91件中 41 - 50件表示
  • 安藤優也

    安藤優也から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    卒業後は地元の大分銀行に就職して軟式野球に転向する予定だったが、のちに夫人となる大学の同級生の勧めもあり「23本目を打たれた投手と言われ続けるのは嫌だ」と、内定を辞退して社会人野球のトヨタ自動車に入社。なお、大分銀行には後にプロ入りの際の契約金を全額預金することで“恩返し”をした。トヨタ時代は最速150 km/hの速球を投げる本格派右腕として頭角を現し第71回都市対抗野球大会、第72回都市対抗野球大会に2年連続出場し、のIBAFワールドカップ日本代表にも選出された。同年秋のドラフト会議において大学の後輩でバッテリーを組んでいた浅井良と共に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。安藤優也 フレッシュアイペディアより)

  • 吉鶴憲治

    吉鶴憲治から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    その後、社会人のトヨタ自動車を経て、中日ドラゴンズへ入団。吉鶴憲治 フレッシュアイペディアより)

  • 青木高広

    青木高広から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    出場した甲子園には同年に広島に指名された上野弘文(樟南→トヨタ)、チームメイトでプロ入り年数では先輩にあたる末永真史(佐賀東→広島)、比嘉寿光(沖縄尚学→早大)が出場していた。青木高広 フレッシュアイペディアより)

  • 滝良彦

    滝良彦から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    名古屋商業から南山大学へ進み、トヨタ自動車に入社。滝良彦 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地正法

    菊地正法から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    東邦ガスでは早速エースとして活躍し、の都市対抗野球大会出場に大きく貢献した。は都市対抗野球大会の自チームでの出場こそ逃したものの、トヨタ自動車の補強選手として出場、社会人野球日本選手権でもエースとしてチームの日本選手権初出場をもたらした。菊地正法 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の野球

    2014年の野球から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    優勝:トヨタ自動車(3大会ぶり4回目)2014年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 東邦ガス硬式野球部

    東邦ガス硬式野球部から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    、これまで日本選手権においては、東海地区の枠が都市対抗野球に比べて少ないため、本戦出場を果たせずにいたが、同年の日本選手権では東海予選を勝ち上がり本戦初出場を決めた(同予選は東海地区選手権を兼ねており、決勝でトヨタ自動車を破って東海地区選手権初優勝も果たした)。そこから、まで8大会連続で出場を果たしている。東邦ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回社会人野球日本選手権大会

    第43回社会人野球日本選手権大会から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    優勝したのはトヨタ自動車。決勝戦で日本生命を振り切り、5大会ぶり3度目のダイヤモンド旗を手にした。第43回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋建

    高橋建から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    その後トヨタ自動車では主に左の中継ぎとして活躍。その後1994年度ドラフト会議にて広島東洋カープから4位指名を受けて入団。高橋建 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一徳

    山本一徳から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    東京六大学では宮本賢、大谷智久の左右のエースの存在もあり未勝利に終わったが、独特のスリー・クォーターから繰り出す最速144km/hの動く速球と184cm、90kgという恵まれた体格を買われ、2006年のプロ野球ドラフト会議で日本ハムから5巡目で指名された。既にトヨタ自動車に進むことが内定していたが、同年11月30日に契約金と年俸それぞれ6,000万円、1,200万円(いずれも推定)で契約を結び、宮本らとともに入団した。山本一徳 フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「トヨタ自動車野球部」のニューストピックワード