242件中 91 - 100件表示
  • フランチェスコ・プラターリ

    フランチェスコ・プラターリから見たトリノFCトリノFC

    2008年夏にトリノFCへ移籍するが、セリエB降格となり、2年連続でクラブ降格を経験。2010年1月、ACシエナへレンタル移籍。フランチェスコ・プラターリ フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・マルケーゼ

    ジョヴァンニ・マルケーゼから見たトリノ・カルチョトリノFC

    トリノ・カルチョのユース出身。2003-04シーズンに当時セリエBのトップチームでデビューを果たした。翌シーズンは、レンタル先のトレヴィーゾFCで定位置を確保し、セリエA昇格を決めていたトリノに戻るも、チームが経営破綻。選手たちの契約は一度白紙になり、マルケーゼはACキエーヴォ・ヴェローナへ移籍した。ジョヴァンニ・マルケーゼ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ディ・ヴァイオ

    マルコ・ディ・ヴァイオから見たトリノFCトリノFC

    2007年1月、セリエB(2部)のジェノアCFCよりオファーを受け、推定移籍金200万ユーロ、2009年までの契約で完全移籍した。セリエA復帰を目指して激しい昇格争いを繰り広げるクラブの切り札として復活が期待され、ジェノアのセリエA昇格に貢献した。2008-09シーズンはこのシーズン昇格したボローニャへレンタル移籍。シーズン開幕後からゴールを量産し得点王争いを繰り広げるも、最終節でズラタン・イブラヒモビッチに1ゴール差をつけられリーグ2位に終わった。しかし24ゴールは自身最多で、ボローニャのセリエA残留に貢献した。ディ・ヴァイオの得点はチーム総得点の半分以上を占めた。32歳にしてシーズン二度のハットトリックを達成し、第16節のトリノFC戦、第27節のサンプドリア戦ともにチームは勝利している。マルコ・ディ・ヴァイオ フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フランチェスコリ

    エンツォ・フランチェスコリから見たトリノFCトリノFC

    わずか1シーズンでマルセイユを離れる決断をし、セリエAに昇格したばかりのカリアリ・カルチョに移籍した。カリアリで3シーズンを過ごし、98試合で17ゴールを記録した。またカリアリ史上最高のベスト11の一人に選ばれた。 1993年にはJリーグの横浜マリノスに入団するとの憶測もあったが実現せず、1993/94シーズンはトリノFCで1シーズンプレー、コパイタリアでは準決勝に進むセリエBのアンコナに敗れ決勝出場ならず。リーグ戦では24試合で3ゴールに終わる。エンツォ・フランチェスコリ フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー) 1949-1950

    セリエA (サッカー) 1949-1950から見たトリノFCトリノFC

    セリエA 1949-1950は、1898年に創設されてから48回目のイタリアサッカーリーグのトップディビジョンであり、1リーグ制で開催された18回目のシーズンである。前年優勝チームはトリノセリエA (サッカー) 1949-1950 フレッシュアイペディアより)

  • モリス・カロッツィエーリ

    モリス・カロッツィエーリから見たトリノFCトリノFC

    2008年にUSチッタ・ディ・パレルモに移籍、アタランタ時代のコーチであったステファノ・コラントゥオーノ監督の下で再びプレーすることになったが、2008年4月23日のセリエA・トリノFC戦後に行われたドーピング検査にてコカインの陽性反応が検出され、後2年間の出場停止処分を受けた。しかし処分決定後もパレルモはカッロッツィエーリとの契約を解除せず、2011年5月7日のセリエA・ASバーリ戦にて復帰。同年7月、パレルモとの契約を解除しUSレッチェに自由移籍。モリス・カロッツィエーリ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ペリッシエール

