157件中 91 - 100件表示
  • スペルガの悲劇

    スペルガの悲劇から見たトリノFCトリノFC

    スペルガの悲劇(スペルガのひげき、伊:Tragedia di Superga)とは、1949年5月4日、イタリア・トリノ郊外の丘陵地、通称「スペルガの丘」で起きた航空機墜落事故のこと。乗員・乗客31名全員が死亡し、この中にはイタリアのプロサッカークラブ、ACトリノの選手18名と監督以下スタッフ5名が含まれていた。スペルガの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・マルケッティ

    フェデリコ・マルケッティから見たトリノFCトリノFC

    2002年から2005年まではセリエAの古豪トリノFCに所属していたが、才能を認められないまま出場機会を得られずレンタル移籍を繰り返す。2005年に財政難で破産したこともあって放出され、下部リーグにて経験を積むことになる。フェデリコ・マルケッティ フレッシュアイペディアより)

  • セリエB (サッカー)

    セリエB (サッカー)から見たトリノFCトリノFC

    1959 - 60 トリノ、レッコ、カターニアセリエB (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • ダニエレ・デ・ロッシ

    ダニエレ・デ・ロッシから見たトリノ・カルチョトリノFC

    ローマ生まれのローマ育ちという生粋のロマニスタであり、ASローマの下部組織に入団。徐々に頭角を表し、2001年10月に18歳でチャンピオンズリーグの対RSCアンデルレヒト戦でトップチームデビューを果たすと、2002-03シーズンの2003年3月に19歳の時にトリノ戦でセリエAデビューを果たす。このシーズンはセリエAで4試合に出場し2得点を記録した。ダニエレ・デ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・アモルーゾ

    ニコラ・アモルーゾから見たトリノFCトリノFC

    ペルージャ、コモ、モデナ、メッシーナとクラブを渡り歩いた後、2005-06シーズンに南部のレッジーナに入団。ここでは3シーズンに渡り見事な活躍を見せ、11ゴール、17ゴール、12ゴールとコンスタントな活躍で降格回避に貢献した。2006-07シーズンの活躍は特筆に値するもので、ワルテル・マッツァーリ監督の下で覚醒したロランド・ビアンキとのコンビで得点を量産し、カルチョ・スキャンダルによるペナルティを受けたレッジーナを救ってみせた。2008-09シーズンからトリノFCに入団し、再びビアンキと2トップを組んだが、首脳陣との対立でACシエナへレンタル移籍。2009年8月にはパルマへ、2010年1月にはアタランタへ完全移籍した。ニコラ・アモルーゾ フレッシュアイペディアより)

  • FCトレヴィーゾ

    FCトレヴィーゾから見たトリノ・カルチョトリノFC

    2002-03シーズン頃からクラブは上昇し始め、セリエC1、セリエBと復帰を果たす。そして2004-05シーズンにセリエBで5位の成績を修め、プレーオフ進出。1度はペルージャとのプレーオフに敗れたものの、ジェノアCFCのセリエC1降格(八百長に対する制裁措置)、トリノの昇格見送り、ペルージャのセリエC1降格によって史上初のセリエA昇格を果たす。しかし、結局は1シーズンで降格することとなった。FCトレヴィーゾ フレッシュアイペディアより)

  • レジナルド・フェレイラ・ダ・シルヴァ

    レジナルド・フェレイラ・ダ・シルヴァから見たトリノFCトリノFC

    (ジェノアの八百長事件とトリノとペルージャの経営破たんもあって)入れ替え戦を経てクラブが3部のセリエC1から1部のセリエAに昇格する原動力となった。2005年にはウディネーゼが保有権を買い取ったが、トレヴィーゾにレンタルバックする形で残留し2005-2006シーズン終了までプレーした。2006-2007シーズンはウディネーゼからフィオレンティーナに移籍し、27試合に出場して6ゴールを記録したが、わずか1年でパルマFCに移籍。クラブは2007-08シーズン終了後にセリエB降格が決まったが、レジナルドは残留し、1年でのセリエA復帰に貢献した。レジナルド・フェレイラ・ダ・シルヴァ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・レンティーニ

    ジャンルイジ・レンティーニから見たトリノFCトリノFC

    1986年にトリノFCからデビューし、1986-87シーズンと1987-88シーズンはともに11試合に出場した。1988-89シーズンには出場機会を求めてACアンコーナにレンタル移籍したが、トリノFCがセリエB(2部)に降格したため1989年夏に呼び戻された。6得点を挙げる活躍で1シーズンでのセリエA(1部)昇格に貢献し、1992年までトリノFCに在籍した。1992年、当時の移籍金世界最高額となる1300万ポンド(約30億円)でACミランに移籍し、1992-93シーズンは30試合に出場してセリエA優勝に貢献した。1993年のプレシーズンに自動車事故を起こし、開放骨折と眼球の損傷を負ったため、1993-94シーズンからは満足な働きができなかった。1996年にはアタランタBCに移籍し、1997年にはセリエBの古巣トリノFCに移籍金200万ポンドで移籍した。2001年から2004年まではエッチェッレンツァ(6部相当)のコゼンツァ・カルチョ1914に在籍し、その後も地域リーグのクラブでプレーしている。ジャンルイジ・レンティーニ フレッシュアイペディアより)

  • エレニオ・エレーラ

    エレニオ・エレーラから見たトリノFCトリノFC

    インテル・ミラノでは、カテナチオと呼ばれる守備に秀でた戦術を採り、スクデット3回、チャンピオンズカップ、インターコンチネンタルカップを2連覇する。その強さ、スクデットを5年連続で獲得し、グランデ・トリノと呼ばれた1940年代のトリノFCの中心選手であったヴァレンティーノ・マッツォーラの息子であるサンドロ・マッツォーラが所属していたことから、この時期のインテル・ミラノはグランデ・インテルと呼ばれた。エレニオ・エレーラ フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・カステッリーニ

    パオロ・カステッリーニから見たトリノFCトリノFC

    USクレモネーゼ、トリノFCにてプレーした後、2004年にスペインのレアル・ベティスへ移籍。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグにも出場したが、ほとんどがひざの負傷の治療に終わり、ベティスでは活躍できないまま、契約解消となった。パオロ・カステッリーニ フレッシュアイペディアより)

157件中 91 - 100件表示

「トリノ」のニューストピックワード