157件中 61 - 70件表示
  • アレッシオ・チェルチ

    アレッシオ・チェルチから見たトリノFCトリノFC

    2012年8月23日にトリノFCへ共同保有での移籍が発表された。アレッシオ・チェルチ フレッシュアイペディアより)

  • エウジェニオ・コリーニ

    エウジェニオ・コリーニから見たトリノFCトリノFC

    正確なロングパスを武器に中盤の底からゲームを組み立てる、いわゆるレジスタ。若い時からその将来を嘱望された選手だったが、1990年のユヴェントス加入後、監督のジョバンニ・トラパットーニに失格の烙印を押され、それ以降、中小クラブを渡り歩いてきた。そのためか、脚光を浴びることは少なかったが、キエーヴォに移籍して以来、輝きを取り戻し、“ミラクル・キエーボ”の中心選手として注目されるようになった。2003年にパレルモに移籍。躍進するチームを支えた。2007年、トリノに移籍。2008-2009シーズンを最後に引退した。エウジェニオ・コリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ネレオ・ロッコ

    ネレオ・ロッコから見たトリノFCトリノFC

    1947年にUSトリエスティーナで監督デビュー。その後いくつかのチームを率いた後、1961年からACミランの監督となり、1962-63シーズンにリーグ優勝とイタリア初のUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たした。1963年から1967年までACトリノの監督を務めた後、1967年から再びACミランの監督となった。1973年に退団するまでに、2度のUEFAカップウィナーズカップ優勝を果たし、1968-69シーズンには2度目のUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たした。ネレオ・ロッコ フレッシュアイペディアより)

  • ルチアーノ・モッジ

    ルチアーノ・モッジから見たトリノFCトリノFC

    イタリア・シエナ近郊で生まれた彼の最初の職業は駅員である。やがて、スカウトマンとしてサッカー界に関わりを持ち始め、ASローマ、トリノFCなど複数のクラブを渡り歩いた後、SSCナポリのスポーツ・ディレクターを務めた。ルチアーノ・モッジ フレッシュアイペディアより)

  • スタディオ・ロメオ・メンティ

    スタディオ・ロメオ・メンティから見たトリノFCトリノFC

    スタジアムの名称は地元出身のプレーヤー、ロメオ・メンティが由来。メンティはトリノに所属していた1949年に「スペルガの悲劇」で亡くなり、その後スタジアム名が改称された。スタディオ・ロメオ・メンティ フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘンの悲劇

    ミュンヘンの悲劇から見たトリノFCトリノFC

    スペルガの悲劇 - セリエAの強豪クラブACトリノを襲った航空事故。ミュンヘンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・アルバレス

    リカルド・アルバレスから見たトリノFCトリノFC

    2012-13シーズンは膝の洗浄手術を受けたこともあり開幕には間に合わなかったが、9月16日のトリノ戦で復帰すると後半開始からピッチに立った。リカルド・アルバレス フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アクアフレスカ

    ロベルト・アクアフレスカから見たトリノFCトリノFC

    父親はイタリア人、母親はポーランド人である。1993年にトリノFCのユースチームに入団、そこで12年間過ごしたが、2005年夏にトリノFCが破産したため無所属となり、各クラブの争奪戦の結果インテル・ミラノに加入した。その後トレヴィーゾFCにレンタル移籍し、2006-07シーズンはセリエB(2部)で35試合11得点の成績を残した。ロベルト・アクアフレスカ フレッシュアイペディアより)

  • サルヴァトーレ・シリグ

    サルヴァトーレ・シリグから見たトリノFCトリノFC

    2009/2010シーズンにパレルモへ復帰。当初はマルコ・アメリアと入れ替わりで加入したルビーニョの控えGKと位置付けられていたが、ユヴェントス戦で2-0の完封勝利に貢献するなど定位置を獲得し、評価を急上昇させた。2010/11シーズンはルビーニョがトリノFCにレンタル移籍したため地位を不動のものとした。サルヴァトーレ・シリグ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ペリッシエール

    セルジオ・ペリッシエールから見たトリノFCトリノFC

    1996年にトリノでトップチームデビュー。2000-01シーズンからキエーヴォに移籍すると、ペリッシエール自身は出場はしなかったものの、チームはセリエA初昇格を果たす。その後レンタル先のSPALで結果を残すと2002-03シーズンにはセリエAデビューを飾り、チームの主力となる。2005-06シーズンはアマウリと2トップで計24ゴール、ペリッシエール自身も自己最多・チーム最多の13ゴールを挙げクラブの7位(後に八百長問題で4位に繰り上げ)への躍進に貢献した。2006-07シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグに初出場するが、得点を挙げることはできずチームは予選敗退。セリエAでも18位と低迷し2007-08シーズンはセリエBに降格するが、残留を選択。このシーズンからキエーヴォのキャプテンに任命されると、セリエB5位タイの22ゴールを挙げ、キエーヴォのセリエB優勝、1シーズンでのセリエA昇格の立役者となる。2008-09シーズンは自己最多タイとなる13ゴールを記録。4月5日のユヴェントス戦でハットトリックを達成するなどセリエA残留に貢献した。シーズン終了後にナポリなどから獲得に関心を持たれるが、ペリッシエール自身はキエーヴォへの残留を表明している。セルジオ・ペリッシエール フレッシュアイペディアより)

157件中 61 - 70件表示

「トリノ」のニューストピックワード