242件中 81 - 90件表示
  • マリオ・ベレッタ

    マリオ・ベレッタから見たトリノFCトリノFC

    11月29日、ステファノ・コラントゥオーノの後任として、トリノFCの監督に就任。2010年1月10日、成績不振により短期間で解任され、コラントゥオーノが復職した。2010年6月30日、ギリシャのPAOKテッサロニキ監督に就任したが、内部対立により7月22日に契約を解消した。マリオ・ベレッタ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マヌエル・バルガス

    フアン・マヌエル・バルガスから見たトリノFCトリノFC

    2008年7月4日に、UEFAチャンピオンズリーグの出場を受け大型補強を進めるフィオレンティーナへ1200万ユーロの移籍金で移籍することが決定する。同年8月12日にUEFAチャンピオンズリーグの予備予選、対スラヴィア・プラハ戦でフィオレンティーナでの公式戦デビューを飾る。左サイドバックのスタメンで起用され、順調なデビューと思われたが、シーズン前半戦は主に守備の不安定さからメディアには酷評される。夏の代表戦のためチームに合流するのが最も遅く、チームメイトたちとの連携面の遅れも不調の原因であった。しかし、大金でバルガスの獲得を強く希望したチェーザレ・プランデッリ監督は辛抱強く起用し続ける。シーズン後半戦に入ると、チームの戦術が変更されたこともありバルガスはサイドバックからサイドハーフにコンバートされ、守備の負担を軽減される同ポジションで目覚しい活躍をするようになる。2009年4月11日、カンピオナートの対カリアリ戦でようやくフィオレンティーナでの初得点を決める。同4月25日には、チャンピオンズリーグ出場権を争っていたASローマ戦では得点と共に好パフォーマンスを披露、引導を渡す4対1の勝利に貢献した。さらに5月3日に行われた対トリノFC戦において唯一の決勝点 (1-0) を上げ、この試合においてチームは2年連続のチャンピオンズリーグ出場権をほぼ手中にした。フアン・マヌエル・バルガス フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・アルベルト・アギレラ

    カルロス・アルベルト・アギレラから見たトリノFCトリノFC

    1980年にモンテビデオのCAリーベル・プレートでサッカー選手としてデビュー。ナシオナル・モンテビデオやラシン(アルゼンチン)などでプレーし、1988年にイタリアに渡ってジェノア、トリノで活躍した。カルロス・アルベルト・アギレラ フレッシュアイペディアより)

  • イタリアサッカーのリーグ構成

    イタリアサッカーのリーグ構成から見たトリノFCトリノFC

    第二次世界大戦後、リーグは単年度のみ北部と南部の2ディビジョンとプレーオフからなる地域構造に戻った。戦後初のリーグチャンピオンにはトリノが輝き、その後4連覇を果たした。しかしながら、戦後のリーグを支配してきたのはユヴェントス、ミラン、インテルであり、これら3クラブで66シーズンの内49シーズンのタイトルを手にしている。イタリアサッカーのリーグ構成 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・オボド

    クリスティアン・オボドから見たトリノFCトリノFC

    2001年、イタリア・セリエAに所属していたACペルージャでプロデビュー。2004-2005シーズン、ACFフィオレンティーナに移籍。2005-2006シーズンからはウディネーゼ・カルチョでプレーしていたが、度重なる負傷や若手の新戦力の加入で出場機会は減少。2010-11シーズン、トリノFCにレンタル移籍。2011-12シーズンはUSレッチェにレンタル移籍。クリスティアン・オボド フレッシュアイペディアより)

  • ロランド・ビアンキ

    ロランド・ビアンキから見たトリノFCトリノFC

    2008-09シーズンからはトリノFCに加入。再びアモルーゾとのコンビが実現したものの、機能しなかった。後半戦はビアンキが奮闘したものの、クラブは降格となった。ロランド・ビアンキ フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・カステッリーニ

    パオロ・カステッリーニから見たトリノFCトリノFC

    USクレモネーゼ、トリノFCにてプレーした後、2004年にスペインのレアル・ベティスへ移籍。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグにも出場したが、ほとんどがひざの負傷の治療に終わり、ベティスでは活躍できないまま、契約解消となった。パオロ・カステッリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ミケーレ・パドヴァーノ

    ミケーレ・パドヴァーノから見たトリノFCトリノFC

    2001年、メス及びコモでのシーズンを終えたパドヴァーノは現役引退を表明した。引退後はレッジャーナの職員を経て、2005年にはトリノでスポーツ・ディレクターに就任。2006年の2月から5月まではアレッサンドリアの職員を務めた。ミケーレ・パドヴァーノ フレッシュアイペディアより)

  • シモーネ・ヴェルガッソーラ

    シモーネ・ヴェルガッソーラから見たトリノFCトリノFC

    セリエC1のカッラレーゼ・カルチョでプロデビューした後、1996年にUCサンプドリアへ移籍してセリエAデビュー。サンプドリアには、セリエAで3シーズン、チームがセリエBに降格した1999-2000シーズンから2年間の計5シーズン在籍し、2001年夏にトリノFCへ移籍した。そのトリノでも3年目にセリエB降格を経験。2004年1月にACシエーナへ移籍した。シエーナでは加入直後から主力としてプレーし、クラブの歴代出場記録を更新している。2015年7月19日、クラブのレガ・プロ昇格を置き土産に現役を引退した。シモーネ・ヴェルガッソーラ フレッシュアイペディアより)

  • ステファノ・ソレンティーノ

    ステファノ・ソレンティーノから見たトリノFCトリノFC

    ユース時代を過ごしたSSラツィオとユヴェントスFCでは出場機会を得られず、その後に移籍したトリノFC時代に2シーズンのレンタル移籍に出されたことでその能力を認められるようになった。しかし2005年に所属するトリノが破産となり自由契約の身に。これと同時にイタリアを離れることを決意し、ギリシャのAEKアテネFCへと移籍することを選択した。ステファノ・ソレンティーノ フレッシュアイペディアより)

242件中 81 - 90件表示

「トリノ」のニューストピックワード