前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • 平成電電

    平成電電から見たトライアイズトライアイズ

    2005年(平成17年)10月になって経営が破綻し東京地裁に民事再生法の適用を申請した。ソフマップ創業者の鈴木慶が設立したドリームテクノロジーズ(現:トライアイズ)が再建スポンサーとなったが、2006年(平成18年)4月、提出された再建計画が現実性に乏しいとして支援の打ち切りを表明した。これを受けて民事再生手続きは廃止され同年6月7日に破産手続開始が決定された。破産管財人は、河野玄逸弁護士。破産管財人により日本テレコム(後にソフトバンクテレコム、現:ソフトバンク)に事業譲渡(実際の譲渡は6月16日付)され、平成電電自体は清算会社となった。2009年(平成21年)5月13日付で破産手続が終結し、完全消滅した。平成電電 フレッシュアイペディアより)

  • DTコミュニケーションズ

    DTコミュニケーションズから見たトライアイズトライアイズ

    DTコミュニケーションズ株式会社(英文表記:DT COMMUNICATIONS Co., Ltd.)は、2000年に設立された日本の電気通信事業者で、中継電話事業(マイライン)が主力業務であった。トライアイズ(旧ドリームテクノロジーズ、ヘラクレス上場企業)の子会社である。旧社名は、「平成電電コミュニケーションズ株式会社」。DTコミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • ドリテク

    ドリテクから見たトライアイズトライアイズ

    ドリテク フレッシュアイペディアより)

  • ドリームテクノロジーズ

    ドリームテクノロジーズから見たトライアイズトライアイズ

    ドリームテクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ブラウス

    東京ブラウスから見たトライアイズトライアイズ

    2008年11月 - 堀田丸正が所有する東京ブラウスの株式の全てをトライアイズに売却。東京ブラウス フレッシュアイペディアより)

  • 大山茂

    大山茂から見たドリームテクノロジーズトライアイズ

    大山茂 (技術者)は、技術者で慶應義塾大学卒、ドリームテクノロジーズ株式会社取締役、DTコミュニケーションズ代表取締役。元・日本電信電話株式会社勤務、金沢工業大学大学院東京分校客員教授。大山茂 フレッシュアイペディアより)

  • ニューオータニガーデンコート

    ニューオータニガーデンコートから見たトライアイズトライアイズ

    8F 株式会社エムアイティシステム研究所、株式会社トライアイズ、:en:Havas Worldwideジャパン株式会社ニューオータニガーデンコート フレッシュアイペディアより)

  • 関本雅一

    関本雅一から見たドリームテクノロジーズトライアイズ

    2005年 ドリームテクノロジーズ株式会社取締役就任関本雅一 フレッシュアイペディアより)

  • アジア航測

    アジア航測から見たトライアイズトライアイズ

    かつては三井物産の持分法適用会社(関連会社)であったが、2004年11月にアジア航測が実施した自己株式公開買い付けに応じ、保有する普通株式すべて(議決権ベース33.68%:筆頭株主)を売却、同年12月にその異動を完了した。その後、一時はトライアイズが筆頭株主となるが、2007年9月にトライアイズが保有する同社株式を全て日本アジアホールディングズに売却。さらに、2008年5月には、国際航業ホールディングスが日本アジアホールディングスから株式譲渡を受け、同社が筆頭株主となった。また同年4月、国際航業ホールディングスは経営統合の申し入れを行ったが、アジア航測は「経営統合の提案を一方的に公表するなど信頼関係を醸成しようという姿勢が見られない」「経営統合により企業価値が向上すると判断するのは難しい」などとして、同提案を拒否している。その後も両社の協業につき協議が行われたが、「国土情報サービスの実現に向けた検討」のみにとどまった。アジア航測 フレッシュアイペディアより)

  • ゼンリン電子地図帳

    ゼンリン電子地図帳から見たトライアイズトライアイズ

    1995年に発売された「ゼンリン電子地図」シリーズの後継といえ、かつてはトライアイズの前身に開発を委託していた。ゼンリン電子地図帳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「トライアイズ」のニューストピックワード