242件中 51 - 60件表示
  • フランコ・セミオーリ

    フランコ・セミオーリから見たトリノFCトリノFC

    トリノFCの下部組織でサッカーを学び、サレルニターナ・カルチョで活躍した後、ファビオ・ガランテとのトレードでインテルに加入するも、すぐにレンタルに出され、テルナーナ・カルチョやヴィチェンツァ・カルチョといったプロビンチャのクラブでキャリアを積んだ。結局インテルでのプレーが叶わぬまま、ルシアーノ獲得の取引の一部としてACキエーヴォ・ヴェローナへ共同保有の形で移籍。その後、ジュリオ・セザル獲得の取引の一部としてキエーヴォへ完全移籍。キエーヴォ在籍時はチームのエースとして活躍し、イタリア代表に招集された。フランコ・セミオーリ フレッシュアイペディアより)

  • アイモ・ディアーナ

    アイモ・ディアーナから見たトリノFCトリノFC

    2003年より加入したサンプドリアにおいては、サイド攻撃を重視するワルテル・ノヴェッリーノ監督の下で成長を見せ、サンプドリア躍進を支えた。2004年からはイタリア代表にも招集される。2006年にパレルモへ移籍した後、2008年1月にトリノFCへ移籍。アイモ・ディアーナ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ピサーノ

    マルコ・ピサーノから見たトリノFCトリノFC

    2006年にはファビオ・グロッソの後釜としてパレルモがピサーノを獲得し、好プレーを披露した。2008年1月、アイモ・ディアーナと共にトリノFCへ移籍。マルコ・ピサーノ フレッシュアイペディアより)

  • リーノ・フォスキ

    リーノ・フォスキから見たトリノFCトリノFC

    2008年6月にパレルモとの契約が満了すると、エンリコ・プレツィオージ会長率いるジェノアCFCと契約。2009年1月から2010年1月まで、トリノFCのSDとなった。リーノ・フォスキ フレッシュアイペディアより)

  • G.212 (航空機)

    G.212 (航空機)から見たACトリノトリノFC

    1949年5月、イタリアのサッカークラブ「ACトリノ」(後のトリノFC)の主力メンバーほとんどを失わせる墜落事故(スペルガの悲劇)を起こしたのはこの "G.212" であった。G.212 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • G.212 (航空機)

    G.212 (航空機)から見たトリノFCトリノFC

    1949年5月、イタリアのサッカークラブ「ACトリノ」(後のトリノFC)の主力メンバーほとんどを失わせる墜落事故(スペルガの悲劇)を起こしたのはこの "G.212" であった。G.212 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・カモレーゼ

    ジャンカルロ・カモレーゼから見たトリノFCトリノFC

    トリノFCのユースチーム監督として指導者として経験を積み、2000-2001シーズン途中よりファーストチームの監督に任命、セリエA昇格を勝ち取るも成績不振で2002年10月に解任される。2003-2004シーズン途中にフランコ・コロンバの後任としてレッジーナ監督に就任し、残留に成功したが契約更新はされなかった。この時は中村俊輔が所属しており、フランチェスコ・コッツァとの起用問題に悩まされ、中村の手術なども重なりコッツァの起用が多かった。ジャンカルロ・カモレーゼ フレッシュアイペディアより)

  • マージオ

    マージオから見たトリノFCトリノFC

    ウルバーノ・カイロ - 実業家。サッカー・トリノFCの会長(2005年- )マージオ フレッシュアイペディアより)

  • スタディオ・デッレ・アルピ

    スタディオ・デッレ・アルピから見たトリノFCトリノFC

    左はユヴェントスFC、右はトリノFCスタディオ・デッレ・アルピ フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・ルビン

    マッテオ・ルビンから見たトリノFCトリノFC

    ASチッタデッラでのプレーを経て、2007年にトリノFCに移籍。2010年からボローニャFCに期限付き移籍したのをはじめ3度のレンタルを経験した。2012年にはACシエナに移籍し、ここではヴェローナに本拠地を置く2クラブにレンタルされた。2014年7月、モデナFCに加入することが決定した。マッテオ・ルビン フレッシュアイペディアより)

242件中 51 - 60件表示

「トリノ」のニューストピックワード