157件中 81 - 90件表示
  • フランチェスコ・ベヌッシ

    フランチェスコ・ベヌッシから見たトリノFCトリノFC

    2011-12シーズンは、それまでの正GKサルヴァトーレ・シリグの移籍もありレギュラーを確保。しかし翌シーズンは、シーズン後半に加入したエミリアーノ・ヴィヴィアーノと入れ替わりに、2012年1月にセリエBのトリノFCへレンタル移籍。シーズン終了後にパレルモへ復帰した。フランチェスコ・ベヌッシ フレッシュアイペディアより)

  • UDラス・パルマス

    UDラス・パルマスから見たトリノFCトリノFC

    1963-64シーズンにはセグンダで優勝してプリメーラに昇格し、1960年代後半から1970年代後半にかけてはクラブ史上最も成功を収めた期間となった。ビセンテ・ダウデル監督が率いた1967-68シーズンにはレアル・マドリードとFCバルセロナに次ぐ3位となり、母国開催となったUEFA欧州選手権1968にはラス・パルマスから4人の選手が出場して優勝を経験。1968-69シーズンにはレアル・マドリードに次ぐ2位となってさらなる躍進を遂げ、リーグ戦ではレアル・マドリード以外には敗れなかった。1969-70シーズンにはインターシティーズ・フェアーズカップに出場したが、1回戦でヘルタ・ベルリン(ドイツ)に2試合合計0-1で敗れた。1971年3月9日には、ラス・パルマスの現役選手であった28歳のフアン・グエデスが突然死去した。1971-72シーズンには、フランス人のピエール・シニバルディ監督がクラブをリーグ戦5位に導き、翌シーズンのUEFAカップ出場権を獲得。1972-73シーズンのUEFAカップではトリノFC(イタリア)とŠKスロヴァン・ブラチスラヴァ(チェコスロバキア)を下し、FCトゥウェンテ(オランダ)に敗れた。1974-75シーズン末には、グエデスとともにプレーしたディフェンダーのトノーノが肝臓の伝染病で死去した。1977-78シーズンはクラブ史に残るシーズンとなった。ミゲル・ムニョス監督が采配を振るい、アルゼンチン人のミゲル・アンヘル・ブリンディーシ、ダニエル・カルネバーリ、カルロス・モレーテ、キケ・ウォルフなどが在籍したチームは、欧州カップ戦(UEFAカップ)に3度目の出場を果たし、1回戦でFKスロボダ・トゥズラ(ユーゴスラビア)を倒したが、結果的に優勝するイプスウィッチ・タウンFC(イングランド)に2回戦で敗れた。同シーズンのコパ・デル・レイではクラブ史上初めて決勝に進出したが、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われた決勝ではFCバルセロナに1-3で敗れた。UDラス・パルマス フレッシュアイペディアより)

  • アンジェロ・オグボンナ

    アンジェロ・オグボンナから見たトリノFCトリノFC

    ナイジェリア系イタリア人で、センターバックや左サイドバックでプレー出来る。トリノFCのユースに入り、2007年2月のレッジーナ戦でセリエAデビューを果たした。アンジェロ・オグボンナ フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・ロッシ

    ジュゼッペ・ロッシから見たトリノFCトリノFC

    初出場となったトリノFC戦では、10試合勝ち星がなかったチームに勝ち点3を与える得点を挙げた。クラウディオ・ラニエリ監督が就任したパルマFCではすぐさまポジションを掴み、19試合で9得点を挙げてパルマの降格圏脱出の立役者となる活躍を見せた。2007年3月には新ウェンブリー・スタジアムでのオープニングゲームとしてのU-21イングランド代表対U-21イタリア代表の試合に出場した。2007年6月、U-21欧州選手権に出場した。ジュゼッペ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・コッポラ

    マヌエル・コッポラから見たトリノFCトリノFC

    トリノFC (loan) 2009-2010マヌエル・コッポラ フレッシュアイペディアより)

  • シモーネ・ヴェルガッソーラ

    シモーネ・ヴェルガッソーラから見たトリノFCトリノFC

    セリエC1のカッラレーゼ・カルチョでプロデビューした後、1996年にUCサンプドリアへ移籍してセリエAデビュー。サンプドリアには、セリエAで3シーズン、チームがセリエBに降格した1999-2000シーズンから2年間の計5シーズン在籍し、2001年夏にトリノFCへ移籍した。そのトリノでも3年目にセリエB降格を経験。2004年1月にACシエナへ移籍した。シモーネ・ヴェルガッソーラ フレッシュアイペディアより)

  • マントヴァFC

    マントヴァFCから見たトリノFCトリノFC

    その後セリエDでの2シーズンを経て、1997年にようやくセリエC2に復帰した。以降、セリエC2が主戦場となるが、2002年にチーム名をかつてのACマントヴァ(Associazione Calcio Mantova)に戻し、2003年にドメニコ・ディ・カルロが監督に就任すると状況は一変した。プロリーグでの采配が初めてのディ・カルロではあったが、うまくチームをまとめ上げ11シーズンぶりのセリエC1復帰をもたらした。さらに快進撃は続き、2005年にはセリエB昇格を果たす。セリエB1年目の2005-06シーズンはシーズンを4位で終了、プレイオフに進出しながらあと一歩およばず、トリノFCにセリエA昇格を譲ることとなった。マントヴァFC フレッシュアイペディアより)

  • アスコリ・カルチョ

    アスコリ・カルチョから見たトリノ・カルチョトリノFC

    以後低迷した時期もあったが、2004-2005シーズンはセリエB6位の成績を修めてトリノとのプレーオフに臨んだが敗退。しかしジェノアのセリエC1降格(八百長に対する制裁措置)、トリノのセリエA昇格見送り、ペルージャのセリエC1降格によって久々の昇格を果たした。アスコリ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • アイモ・ディアーナ

    アイモ・ディアーナから見たトリノFCトリノFC

    2003年より加入したサンプドリアにおいては、サイド攻撃を重視するワルテル・ノヴェッリーノ監督の下で成長を見せ、サンプドリア躍進を支えた。2004年からはイタリア代表にも招集される。2006年にパレルモへ移籍した後、2008年1月にトリノFCへ移籍。アイモ・ディアーナ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルカ・ペッソット

    ジャンルカ・ペッソットから見たトリノFCトリノFC

    1988年にACミランでキャリアをスタートさせるが、出場機会に恵まれず、バレーゼ、マッセーゼ、ボローニャ、ヘラス・ヴェローナ、トリノを渡り歩き、1995年にユヴェントスに移籍する。すると、そのユーティリティ性が重宝され、次第に主力選手へと成長し、1996年にはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験。イタリア代表でも1996年10月9日のグルジア戦で代表デビューを飾り、1998年フランスW杯でジネディーヌ・ジダンのマンマークを任されるなど監督からの信頼も厚かった。ユヴェントスでジャンルカ・ザンブロッタが左サイドバックにコンバートされてからはバックアッパーとなったが、出場した試合では素晴らしいパフォーマンスを見せ続けている。2005-2006シーズン終了後に現役を引退し、ユヴェントスのチームマネージャーに就任した。ジャンルカ・ペッソット フレッシュアイペディアより)

157件中 81 - 90件表示

「トリノ」のニューストピックワード