前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    高校通算打率は.450、本塁打は60本。高校通算60号は国体の尽誠学園戦の第4打席、高校最終打席で記録。ちなみに、「柵越えしたものがホームラン」という松井のこだわりから、ランニングホームランは数に含まれていない。ライナー性の弾道で甲子園球場のバックスクリーンに運ぶ並外れたパワーや、打撃練習であまりにも柵越えを連発するため練習場のライトフェンス後方に特別のネットが取り付けられるなど、桁外れの話題性から「10年に1人の怪物」と言われていた。9月には韓国・ソウル で行われた日米韓3国親善高校野球大会に日本代表の一員として出場した。松井は米国側からも大きな注目を集めており、同大会に米国代表として出場していたトリー・ハンターは、「まず驚いたのは彼は高校生なのにあり得ないくらい大勢のマスコミを引き連れていたことだ。当時ボクは16歳でマツイは17歳。その高校生を巡ってロックスターを取り囲むような騒ぎになるなんて、一体どんな怪物?だと思っていた。それがマツイだったんだよ」と語っている。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ジョーンズ (外野手)

    ジャック・ジョーンズ (外野手)から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    1996年のMLBドラフト2巡目でミネソタ・ツインズから指名され契約。6月9日の対シンシナティ・レッズ戦で7番・右翼手としてMLBデビューを果たすが、4打数無安打に終わった。同年は主に中堅手として出場したが、トリー・ハンターとの兼ね合いでからは左翼手を任されるようになる。のフラッグシップ・ディールでシャノン・スチュワートの加入後の影響もあり、からは主に右翼手に就くようになった。ジャック・ジョーンズ (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ボージャス

    ピーター・ボージャスから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    の開幕前には、「ベースボール・アメリカ」誌からエンゼルスでハンク・コンガーに次いで2番目の有望株に選ばれた。シーズンは3Aソルトレイクシティでスタートし、102試合で打率.314、13本塁打、27盗塁をマークして、8月3日にメジャーへ昇格した。ボージャスが中堅を守ることにより、ゴールドグラブ賞の常連だったトリー・ハンターは右翼にコンバートされた。ピーター・ボージャス フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のMLBオールスターゲーム

    2010年のMLBオールスターゲームから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    地元ロサンゼルス・エンゼルスからは、監督推薦によってジェレッド・ウィーバーとトリー・ハンターの2名が選ばれた。2010年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • キャメロン・メイビン

    キャメロン・メイビンから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2009年度ナショナルリーグ、ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補の最右翼に挙げられると同時に、「今後10年間MLBオールスターゲームの常連になるだろう」と予想されていたかつての超有望株。「ライトニング・クイック・バット」と形容される傑出したバットスピード、優れたハンド・アイ・コーディネーション(手と目の連携動作)、最高水準のスピードと盗塁技術、広大なレンジ(守備範囲)と大砲級の強肩を兼ね備える5ツール・プレーヤーの原石。右打席から一塁まで4.1秒(左打席に換算すると3.75-3.8秒、4.0秒なら俊足と言われる)のスピードに加えて、確かな選球眼を持ち合わせていることから一番打者としての活躍を見込まれており、メイビン本人も「オレの役割は出塁して本塁に生還することだ」とテーブル・セッターの意識が高い。一方、長打力の伸び次第によっては中軸打者に育つ可能性も残しており、エリック・デービスやアンドレ・ドーソン、トリー・ハンター、マイク・キャメロンらと比較されることも多い。ラリー・ペインフェスト球団社長は、「彼は傑出したスピードと運動能力を持ち合わせているのでハンリー・ラミレスに匹敵するスター選手に成るだろう、いずれはパワーも身に付けるはずだ」と期待を込めて語り、15-20本塁打・30-40盗塁・ゴールドグラブ賞受賞も十分可能と見なされている。ただし、俊才ではあるが2008年現在は成長過程にあり、経験不足。打席内のアプローチはセレクティブに徹しているものの、ストライクゾーン・ジャッジメントに関しては改善の余地がある。特に変化球を追い掛け回して三振に倒れることが多く、スローイングの精度も甘い。また、細身で引き締まった体付きをしているが、もう少しビルドアップした方が良い、と指摘する向きもある。目標とする憧れの選手は、ケン・グリフィー・ジュニア。キャメロン・メイビン フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・マシューズ・ジュニア

