242件中 71 - 80件表示
  • モディボ・ディアキテ

    モディボ・ディアキテから見たトリノFCトリノFC

    ペスカーラ・カルチョのプリマヴェーラ出身。2006年夏、SSラツィオに移籍。しかし、怪我で1シーズン目のほとんどを棒に振り、デビューしたのは2007年4月1日のウディネーゼ・カルチョ戦であった。2007-08シーズンは開幕戦・トリノFC戦でスターティングメンバーに名を連ねるも、前半で大怪我を負い途中交代。またもや長期の離脱となってしまった。ラツィオ加入後は怪我に泣かされており、在籍の2年間でわずか4試合の出場にとどまっている。モディボ・ディアキテ フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・マスカーラ

    ジュゼッペ・マスカーラから見たトリノFCトリノFC

    2006-07シーズン、9月10日のカリアリ・カルチョ戦でセリエA初出場を記録。10月15日のインテル・ミラノ戦ではペナルティーエリア左外で受けたスローインをワントラップ後直接ゴール右上へ入れる同点ゴールを挙げた。しかし、最終的には怪我に悩まされ28試合の出場、6得点にとどまった。2007-08シーズンは35試合に出場したものの4得点に終わり、チームもシーズン終了間際まで残留争いをすることとなった。しかしワルテル・ゼンガが監督に就任した2008-09シーズンにはキャプテンを任されると復活。古巣・ジェノアとの開幕戦で決勝ゴールを挙げると、11月16日のトリノFC戦では自身初のハットトリックを達成し、カターニアのセリエA通算100勝に貢献した。2009年4月1日の古巣・パレルモとのシチリア・ダービーでは、センターサークル付近およそ55mの位置からダイレクトでループシュートを決めて4-0での勝利に貢献。このゴールでゴールデンゴール2009を受賞した。また、3月15日のウディネーゼ戦ではゴールからおよそ35mの位置から振り向きざまにループシュートを決めた。5月16日のローマ戦で1得点を挙げ、キャリア通算100ゴールを記録。結局このシーズンは33試合に出場しセリエAでは自己最多の12得点を挙げ、カターニアの残留に貢献した。ジュゼッペ・マスカーラ フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ロー

    デニス・ローから見たトリノFCトリノFC

    1955年15歳でハダースフィールド・タウンと契約、翌年トップチームに出場。1958年10月18日にはウェールズ戦で代表デビューを果たす。1960年マンチェスター・シティへ移籍、ここでの活躍が認められ、1961年、当時イングランドの移籍金最高額でイタリア・トリノへ移籍。しかし思うような結果が出せず1シーズンでイングランド・フットボールリーグへ復帰し、1962年マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。デニス・ロー フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ジャンパオロ

    マルコ・ジャンパオロから見たトリノFCトリノFC

    2004年、彼はアスコリ・カルチョに移りセリエB6位の成績を残した。この時点でも彼はアシスタントコーチであったがこれはコーチライセンスをこの時点で彼が取得していなかったためでありヘッドコーチに代わり実質的には彼が指揮を執っていた。昇格プレーオフでトリノFCに敗退するも、八百長疑惑で優勝したジェノアCFCがセリエC1降格処分になったこと、2位であったトリノFCが経営破綻し、昇格が取り消されたこともあり、セリエAに昇格。財政基盤が弱く、戦力も貧弱だったことから圧倒的な降格候補に挙げられたが、年間通して安定した成績を残し、降格を回避したことで名声を上げた。2006年からはカリアリ・カルチョで監督を務めるも、後述の確執で2度解任された。マルコ・ジャンパオロ フレッシュアイペディアより)

  • セリエB (サッカー) 2006-2007

    セリエB (サッカー) 2006-2007から見たトリノFCトリノFC

    2005-2006年シーズンのセリエBから、アタランタ、カターニア、トリノの3チームがセリエAに昇格し、カタンザーロ、クレモネーゼ、テルナーナ、アヴェッリーノの4チームが降格した。セリエB (サッカー) 2006-2007 フレッシュアイペディアより)

  • ロレンツォ・デ・シルヴェストリ

    ロレンツォ・デ・シルヴェストリから見たトリノFCトリノFC

    ロレンツォ・デ・シルヴェストリ(Lorenzo De Silvestri、1988年5月23日 - )は、イタリア・ローマ出身のサッカー選手。セリエA・トリノFC所属。ポジションはDF(右サイドバック)。ロレンツォ・デ・シルヴェストリ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・アクアフレスカ

    ロベルト・アクアフレスカから見たトリノFCトリノFC

    父親はイタリア人、母親はポーランド人である。1993年にトリノFCのユースチームに入団、そこで12年間過ごしたが、2005年夏にトリノFCが破産したため無所属となり、各クラブの争奪戦の結果インテル・ミラノに加入した。その後トレヴィーゾFCにレンタル移籍し、2006-07シーズンはセリエB(2部)で35試合11得点の成績を残した。ロベルト・アクアフレスカ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ヴェントラ

    ニコラ・ヴェントラから見たトリノFCトリノFC

    2007-08シーズンには古豪復活を謳うトリノFCに移籍、エースとして期待されたが4ゴールと不振に終わった。2008-09シーズンで契約満了となった。ニコラ・ヴェントラ フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・リバルタ

    クラウディオ・リバルタから見たトリノFCトリノFC

    2000年、シドニーオリンピックのイタリア代表メンバーに選出される。代表定着も期待されたが、A代表への招集歴はない。2004年から2009年までアタランタBCに所属し、クラブの昇格・残留に貢献。2009年1月、トリノFCへ移籍するが、クラブはセリエB降格となった。クラウディオ・リバルタ フレッシュアイペディアより)

  • パウル・コドレア

    パウル・コドレアから見たトリノFCトリノFC

    2001年夏にセリエBのジェノアCFCへ移籍。初年度にも拘わらずレギュラーポジションを確保した。2003年1月31日、USチッタ・ディ・パレルモに加入。このシーズンでのセリエA昇格を逃したが、翌シーズンにそれを達成した。パレルモに在籍した3年間では、ACペルージャやトリノ・カルチョへの期限付き移籍を経験した。パウル・コドレア フレッシュアイペディアより)

242件中 71 - 80件表示

「トリノ」のニューストピックワード