242件中 61 - 70件表示
  • セリエA (サッカー) 2001-2002

    セリエA (サッカー) 2001-2002から見たトリノFCトリノFC

    9位のアタランタがUEFAインタートト杯の出場権を放棄し、10位のパルマはコッパ・イタリア優勝者枠のUEFA杯出場権を保持していたため、11位のトリノにUEFAインタートト杯の出場権が与えられた。セリエA (サッカー) 2001-2002 フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・セレーニ

    マッテオ・セレーニから見たトリノFCトリノFC

    2007年6月27日、契約満了に伴いトリノFCへ移籍すると復活を遂げ守備陣を支えた。2007-08シーズンは退団したクリスティアン・アッビアーティの代役以上の活躍を見せると、32試合に出場して残留に貢献。ユヴェントスに所属するジャンルイジ・ブッフォンに次ぐGKとしてEURO2008のイタリア代表メンバー選出も噂された。マッテオ・セレーニ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・コンスタンティーノ

    マルコ・コンスタンティーノから見たトリノFCトリノFC

    もともと12歳の時にトリノFCの下部組織に入団した。そしてわずか一年後にトリノに本拠地を置く名門ユヴェントスFCの下部組織に入団した。この時、コンスタンティーノを獲得することを決めたスカウトはサッカーイタリア代表GKのジャンルカ・パリュウカのプレースタイルに似ていると判断した。下部組織でもレギュラーを務め将来的にトップチームに昇格してレギュラーを担えるとして将来を渇望されていた。マルコ・コンスタンティーノ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップ1991-92

    UEFAカップ1991-92から見たトリノFCトリノFC

    UEFAカップ1991-92は、アヤックスがアウェーゴールによりトリノを降して優勝した。UEFAカップ1991-92 フレッシュアイペディアより)

  • ネレオ・ロッコ

    ネレオ・ロッコから見たトリノFCトリノFC

    1947年にUSトリエスティーナで監督デビュー。その後いくつかのチームを率いた後、1961年からACミランの監督となり、1962-63シーズンにリーグ優勝とイタリア初のUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たした。1963年から1967年までACトリノの監督を務めた後、1967年から再びACミランの監督となった。1973年に退団するまでに、2度のUEFAカップウィナーズカップ優勝を果たし、1968-69シーズンには2度目のUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たした。ネレオ・ロッコ フレッシュアイペディアより)

  • パウロ・ヴィトール・バレート・デ・ソウザ

    パウロ・ヴィトール・バレート・デ・ソウザから見たトリノFCトリノFC

    バレート(Barreto)ことパウロ・ヴィトール・バレート・デ・ソウザ(Paulo Vitor Barreto de Souza, 1985年7月12日- )は、ブラジル・リオデジャネイロ出身のサッカー選手。トリノFC所属。ポジションはフォワード。パウロ・ヴィトール・バレート・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • チェーザレ・ナターリ

    チェーザレ・ナターリから見たトリノFCトリノFC

    2005年7月1日、7年間在籍したアタランタを離れウディネーゼに移籍。ペア・クロルドルップやクリスティアン・サパタ等とともにセンターバックを組んだ。しかし、定位置を確保するには至らず2007年7月4日にトリノFCへ移籍。主軸として活躍していたが、2008-09シーズンに降格。それを受けて、2009年7月4日にフィオレンティーナに移籍。アタランタユース時代に指導を受けたチェーザレ・プランデッリ監督と11年ぶりの再会を果たした。ただし、フィオレンティーナではダリオ・ダイネッリとアレッサンドロ・ガンベリーニのコンビが不動の地位を築いており、ウディネーゼ時代の同僚だったクロルドルップとともにセンターバックの3番手であった。ただし2010年になってダイネッリはジェノアCFCに移籍したため、その後は出場機会が増加した。2011-12シーズンはガンベリーニの負傷もあってレギュラーポジションを獲得。この年、下部組織から昇格してデビューしたマティヤ・ナスタシッチとコンビを組み、自己最多の35試合に出場した。チェーザレ・ナターリ フレッシュアイペディアより)

  • デルビー・デッラ・モーレ

    デルビー・デッラ・モーレから見たトリノFCトリノFC

    デルビー・デッラ・モーレ(伊 : Derby della Mole)またはデルビー・ディ・トリノ(伊 : Derby di Torino)は、イタリアのピエモンテ州・トリノに本拠地を置くサッカークラブ、ユヴェントスFCとトリノFCが対戦するローカル・ダービーのことである。英語風にトリノ・ダービー(英 : Turin Derby)とも言う。初のダービーは1907年に開催され、イタリア最古のダービーマッチのひとつである。この項では、単にトリノと表記する場合はトリノFCを指し、自治体としてのトリノはトリノ市と表記する。デルビー・デッラ・モーレ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・オスバルド

    パブロ・オスバルドから見たトリノFCトリノFC

    2007年8月13日、移籍金460万ユーロでフィオレンティーナに移籍。9月29日のリヴォルノ戦でセリエA初出場。スタメン起用に応え移籍後初ゴールを含むドッピエッタ(2得点)を記録した。2008年3月2日、アウェイでのユヴェントス戦において後半ロスタイムに逆転ゴールを決める。ゴールパフォーマンスとしてガブリエル・バティストゥータを真似たマシンガンポーズを披露し、20年ぶりとなる敵地でのユヴェントス戦勝利に歓喜するサポーターを熱狂させた。また、最終節となった5月18日のトリノ戦ではオーバーヘッドキックで決勝点を挙げ、チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ出場権をもたらした。パブロ・オスバルド フレッシュアイペディアより)

  • ファース・ヴィルケス

    ファース・ヴィルケスから見たトリノ・カルチョトリノFC

    1940年に地元ロッテルダムのクラブチームであるセルセスDZBでキャリアをスタート。1949年にはオランダ初のプロ選手としてインテルへ移籍を果たし、在籍3シーズンで95試合に出場し47得点を挙げる活躍を見せる。その後トリノやバレンシアCFなどでプレーし、1964年にキャリアをスタートさせたセルセスでのプレーを最後に現役を引退した。ファース・ヴィルケス フレッシュアイペディアより)

242件中 61 - 70件表示

「トリノ」のニューストピックワード