    セルジオ・ペリッシエールから見たトリノFCトリノFC

    1996年にトリノでトップチームデビュー。2000年にキエーヴォへ移籍すると、2000-01シーズンにチームはセリエA初昇格を果たしたが、ペリッシエール自身に出場機会は訪れなかった。その後レンタル先のSPALで結果を残すと2002-03シーズンにはセリエAデビューを飾り、チームの主力となった。2005-06シーズンはアマウリとコンビを組み計24ゴール、ペリッシエール自身も自己最多・チーム最多の13ゴールを挙げクラブの7位(後に八百長問題で4位に繰り上げ)に貢献した。2006-07シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・予選3回戦のレフスキ・ソフィア戦に出場しCLデビューを果たしたが、得点を挙げることはできずチームは予選で敗退。リーグ戦でも18位と低迷しクラブは降格したが、残留を選択した。セルジオ・ペリッシエール フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・サンターナ

    マリオ・サンターナから見たトリノFCトリノFC

    2006年5月27日に長年の付き合いであったザンパリーニの下を離れ、500万ユーロの移籍金でACFフィオレンティーナに完全移籍した。フィオレンティーナの監督であるチェーザレ・プランデッリが新シーズンを4-2-3-1システムから4-3-3システムにするべく、同クラブのスポーツディレクターのパンタレオ・コルヴィーノに適役を求めたためであった。同年8月、移籍後すぐにコッパ・イタリアにおける対ギアッレFC戦で得点をあげるも、同試合で大腿筋を痛め2ヶ月の離脱を強いられ、リーグ戦開幕前にして再び怪我に悩まされることになった。10月22日の対レッジーナ・カルチョ戦で怪我から復帰し、フィオレンティーナにおいてのリーグ戦デビューを果たす。10月25日には対トリノFC戦で得点をあげ、0-1の勝利に貢献した。しかし、その後は怪我の再発で離脱と復帰を繰り返し、移籍初年度は8試合出場にとどまった。2007-08シーズンは、怪我から回復しチームの上位進出に貢献した。2007年9月3日に行われた対ACミラン戦では、技巧的な足技で世界最高のディフェンダーの1人であるアレッサンドロ・ネスタを翻弄しアシストを決めたことで、多くのメディアに取り上げられた。自身の26回目の誕生日でもあった12月23日に行われたリーグ戦の対カリアリ・カルチョでは自身初となるドッピエッタを決めるなど、チームのリーグ4位に貢献した。このシーズンは26試合に出場し、6得点を記録した。2008-09シーズンの途中からクラブが4-3-1-2のウィングを使わないシステムを採用すると、サンターナはトレクァルティスタとしてもプレーできる事を証明し、高い適応性を示した。2009年1月28日に対SSCナポリ戦でシーズン初の得点を記録した。しかし同年2月2日の対ボローニャFC戦において前十字靭帯を損傷、手術を余儀なくされ全日程が終わる前にサンターナの同シーズンが終了した。2010-11シーズンでは開幕からチームに故障者が続出。度重なるフォーメーション変更の中でマルコ・ドナデルらとともに中盤の下がり目でプレイする機会も増えるようになった。シーズン終了後に契約が切れ、その後フィオレンティーナと契約延長しない意思を示していた。マリオ・サンターナ フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・パスクアーレ

    ジョヴァンニ・パスクアーレから見たトリノFCトリノFC

    2013年8月、アンドレア・ドッセーナの獲得に失敗した左ウイングバックのレギュラー候補としてトリノFCにレンタル移籍。ジョヴァンニ・パスクアーレ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・レンティーニ

    ジャンルイジ・レンティーニから見たトリノFCトリノFC

    1986年にトリノFCからデビューし、1986-87シーズンと1987-88シーズンはともに11試合に出場した。1988-89シーズンには出場機会を求めてACアンコーナにレンタル移籍したが、トリノFCがセリエB(2部)に降格したため1989年夏に呼び戻された。6得点を挙げる活躍で1シーズンでのセリエA(1部)昇格に貢献し、1992年までトリノFCに在籍した。ジャンルイジ・レンティーニ フレッシュアイペディアより)

242件中 91 - 100件表示

「トリノ」のニューストピックワード