157件中 21 - 30件表示
  • ブレリム・ジェマイリ

    ブレリム・ジェマイリから見たトリノFCトリノFC

    FCチューリッヒにて頭角を表し、2007年にイングランドのボルトン・ワンダラーズFCへ移籍するが、負傷などで本領を発揮できなかった。2008-09シーズンに、イタリアのトリノFCへレンタル移籍し、クラブが不振に陥る中でも中盤で奮闘し、才能を示した。トリノはセリエB降格となったものの、ジェマイリの働きが認められ、2009-10シーズンよりトリノへの完全移籍を果たし、直後にパルマFCにレンタル移籍となる。ブレリム・ジェマイリ フレッシュアイペディアより)

  • イニャツィオ・アバーテ

    イニャツィオ・アバーテから見たトリノFCトリノFC

    2007-08シーズンにはエンポリFCに共同保有権が譲渡され、同チームでセリエA初出場を果たす。2008年4月28日のジェノア戦では初ゴールを記録した。リーグ戦24試合に出場したが、エンポリは18位でセリエBに降格となった。翌2008?09シーズンはトリノFCに共同保有権が譲渡され、セリエAで25試合に出場した。イニャツィオ・アバーテ フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・セサル・レオン

    フリオ・セサル・レオンから見たトリノFCトリノFC

    2006-07シーズン前半は、ワルテル・マッツァーリ監督の下でレッジーナ攻撃陣を支え、カルチョ・スキャンダルによる勝ち点減点に苦しむクラブを支えた。2007年1月、ジェノアへ移籍し、セリエA昇格に貢献。2008-09シーズンはセリエBのパルマFCへ移籍し、10番を背負い攻撃陣を牽引して昇格を達成。2009-10シーズンはトリノへレンタル移籍。フリオ・セサル・レオン フレッシュアイペディアより)

  • カミル・グリク

    カミル・グリクから見たトリノFCトリノFC

    カミル・ヤツェク・グリク(Kamil Jacek Glik, 1988年2月3日 - )は、ポーランド・ヤストシェンビェ=ズドルイ出身のサッカー選手である。セリエA・トリノFC所属。ポジションはDF。カミル・グリク フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・アッビアーティ

    クリスティアン・アッビアーティから見たトリノFCトリノFC

    2006年7月18日、5季ぶりにセリエAに復帰したユベントスのライバルであるトリノへレンタル移籍。トリノでは不動の守護神として36試合に出場し、残留に貢献した。クリスティアン・アッビアーティ フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・ザッケローニ

    アルベルト・ザッケローニから見たトリノFCトリノFC

    1983年、30歳で当時セリエC2のチェゼナティコの監督に就任。その後、指導者として経験を積み、ウディネーゼ、ACミラン、SSラツィオ、インテル、トリノFC、ユヴェントスFCとイタリアのクラブチームの監督を務める。「ビッグ3」と呼ばれるACミラン、インテル、ユヴェントスをすべて率いた経験を持つのは、ジョバンニ・トラパットーニとザッケローニのふたりだけである。ACミラン監督時代には、就任初年度の1998-1999シーズンにセリエAでリーグ優勝しスクデットを獲得。同年のイタリアサッカー選手協会年間最優秀監督賞を受賞した。アルベルト・ザッケローニ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・モッタ

    マルコ・モッタから見たトリノFCトリノFC

    2005年よりアタランタとウディネーゼの共同保有となり、2007年に完全移籍した。その後、8月3日にトリノFCへレンタル移籍し、2009年1月2日には故障などによるDF不足に苦しむASローマにレンタル移籍した。2月24日のアーセナル戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たす。7月1日、移籍金350万ユーロ・3年契約の共同保有で移籍した。しかし、2009-10シーズンはマルコ・カッセッティの控えに甘んじ、シーズン終了後にウディネーゼに復帰した。マルコ・モッタ フレッシュアイペディアより)

  • ルベンス・フェルナンド・モエディム

    ルベンス・フェルナンド・モエディムから見たトリノFCトリノFC

    2009年8月5日、ジェノア残留を拒否したためマルコ・アメリアとのトレードでパレルモへ移籍した。しかしパレルモでは若いサルヴァトーレ・シリグにポジションを奪われ、2010年2月1日にフランチェスコ・ベヌッシとのトレードでリヴォルノへレンタル移籍。8月31日にはトリノへレンタル移籍した。シーズン終了後パレルモに復帰したが、再編するチームにあってトップクラスの給与を貰っていたためルビーニョは戦力外の扱いを受ける。ルビーニョは他クラブへの移籍を拒否し残留したが状況は変わらず、12月16日に双方合意のもと契約を解除した。ルベンス・フェルナンド・モエディム フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・レコバ

    アルバロ・レコバから見たトリノFCトリノFC

    そして2007-2008シーズン開幕直後に出場機会を求めてトリノFCへレンタル移籍。加入直後のレッジーナとの最初の試合では得点こそ無かったものの好パフォーマンスを見せ、12月19日のコッパ・イタリア、ASローマ戦では2得点を記録し3-1の勝利に貢献した。しかし幸先の良いスタートにも関わらず怪我の影響などもあって期待された活躍をする事は出来なかった。シーズン終了後にインテルとの契約が切れ、フリーの状態となっていたが、9月にギリシャのパニオニオスFCに移籍。しかし2009年12月中旬に双方合意で契約を解除し、12月24日、古巣のダヌービオFCに3年契約で復帰した。アルバロ・レコバ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・オボド

    クリスティアン・オボドから見たトリノFCトリノFC

    2001年、イタリアセリエAに所属していたACペルージャでプロデビュー。2004-2005シーズン、フィオレンティーナに移籍。2005-2006シーズンからはウディネーゼでプレーしていたが、度重なる負傷や若手の新戦力の加入で出場機会は減少。2010-11シーズン、トリノFCにレンタル移籍。2011-12シーズンはUSレッチェにレンタル移籍。クリスティアン・オボド フレッシュアイペディアより)

157件中 21 - 30件表示

「トリノ」のニューストピックワード