 坂寄晴一

    坂寄晴一から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    11月に行われた第40回社会人野球日本選手権大会ではトヨタ自動車戦に先発登板し、5回を投げ被安打0、自責点0だったがチームは敗れた。坂寄晴一 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回社会人野球日本選手権大会

    第42回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    都市対抗野球と岡山大会でトヨタ自動車が優勝したため、所属する東海地区の最終予選枠が1枠増。第42回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第68回都市対抗野球大会

    第68回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    横井隆幸(西濃運輸(トヨタ自動車))第68回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部勝美

    渡部勝美から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    渡部は本社の支援を受け、元プロ野球選手(高梨利洋内野手、渡邉孝男捕手)らを補強し、短期間に急激に力をつけ、2000年には都市対抗野球本大会に初出場を果たす。2002年には同大会で日産自動車、トヨタ自動車と強豪を連破しベスト8入りするなど、全国でも勝負できるチーム作りに成功した。渡部勝美 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦政基

    三浦政基から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    宮崎県立日向工業高等学校を卒業後、トヨタ自動車に入社するが、翌年に愛知学院大学へ進学。愛知大学リーグでは中京大の後塵を拝し、在学中2位4回にとどまり優勝には届かなかった。リーグ通算28試合に登板して8勝5敗。1972年春季リーグで敢闘賞受賞。三浦政基 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回都市対抗野球大会

    第74回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    注目チームは前年秋に野村克也監督兼GMを招聘したシダックス。東京予選では無敗で第1代表を獲得しており、野間口貴彦・オレステス・キンデランといった投打の柱を擁した戦いぶりで、トヨタ自動車との1回戦では42,000人の観客が東京ドームに詰めかけた。第74回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

91件中 21 - 30件表示

「トヨタ自動車野球部」のニューストピックワード