91件中 31 - 40件表示
  • 木下拓哉

    木下拓哉から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    高知県高知市出身。高知高校では2年春から正捕手の座を掴み、2年と3年の夏に甲子園に出場した。野球部の同期には公文克彦がいた。法政大学に進学すると、3年春に六大学ベストナインに選出され、トヨタ自動車では1年目から正捕手となり、日本選手権優勝に貢献した。大学では三嶋一輝、石田健大とバッテリーを組んだ。木下拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタスポーツセンター

    トヨタスポーツセンターから見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    1973年5月、トヨタ自動車が全従業員およびその家族が使用できる施設として設置したものである。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する名古屋グランパスエイトが練習場として使用する他、ジャパンラグビートップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツ、トヨタ蹴球団、トヨタ自動車硬式野球部、トヨタ自動車陸上競技部などのトヨタ自動車の運動部の練習施設である。また、なお、同敷地内にトヨタ工業学園が設置されている。トヨタスポーツセンター フレッシュアイペディアより)

  • 第87回都市対抗野球大会

    第87回都市対抗野球大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    本戦では、全31試合中15試合が2点差以内で決着し、6試合が延長戦にもつれ込む接戦が続いた。前回大会を制した日本生命が開幕戦で敗れ、パナソニックはきらやか銀行にタイブレークで敗れるなど古豪が序盤で姿を消す中で、投打のバランスの取れたチームが上位に進出した。決勝はいずれも初優勝を目指す豊田市・トヨタ自動車と日立市・日立製作所が対戦し、7年ぶりに決勝進出したトヨタ自動車がこれを4?0で制し初優勝を遂げた。第87回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第16回社会人野球日本選手権大会

    第16回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    初出場は、北陸銀行とトヨタ自動車と新日本製鐵大分の3チーム。このうちトヨタ自動車は1勝を挙げた。また、西濃運輸が10年のブランクを経て本戦に復帰した。第16回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 服部泰卓

    服部泰卓から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    大学卒業後に、トヨタ自動車へ入社した。2年目のには、上野弘文などとともに主力投手として活躍。都市対抗では、予選4試合全てで先発を任された。また、同年には、第23回ハーレムベースボールウィーク・第15回アジア大会で日本代表に選ばれている。服部泰卓 フレッシュアイペディアより)

  • 松枝三男

    松枝三男から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    熊本第一工業高卒業後、社会人野球のトヨタ自動車に3年間在籍し、にドラフト外で大洋ホエールズへ入団。松枝三男 フレッシュアイペディアより)

  • 自由契約

    自由契約から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    著名なプロ野球選手経験者が任意引退公示後、アマチュア指導者への転身によって改めて自由契約公示されたケースとしては、外木場義郎(1979年任意引退公示、2004年自由契約→プロ育成野球専門学院(広島県安芸太田町所在)コーチ就任)、定岡正二(1985年任意引退公示、2006年自由契約→薩摩コーチ就任)、初芝清(2005年任意引退公示、2006年自由契約→かずさマジック(千葉県君津市)所在)コーチ就任)などの例がある。またトヨタ野球部の的場寛壱(元阪神タイガース)らのように選手として登録する者もいる。自由契約 フレッシュアイペディアより)

  • 第39回IBAFワールドカップ日本代表

    第39回IBAFワールドカップ日本代表から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    7月14日から17日まで、パナソニックベースボールスタジアムで代表候補合宿を行い、選抜されたメンバーは社会人23人、大学1人。的場寛一(トヨタ自動車)は、元NPB選手として2例目となる日本代表入りを果たした(1例目は第35回大会の吉田浩(住友金属鹿島))。第39回IBAFワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の野球

    2016年の野球から見たトヨタ自動車野球部トヨタ自動車硬式野球部

    決勝:トヨタ自動車(豊田市)4?0日立製作所(日立市)(初優勝)。2016年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 社会人野球日本選手権大会

    社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    優勝旗は巨大なダイヤモンドがモチーフのデザインが施されていることから、「ダイヤモンド旗」と呼ばれる(都市対抗野球の黒獅子旗参照)。優勝チームは翌シーズン1年間、ユニフォームの袖に優勝旗と同じ意匠のエンブレムをつけることができる(2007年のトヨタ自動車が第1号)。また、大会を開催する自治体の市より寄贈トロフィー(1997年以後、大阪市市長賞)が贈られる。社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示

「トヨタ自動車野球部」のニューストピックワード