前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    高校通算打率は.450、本塁打は60本。高校通算60号は国体の尽誠学園戦の第4打席、高校最終打席で記録。ちなみに、「柵越えしたものがホームラン」という松井のこだわりから、ランニングホームランは数に含まれていない。ライナー性の弾道で甲子園球場のバックスクリーンに運ぶ並外れたパワーや、打撃練習であまりにも柵越えを連発するため練習場のライトフェンス後方に特別のネットが取り付けられるなど、桁外れの話題性から「20年に1人の怪物」と言われていた。9月には大韓民国・ソウル で行われた日米韓3国親善高校野球大会に日本代表の一員として出場した。松井は米国側からも大きな注目を集めており、同大会に米国代表として出場していたトリー・ハンターは、「まず驚いたのは彼は高校生なのにあり得ないくらい大勢のマスコミを引き連れていたことだ。当時ボクは16歳でマツイは17歳。その高校生を巡ってロックスターを取り囲むような騒ぎになるなんて、一体どんな怪物?だと思っていた。それがマツイだったんだよ」と語っている。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • CC・サバシア

    CC・サバシアから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    、サバシアはそれまでとは違う洗練された投球を見せた。各球団エースの中でサバシアだけは投球回が210を超えることはない、と予想する声もあったが、ボールを低めに集めるのを徹底したことで試合中盤に打ち込まれることが減った。相手打者として対戦したトリー・ハンターはサバシアの変貌ぶりを「投手として成熟してきた。三振も取れるが、必要なときにはゴロを打たせて併殺に仕留められるようになっている」と語っている。結果としてリーグ最多の241.0イニングを投げて与四球を37個に抑え、19勝(リーグ2位)7敗・209奪三振(同5位)・防御率3.21(同5位)という成績を残し、エースとして活躍。6年ぶり出場のポストシーズンでは、レッドソックスとのリーグ優勝決定戦で2戦2敗・防御率10.45と本来の力を発揮することができなかったが、サイ・ヤング賞を初受賞するなど、レギュラーシーズンでの働きは高く評価された。CC・サバシア フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ジョーンズ (外野手)

    ジャック・ジョーンズ (外野手)から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    のMLBドラフト2巡目(全体37位)でミネソタ・ツインズから指名され、アトランタオリンピックに野球アメリカ合衆国代表として出場した後に入団。6月9日のシンシナティ・レッズ戦で7番・右翼手としてMLBデビューを果たすが、4打数無安打に終わった。同年は主に中堅手として出場したが、トリー・ハンターとの兼ね合いでからは左翼手を任されるようになる。のフラッグシップ・ディールでシャノン・スチュワートの加入後の影響もあり、からは主に右翼手に就くようになった。ジャック・ジョーンズ (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ローワンド

    アーロン・ローワンドから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は打率.309・27本塁打・89打点と自己最高の成績を残し、また守備でも自身初のゴールドグラブ賞を受賞している。シーズン終了後にローワンドはFAとなった。当初は古巣ホワイトソックスへの復帰が有力視されていたが、ホワイトソックスがFA外野手の中ではローワンドよりもトリー・ハンターに強い関心を抱いていたことや、ホワイトソックスが4年を超える複数年契約を渋ったのに対してローワンド側が5年以上の長期契約を求めていたことなどから、交渉は難航。結局ホワイトソックスとの交渉は決裂となった。アーロン・ローワンド フレッシュアイペディアより)

  • トニー・リーギンス

    トニー・リーギンスから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    10月16日、エンゼルスの10代目ゼネラルマネージャー(GM)に就任。メジャーリーグ史上4人目の黒人GMとなった。11月22日には、ミネソタ・ツインズからFAとなったトリー・ハンターを球団史上最高額となる5年総額9000万ドルで獲得した。トニー・リーギンス フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    7月18日 - トリー・ハンター(アメリカ、野球)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のメジャーリーグベースボール

    2015年のメジャーリーグベースボールから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    ミネソタ・ツインズのトリー・ハンターが現役引退を表明。2015年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のメジャーリーグベースボール

    2013年のメジャーリーグベースボールから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    6月16日 - デトロイト・タイガースのトリー・ハンターが対ミネソタ・ツインズ戦でメジャーリーグ通算300本塁打2013年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ニック・エイデンハート

    ニック・エイデンハートから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    9日のエンゼルス?アスレチックス戦は中止に。この日、父ジムはひとり、前日に息子が立っていたエンゼル・スタジアムのマウンドに佇んでいた。そしてクラブハウスではエンゼルスの選手たちと会い、息子の思い出話をしている。トリー・ハンターは「ここにいるやつの多くは肉親を亡くした経験がない。こんな事故が起こったことは残念だけど、これも人生の一部、これが現実なんだ。毎日朝起きたときや仕事に行く前、子供たちや家族にキスをするのはこういう理由なんだよ」と話した。ニック・エイデンハート フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドグラブ賞

    ゴールドグラブ賞から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    一度ゴールドグラブ賞の常連となった選手は、年齢や故障によって守備力が衰えた後も、イメージや実績だけで受賞してしまいがちだという指摘もある。2001年から9年連続受賞を果たしたトリー・ハンターは、2006年からUZRが毎年マイナスを記録するなど守備力の衰えが顕著だったが、中堅手から右翼手にコンバートされる前年の2009年までゴールドグラブ賞を受賞し続けた。ゴールドグラブ賞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード