前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 平成電電

    平成電電から見たトライアイズトライアイズ

    2005年(平成17年)10月になって経営が破綻し東京地裁に民事再生法の適用を申請した。ソフマップ創業者の鈴木慶が設立したドリームテクノロジーズ(現:トライアイズ)が再建スポンサーとなったが、2006年(平成18年)4月、提出された再建計画が現実性に乏しいとして支援の打ち切りを表明した。これを受けて民事再生手続きは廃止され同年6月7日に破産手続開始が決定され、破産管財人により日本テレコム(現:ソフトバンクテレコム)に事業譲渡(実際の譲渡は6月16日付)され、平成電電自体は清算会社となった。平成電電 フレッシュアイペディアより)

  • DTコミュニケーションズ

    DTコミュニケーションズから見たトライアイズトライアイズ

    DTコミュニケーションズ株式会社(英文表記:DT COMMUNICATIONS Co., Ltd.)は、2000年に設立された日本の電気通信事業者で、中継電話事業(マイライン)が主力業務であった。トライアイズ(旧ドリームテクノロジーズ、ヘラクレス上場企業)の子会社である。旧社名は、「平成電電コミュニケーションズ株式会社」。DTコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • ドリテク

    ドリテクから見たトライアイズトライアイズ

    ドリテク フレッシュアイペディアより)

  • ドリームテクノロジーズ

    ドリームテクノロジーズから見たトライアイズトライアイズ

    ドリームテクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンワイヤレス

    ジャパンワイヤレスから見たトライアイズトライアイズ

    ジャパンワイヤレス株式会社は、東京都渋谷区広尾に本社を置くデータ通信サービスを行っていた企業。トライアイズ(旧・ドリームテクノロジーズ)の関連会社である。ジャパンワイヤレス フレッシュアイペディアより)

  • 大山茂

    大山茂から見たドリームテクノロジーズトライアイズ

    大山茂 (技術者)は、技術者で慶應義塾大学卒、ドリームテクノロジーズ株式会社取締役、DTコミュニケーションズ代表取締役。元・日本電信電話株式会社勤務、金沢工業大学大学院東京分校客員教授。大山茂 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ブラウス

    東京ブラウスから見たトライアイズトライアイズ

    2008年11月 - 堀田丸正が所有する東京ブラウスの株式の全てをトライアイズに売却。東京ブラウス フレッシュアイペディアより)

  • 松崎 (鞄)

    松崎 (鞄)から見たトライアイズトライアイズ

    しかし、取引先である百貨店やスーパーマーケットの倒産に加え、他社との競合などにより売上が大きく減少。2007年(平成19年)9月に堀田丸正、次いで2008年(平成20年)11月にはトライアイズの傘下に入って立て直しを図っていたが、2010年(平成22年)5月17日、東京地方裁判所に自己破産を申請。これを受けて同日、破産手続開始が決定した。負債は2010年(平成22年)2月末で約12億5000万円。松崎 (鞄) フレッシュアイペディアより)

  • ゼンリン電子地図帳

    ゼンリン電子地図帳から見たトライアイズトライアイズ

    1995年に発売された「ゼンリン電子地図」シリーズの後継といえ、かつてはトライアイズの前身に開発を委託していた。ゼンリン電子地図帳 フレッシュアイペディアより)

  • 平成電電

    平成電電から見たドリームテクノロジーズトライアイズ

    7月29日 - 中継電話事業を平成電電コミュニケーションズ株式会社(休眠状態の平成電力株式会社を同年4月30日に商号変更)に事業分割。同社は同時にドリームテクノロジーズ株式会社と株式交換。平成電電 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示