    ゲイリー・マシューズ・ジュニアから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は前半戦で打率.279を記録したが、後半戦の打率は.211。シーズン終了後にはミッチェル報告書で不正薬物使用の疑惑があると記載された。はトリー・ハンターの加入に伴い出場機会が減少。打率は2割5分を下回った。ゲイリー・マシューズ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2008年はエースのジョン・ラッキーやケルビム・エスコバーを開幕から欠き苦戦が予想されたが、前年不調だったアービン・サンタナと8勝を挙げたジョー・ソーンダースが開幕から最多勝争いに絡む大活躍。新加入のジョン・ガーランドや前年2桁勝利のジェレッド・ウィーバーも期待通りの活躍を見せ、5月には既に独走態勢に入っていた。ラッキーも復帰後は好投を見せ、結局ローテーション投手全員が10勝を成し遂げた。打線もFAで加入のトリー・ハンターや8月にトレードで加入したマーク・テシェイラがクリーンナップに座り、元来のスモールベースボールを軸とした安定した攻撃力を保った。チームは勢いそのままに9月上旬に早くも2年連続の地区優勝も打ち立てた。また、チームが圧倒的に勝ちを重ねる状況もあり、クローザーフランシスコ・ロドリゲスは開幕から驚異的なペースでセーブを稼ぎ、セーブのシーズン記録を更新した。しかし、オフにはロドリゲスとテシェイラがFAで退団し、新たな戦いを強いられることになった。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム フレッシュアイペディアより)

  • ニック・エイデンハート

    ニック・エイデンハートから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    9日のエンゼルス?アスレチックス戦は中止に。この日、父ジムはひとり、前日に息子が立っていたエンゼル・スタジアムのマウンドに佇んでいた。そしてクラブハウスではエンゼルスの選手たちと会い、息子の思い出話をしている。トリー・ハンターは「ここにいるやつの多くは肉親を亡くした経験がない。こんな事故が起こったことは残念だけど、これも人生の一部、これが現実なんだ。毎日朝起きたときや仕事に行く前、子供たちや家族にキスをするのはこういう理由なんだよ」と話した。ニック・エイデンハート フレッシュアイペディアより)

  • CC・サバシア

    CC・サバシアから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    、サバシアはそれまでとは違う洗練された投球を見せた。各球団エースの中でサバシアだけは投球回が210を超えることはない、と予想する声もあったが、ボールを低めに集めるのを徹底したことで試合中盤に打ち込まれることが減った。相手打者として対戦したトリー・ハンターはサバシアの変貌ぶりを「投手として成熟してきた。三振も取れるが、必要なときにはゴロを打たせて併殺に仕留められるようになっている」と語っている。結果としてリーグ最多の241.0イニングを投げて与四球を37個に抑え、19勝(リーグ2位)7敗・209奪三振(同5位)・防御率3.21(同5位)という成績を残し、エースとして活躍。6年ぶり出場のポストシーズンでは、レッドソックスとのリーグ優勝決定戦で2戦2敗・防御率10.45と本来の力を発揮することができなかったが、シーズン終了後にはサイ・ヤング賞を初受賞するなど、レギュラーシーズンでの働きは高く評価された。CC・サバシア フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ローワンド

    アーロン・ローワンドから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は打率.309・27本塁打・89打点と自己最高の成績を残し、また守備でも自身初のゴールドグラブ賞を受賞している。シーズン終了後にローワンドはFAとなった。当初は古巣ホワイトソックスへの復帰が有力視されていたが、ホワイトソックスがFA外野手の中ではローワンドよりもトリー・ハンターに強い関心を抱いていたことや、ホワイトソックスが4年を超える複数年契約を渋ったのに対してローワンド側が5年以上の長期契約を求めていたことなどから、交渉は難航。結局ホワイトソックスとの交渉は決裂となり、その後12月中旬にローワンドは5年6,000万ドルでジャイアンツに移籍した。アーロン・ローワンド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード