157件中 71 - 80件表示
  • グレアム・スーネス

    グレアム・スーネスから見たトリノ・カルチョトリノFC

    その後、33歳にして、母国スコットランドのグラスゴー・レンジャーズFCで監督としてのキャリアをスタート。以来、リバプールやサウサンプトンFCを始め、トルコのガラタサライ、イタリアのトリノ、ポルトガルのSLベンフィカ、ブラックバーン・ローヴァーズFCなど、国外ビッグクラブから中堅クラブまで監督として幅広く指揮した。グレアム・スーネス フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・マルケーゼ

    ジョヴァンニ・マルケーゼから見たトリノ・カルチョトリノFC

    トリノ・カルチョのユース出身。2003-04シーズンに当時セリエBのトップチームでデビューを果たした。翌シーズンは、レンタル先のトレヴィーゾFCで定位置を確保し、セリエA昇格を決めていたトリノに戻るも、チームが経営破綻。選手たちの契約は一度白紙になり、マルケーゼはACキエーヴォ・ヴェローナへ移籍した。ジョヴァンニ・マルケーゼ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンピエロ・ヴェントゥーラ

    ジャンピエロ・ヴェントゥーラから見たトリノFCトリノFC

    2011-12シーズン、セリエBのトリノFC監督に就任し、低迷を続けるかつての名門をセリエAに昇格させた。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・マスカーラ

    ジュゼッペ・マスカーラから見たトリノFCトリノFC

    2006-07シーズン、9月10日のカリアリ戦でセリエA初出場を記録。10月15日のインテル戦ではペナルティーエリア左外で受けたスローインをワントラップ後直接ゴール右上へ入れる同点ゴールを挙げた。しかし、最終的には怪我に悩まされ28試合の出場、6得点にとどまった。2007-08シーズンは35試合に出場したものの4得点に終わり、チームもシーズン終了間際まで残留争いをすることとなった。しかしワルテル・ゼンガが監督に就任した2008-09シーズンにはキャプテンを任されると復活。古巣・ジェノアとの開幕戦で決勝ゴールを挙げると、11月16日のトリノ戦では自身初のハットトリックを達成し、カターニアのセリエA通算100勝に貢献した。2009年4月1日の古巣・パレルモとのシチリアダービーでは、センターサークル付近およそ55mの位置からダイレクトでループシュートを決めて4-0での勝利に貢献。このゴールでゴールデンゴール2009を受賞した。また、3月15日のウディネーゼ戦ではゴールからおよそ35mの位置から振り向きざまにループシュートを決めた。5月16日のローマ戦で1得点を挙げ、キャリア通算100ゴールを記録。結局このシーズンは33試合に出場しセリエAでは自己最多の12得点を挙げ、カターニアの残留に貢献した。ジュゼッペ・マスカーラ フレッシュアイペディアより)

  • ダミアーノ・フェロネッティ

    ダミアーノ・フェロネッティから見たトリノFCトリノFC

    2012年7月、トリノFCと2年契約を結んだが、プレシーズンにジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督と衝突し、わずか2週間で契約を解消。8月31日にジェノアCFCへ加入した。ダミアーノ・フェロネッティ フレッシュアイペディアより)

  • 5月4日

    5月4日から見たACトリノトリノFC

    1949年 - イタリア・トリノ郊外でアリタリア航空機が墜落、ACトリノの選手18人を含む乗員・乗客31人が全員死亡(スペルガの悲劇)5月4日 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・マントヴァーニ

    アンドレア・マントヴァーニから見たトリノFCトリノFC

    左サイドバックとセンターバックを主戦場する。地元のトリノFCに入団、2003年1月のコモ戦でプロデビュー。2005年にチームが破産したためフリーエージェントとなり、キエーヴォに移籍した。キエーヴォ時代は一時期、名門ユヴェントスと共同保有になっていた。2005-2006シーズンはキエーヴォを7位の躍進に導き、カルチョ・スキャンダルによる順位繰上げによって翌シーズンは初めて欧州の舞台を経験するが、リーグ戦では低迷、降格の憂き目にあってしまった。2011年7月6日、キエーヴォで指導を受けたステファノ・ピオリ監督と共にパレルモに移籍。移籍金350万ユーロ。アンドレア・マントヴァーニ フレッシュアイペディアより)

  • モビト・ディアキテ

    モビト・ディアキテから見たトリノFCトリノFC

    ペスカーラのプリマヴェーラ出身。2006年夏、ラツィオに移籍。しかし、怪我で1シーズン目のほとんどを棒に振り、デビューしたのは2007年4月1日のウディネーゼ戦であった。2007-2008シーズンは開幕戦・トリノ戦でスターティングメンバーに名を連ねるも、前半で大怪我を負い途中交代。またもや長期の離脱となってしまった。ラツィオ加入後は怪我に泣かされており、在籍の2年間でわずか4試合の出場にとどまっている。モビト・ディアキテ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ピサーノ

    マルコ・ピサーノから見たトリノFCトリノFC

    2006年にはファビオ・グロッソの後釜としてパレルモがピサーノを獲得し、好プレーを披露した。2008年1月、アイモ・ディアーナと共にトリノFCへ移籍。マルコ・ピサーノ フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・リバルタ

    クラウディオ・リバルタから見たトリノFCトリノFC

    2000年、シドニーオリンピックのイタリア代表メンバーに選出される。代表定着も期待されたが、A代表への招集歴はない。2004年から2009年までアタランタBCに所属し、クラブの昇格・残留に貢献。2009年1月、トリノFCへ移籍するが、クラブはセリエB降格となった。クラウディオ・リバルタ フレッシュアイペディアより)

157件中 71 - 80件表示

「トリノ」のニューストピックワード