362件中 31 - 40件表示
  • チーム・ホイト

    チーム・ホイトから見たトライアスロントライアスロン

    1989年には、トライアスロンの最高峰であるアイアンマン世界選手権に二人で出ることを認められた。この大会で14時間26分4秒で完走した。チーム・ホイト フレッシュアイペディアより)

  • アールビーズ

    アールビーズから見たトライアスロントライアスロン

    1979年にアメリカ合衆国ハワイ州のトライアスロンを初めて取材し紹介した。アールビーズ フレッシュアイペディアより)

  • 足立真梨子

    足立真梨子から見たトライアスロントライアスロン

    足立 真梨子(あだち まりこ、1983年7月21日 - )は、日本のトライアスロン選手。足立真梨子 フレッシュアイペディアより)

  • ロケラニ・マクマイケル

    ロケラニ・マクマイケルから見たトライアスロントライアスロン

    ロケラニ・マクマイケル(Lokelani McMichael )はアメリカ合衆国のハワイ州カイルア・コナ出身のトライアスロン選手、サーファー、モデル。彼女の両親はカイルア・コナでサーフショップを経営しており、彼女もサーフィンを親しんできた。ロケラニ・マクマイケル フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ 最近の出来事 2010年11月

    スポーツ 最近の出来事 2010年11月から見たトライアスロントライアスロン

    (アジア競技大会)第16回アジア競技大会は第2日目の13日、本格的に競技がスタートした。日本勢初の金メダルは、トライアスロン女子の足立真梨子が獲得した。土橋茜子も2位で銀メダルであった。報知新聞スポーツ 最近の出来事 2010年11月 フレッシュアイペディアより)

  • フェルト (自転車メーカー)

    フェルト (自転車メーカー)から見たトライアスロントライアスロン

    創設者であるジム・フェルトはもともとヤマハ、カワサキ、スズキ、ホンダなどのメカニックとしてモーターレース用のオートバイフレームを製作していたが、1989年、自身が乗るためのトライアスロン用自転車フレームのデザインを始めた。このフレームの出来に驚いたプロ選手たちがジムにフレームの製作を依頼するようになる。フェルト (自転車メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ミシェリー・ジョーンズ

    ミシェリー・ジョーンズから見たトライアスロントライアスロン

    ミシェリー・ジョーンズ(Michellie Jones、1969年9月6日 - )は、オーストラリアのトライアスロン選手である。ミシェリー・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ターザン (雑誌)

    ターザン (雑誌)から見たトライアスロントライアスロン

    創刊当時より、トライアスロンに着目して読者チームを作ったり、昨今ではアドベンチャーレース、トレイルランニングなど、新ジャンルのスポーツに紙幅を割くことも多い。また、パラリンピックを応援する記事を掲載するなど、独自のスタンスでの記事作りも行なっている。ターザン (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 無酸素運動

    無酸素運動から見たトライアスロントライアスロン

    フルマラソンにおいては、トップ選手は2時間半を切るので、無酸素運動の比重が大きいが、市民ランナーの平均は4時間半くらいなので、有酸素運動の比重が大きく、トップと市民ランナーで運動形態が異なる。それに対して、トライアスロンは、オリンピックディスタンスにおいては、トップが1時間50分くらいで、市民アスリートでも2時間半を切れる人が多数出るくらいの距離設計になっていて、トップと市民アスリートで運動形態が近くなるように工夫されている。また、トライアスロンのアイアンマンにおいては、トップでも市民アスリートでも有酸素運動が大半を占めるように非常に長い距離となっている。このほか、50km競歩や自転車ロードレースはトップ選手でも競技時間が非常に長く、有酸素運動の占める割合が多い。無酸素運動 フレッシュアイペディアより)

  • 中山嘉太郎

    中山嘉太郎から見たトライアスロントライアスロン

    20代よりトライアスロンを始め、1992年メキシコでのデカトライアスロン単独完走等を経て、2000年から2001年にかけて、シルクロード9,374km走り旅を完走する。この業績により第6回植村直己冒険賞を受賞。中山嘉太郎 フレッシュアイペディアより)

362件中 31 - 40件表示

「トライアスロン」のニューストピックワード