157件中 41 - 50件表示
  • ニコラ・ラゼティッチ

    ニコラ・ラゼティッチから見たトリノFCトリノFC

    2005年8月30日、彼はリヴォルノへ移籍するが、約半年後の2006年1月にはトリノと契約を結ぶ。トリノはこのシーズン、セリエA復帰を果たした。ニコラ・ラゼティッチ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ヴェントラ

    ニコラ・ヴェントラから見たトリノFCトリノFC

    2007-08シーズンには古豪復活を謳うトリノFCに移籍、エースとして期待されたが4ゴールと不振に終わった。2008-09シーズンで契約満了となった。ニコラ・ヴェントラ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ムッシ

    ロベルト・ムッシから見たトリノFCトリノFC

    パルマFCやACミラン、トリノFCで活躍し、セリエAの250試合に出場した。ACミラン時代にリーグ優勝1度とUEFAチャンピオンズリーグでの優勝を1度経験している。イタリア代表としては、1994年ワールドカップ、1996年欧州選手権を含む11試合に出場した。ロベルト・ムッシ フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・バスケス

    マルティン・バスケスから見たトリノFCトリノFC

    1983年にレアル・マドリードのトップチームにデビュー。キンタ・デル・ブイトレの左サイドハーフとしてリーグ5連覇をはじめ数々のタイトル獲得に貢献し、自身も1989-1990シーズンにはMFながら14得点を挙げる活躍を見せた。1990年にトリノFCへ移籍するも目立った活躍はできず、オリンピック・マルセイユを経て再びレアル・マドリードへ移籍する。その後1995年にデポルティーボ・ラ・コルーニャへ移籍し2年間プレーする。そして、1997年にエミリオ・ブトラゲーニョのいるメキシコのアトレティコ・セラヤへ移籍し、ドイツのカールスルーエSCで現役を引退した。マルティン・バスケス フレッシュアイペディアより)

  • サンドロ・マッツォーラ

    サンドロ・マッツォーラから見たトリノ・カルチョトリノFC

    ミラノ近郊出身だがACトリノで活躍した父ヴァレンティーノとは逆に、トリノ出身のサンドロはミラノのインテルですべてのキャリアを全うした。それは、あまりに偉大な父との比較を本人が嫌ったためである。しかし、その能力はヴァレンティーノと比べても決して見劣りすることはなく、グランデ・インテルに欠かすことのできない選手の一人となった。サンドロ・マッツォーラ フレッシュアイペディアより)

  • サンドロ・マッツォーラ

    サンドロ・マッツォーラから見たACトリノトリノFC

    1960年代の「グランデ・インテル」における中心選手。父のヴァレンティーノ・マッツォーラもACトリノのサッカー選手であったが、1948年、サンドロが6歳の時に飛行機事故(スペルガの悲劇参照)で他界している。サンドロ・マッツォーラ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ジャンパオロ

    マルコ・ジャンパオロから見たトリノFCトリノFC

    2004年、彼はアスコリ・カルチョに移りセリエB6位の成績を残した。この時点でも彼はアシスタントコーチであったがこれはコーチライセンスをこの時点で彼が取得していなかったためでありヘッドコーチに代わり実質的には彼が指揮を執っていた。昇格プレーオフでトリノFCに敗退するも、八百長疑惑で優勝したジェノアCFCがセリエC1降格処分になったこと、2位であったトリノFCが経営破綻(けいえいはたん)し、昇格が取り消されたこともあり、セリエAに昇格。財政基盤が弱く、戦力も貧弱だったことから圧倒的な降格候補に挙げられたが、年間通して安定した成績を残し、降格を回避したことで名声を上げた。2006年からはカリアリ・カルチョで監督を務めるも、後述の確執で2度解任された。マルコ・ジャンパオロ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーのユニット

    サッカーのユニットから見たトリノFCトリノFC

    グランデ・トリノ(1940年代ACトリノ、セリエA5連覇目前でスペルガの悲劇により消滅)サッカーのユニット フレッシュアイペディアより)

  • サムエル・ディ・カルミネ

    サムエル・ディ・カルミネから見たトリノFCトリノFC

    開幕時にクラブとプロ契約を交わし、2006年10月25日にトリノFC戦において後半45分にレジナウドと交代し、18歳でセリエAデビューを果たす。このシーズンは下部組織であるフィオレンティーナプリマヴェーラでプレーする機会が多く、リーグ戦で13得点、トルネオ・ディ・ヴィアレッジョ及びコッパ・イタリア・プリマヴェーラでそれぞれ2得点を挙げている。サムエル・ディ・カルミネ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・カモレーゼ

    ジャンカルロ・カモレーゼから見たトリノFCトリノFC

    トリノFCのユースチーム監督として指導者として経験を積み、2000-2001シーズン途中よりファーストチームの監督に任命、セリエA昇格を勝ち取るも成績不振で2002年10月に解任される。2003-2004シーズン途中にフランコ・コロンバの後任としてレッジーナ監督に就任し、残留に成功したが契約更新はされなかった。この時は中村俊輔が所属しており、フランチェスコ・コッツァとの起用問題に悩まされ、中村の手術なども重なりコッツァの起用が多かった。ジャンカルロ・カモレーゼ フレッシュアイペディアより)

157件中 41 - 50件表示

「トリノ」のニューストピックワード