91件中 81 - 90件表示
  • 歌藤達夫

    歌藤達夫から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    社会人野球のヤマハでは下半身を鍛えて球速が140km/h台に上がり、スクリューボールもマスターした。1年目のは都市対抗1回戦で敗戦投手となったが、翌年にかけて2年連続で本戦出場に貢献。にはトヨタ自動車の補強選手として都市対抗に出場し、1回戦でシダックスの野間口貴彦と投げ合って敗れた。大学時代から注目していた、チームOBであるオリックス・ブルーウェーブの熊野輝光スカウトに即戦力として評価され、同年のドラフトで自由獲得枠での指名を受け入団。契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(いずれも推定)という好条件だった。歌藤達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 平石洋介

    平石洋介から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    大学卒業後トヨタ自動車に入社し、同野球部に2年間在籍。1番・センターとして、第74回都市対抗野球大会、社会人野球日本選手権大会に出場する。また第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選抜される。社会人通算打率3割3分以上、本塁打10本。平石洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 磯村嘉孝

    磯村嘉孝から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    祖父は愛知商業高で、叔父・父・兄は中京大中京及びその前身で甲子園出場経験があり、父と兄はその後社会人野球のトヨタ自動車でもプレーしている。磯村嘉孝 フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所硬式野球部

    日立製作所硬式野球部から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    近年は、元プロ野球選手を積極的に受け入れチーム力の向上に務めており、創部100周年となったの都市対抗野球では初めて決勝に進出しトヨタ自動車と対戦したが、0-4で敗れ準優勝となった。日立製作所硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 香川県立土庄高等学校

    香川県立土庄高等学校から見たトヨタ自動車野球部トヨタ自動車硬式野球部

    佐竹功年(社会人野球・トヨタ自動車野球部投手)香川県立土庄高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 古田敦也

    古田敦也から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    その後、古田は就職活動を行い、一般の学生として新卒採用に応募し、1988年3月に立命館大学経営学部卒業、経営学士号取得ののち、同年4月にトヨタ自動車に入社。入部した同社硬式野球部でも1年目から正捕手を任され、主軸打者として都市対抗野球大会でも活躍。同年8月に行われたソウルオリンピックの野球(公開競技)日本代表に選出され、野茂英雄、潮崎哲也らとバッテリーを組む。決勝戦でアメリカに敗れたものの、銀メダル獲得に貢献した。古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 宮市亮

    宮市亮から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    家族構成は両親と弟の4人家族。父親は以前トヨタ自動車硬式野球部で選手、ヘッドコーチを務めており、宮市の高校の同級生で幼馴染でもある広島東洋カープの磯村嘉孝の父親と選手時代にチームメートでもあった。弟の宮市剛もサッカー選手である。宮市亮 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺俊介

    渡辺俊介から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    に読売ジャイアンツの春季キャンプに参加した際、対面した清原和博に「プロになって対戦するだろう」と予言されている。当時はチーム内で恩田寿之に次ぐ2番手投手だったが、同年夏の第71回都市対抗野球大会の南関東2次予選で恩田がフル回転して本大会の出場権を手にしたものの肩や肘を故障して手術に追い込まれ、本大会では渡辺が先発投手の柱として全4試合に登板して、三菱重工広島、トヨタ自動車、西濃運輸を破り4強入りし、優秀選手賞を獲得。プロアマ混成チームのシドニーオリンピック野球日本代表にも選出され、対イタリア戦では中継ぎで登板し勝利投手になった。対キューバ戦でも中継ぎで登板したが3ラン本塁打を打たれ敗戦投手となった。秋には社会人野球日本選手権大会8強入り、同僚の野田浩輔と共にプロ入りを表明。同年秋のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから4位指名を受け入団。「会社の上司に掛布雅之の大ファンがいたから」という理由から背番号31を着けた。渡辺俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    2007年11月19日に開催されたプロ野球ドラフト会議(大学生・社会人ほか対象)で北海道日本ハムファイターズから1巡目指名を受けた。大場翔太(東洋大学)と服部泰卓(トヨタ自動車)の交渉権獲得に相次いで失敗した後の指名であった(いわゆる外れ外れの1位)。契約金6000万円、新人としては異例の年俸3000万円で契約した(金額は推定)。なお、この3000万円の年俸に関して、12球団の申合せ事項で定められた最高標準額(年俸1500万円)を超える額であるとの指摘もされているが、日本ハム側は「年俸に関しては上限は無い」との解釈をしてこの契約に至った。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷則博

    水谷則博から見たトヨタ自動車硬式野球部トヨタ自動車硬式野球部

    中京高等学校(現:中京大学附属中京高等学校)では1966年、1年生の時にチームが史上2校目の甲子園春夏連覇を果たす。夏の選手権では控え投手として出場したが登板はなかった。2年上のチームメートに加藤英夫、矢沢正、平林二郎、伊熊博一がいる。2年生時の1967年も、川口勉投手(中京大?トヨタ自動車)の控えとして夏の甲子園準決勝に進出するが、習志野に敗退、この時も自身の登板機会はなかった。1年上のチームメートに大島忠一がいる。翌1968年はエースとして春の選抜に出場。しかし1回戦で広陵の宇根洋介投手(近大?電電中国)と投げ合い1-3で惜敗。水谷則博 フレッシュアイペディアより)

91件中 81 - 90件表示

「トヨタ自動車野球部」のニューストピックワード