前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
157件中 1 - 10件表示
  • ワルテル・ノヴェッリーノ

    ワルテル・ノヴェッリーノから見たトリノFCトリノFC

    トリノFCユース出身。エンポリ、ペルージャ、ACミランなどでプレーした。ポジションは主に攻撃的MF、そのフィジカルの強さと決定力の高さから、アルゼンチン出身プロボクサー、モンソンの愛称が与えられた。イタリア代表としても1度プレーしている。ワルテル・ノヴェッリーノ フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・ダルミアン

    マッテオ・ダルミアンから見たトリノFCトリノFC

    マッテオ・ダルミアン(Matteo Darmian、1989年12月2日 - )は、イタリア、レニャーノ出身のセリエA・トリノFC所属のサッカー選手である。ポジションはDF。マッテオ・ダルミアン フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・ブリーギ

    マッテオ・ブリーギから見たトリノFCトリノFC

    マッテオ・ブリーギ(Matteo Brighi, 1981年2月14日-)は、イタリア・リミニ出身のサッカー選手。セリエA・トリノFC所属。ポジションはミッドフィールダー。弟はかつてユヴェントスに所属していたマルコ・ブリーギ。マッテオ・ブリーギ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ディ・ミケーレ

    ダビド・ディ・ミケーレから見たトリノFCトリノFC

    熱狂的なASローマのティフォージで2006-07シーズン終了後には「早くローマに行きたい」とコメントするも、トリノFCへの移籍が決まった。2007年3月にウディネーゼ時代の賭博疑惑により、3ヶ月の出場停止処分を受けた上、監督と対立するなど活躍できなかった。2008-2009シーズンはイングランドのウェストハムにレンタル移籍し、ジャンフランコ・ゾラ監督の下でまずまずの活躍を見せた。ダビド・ディ・ミケーレ フレッシュアイペディアより)

  • 大黒将志

    大黒将志から見たトリノFCトリノFC

    同年8月、ヨーロッパの移籍期限間近である8月31日にセリエAのトリノFCへの移籍が決定。大黒自身の以前からの夢であったセリエAへの移籍が実現したが、練習試合で得点を重ねてアピールするも公式戦では無得点に終わり、イタリアでの挑戦は消化不良に終わった。なお、2006年当時のトリノFCの監督は、現日本代表監督のアルベルト・ザッケローニであった。大黒将志 フレッシュアイペディアより)

  • ユヴェントスFC

    ユヴェントスFCから見たトリノFCトリノFC

    2005-06シーズン時点までは、1929年のセリエA開幕以来一度もセリエB(イタリア2部リーグ)に降格したことがない2チームのうちの1つであった。現在も降格経験がないインテルとの対戦はイタリアダービーと呼ばれ国内外の注目を集め、ミラノダービーやローマダービーと並び、イタリアを代表するビッグマッチの一つである。トリノFCとの対戦はトリノ・ダービーと呼ばれる。ユヴェントスFC フレッシュアイペディアより)

  • ステファノ・コラントゥオーノ

    ステファノ・コラントゥオーノから見たトリノFCトリノFC

    引退後に監督業をスタートし、当時ペルージャ(セリエA)とカターニア(セリエB)の会長だったルチアーノ・ガウッチに認められて、2003-2004シーズンにはカターニアの監督を務める。2004年にカターニアはガウッチの手から離れるが、翌2004-2005シーズンにはセリエBに降格したペルージャの監督に就任。セリエA昇格を賭けたプレーオフ進出を果たすもトリノに敗れる。その後、クラブは破産しセリエC1に降格処分となった。余談だが、このシーズンのセリエBはトリノもやはり破産でAへの昇格が取り消されたほか、コラントゥオーノの前任者のセルセ・コズミが率いたジェノアCFCがSSCヴェネツィアへの買収工作の発覚で優勝を取り消されて最下位扱いとなりC1に降格となる混乱ぶりであった。ステファノ・コラントゥオーノ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレンティーノ・マッツォーラ

    ヴァレンティーノ・マッツォーラから見たトリノFCトリノFC

    1940年代に圧倒的な強さを誇り "Grande Torino" (偉大なるトリノ)と呼ばれたACトリノ(現トリノFC)で主将を務めた。その絶頂期に「スペルガの悲劇」と呼ばれる飛行機事故によって命を落とした。ヴァレンティーノ・マッツォーラ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・ココ

    フランチェスコ・ココから見たトリノFCトリノFC

    ミランのプリマベーラ育ち。1995年、18歳でセリエAにデビュー。早くから才能を認められ「マルディーニの後継者」と言われるが、それゆえにポジションに恵まれず、ヴィチェンツァやトリノにレンタル移籍される。2000年、U21代表としてUEFA U-21欧州選手権優勝を勝ち取る。同年10月7日のルーマニア戦でイタリア代表デビューを飾った。フランチェスコ・ココ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエレ・ヴァンタッジャート

    ダニエレ・ヴァンタッジャートから見たトリノFCトリノFC

    イタリア南部、バーリのユース出身。2007年から所属したリミニにおいて得点を量産し、2009年1月、名門パルマFCへ移籍。アルベルト・パロスキとコンビを組み、パルマのセリエA復帰に貢献した。2009年夏の移籍市場でトリノFCへレンタル移籍となる。ダニエレ・ヴァンタッジャート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
157件中 1 - 10件表示

「トリノ」のニューストピックワード