26件中 11 - 20件表示
  • ザック・グレインキー

    ザック・グレインキーから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は4月26日のツインズ戦でトリー・ハンターの顔面直撃の投球以降、その直後の2試合の登板で計12失点を記録するなど制球が悪化。5月10日以降はリリーフとして登板していたが、8月24日に先発登板。それ以降、シーズン終了までに7試合に先発登板し、防御率1.85を記録。ザック・グレインキー フレッシュアイペディアより)

  • プレイヤーズ・チョイス・アワード

    プレイヤーズ・チョイス・アワードから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    マービン・ミラー・マン・オブ・ザ・イヤー: トリー・ハンタープレイヤーズ・チョイス・アワード フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    7月18日 - トリー・ハンター(アメリカ、野球)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    【MLB】(現地)マリナーズ・イチロー外野手が10年連続10回目のゴールドグラブ賞を受賞。一方、前年まで9年連続受賞のトリー・ハンター外野手(エンゼルス)は落選となった。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・アップトン

    ジャスティン・アップトンから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    ケン・グリフィー・ジュニア2世の呼び声も高い、ホープ中のホープで、早くも「将来の殿堂入り候補」とも言われる。ベースボール・アメリカ誌の有望株リストでは2006年版2位、2007年版9位にランクされている。驚異的な身体能力を誇るアスリートであり、走攻守全てを兼ね備えた5ツール・プレーヤー。スイングは速く鋭く、兄B.J.よりも体格に恵まれ、パワーは一枚上とも言われている。本人は「ボクが持つツールの中ではスピードが最も優れていると思う、盗塁数は多くはないけどベース・ランニングには自信がある、積極的に生かして行きたい」と力強く語る。ただし、こだわりがある打順はスピードを活かせる一・二番ではなく三番で、「守備力を備えたラインドライブ・ヒッターになりたい、具体的にはケン・グリフィーやトリー・ハンターのようなリーグを代表する存在になることが目標」だと述べる。高校時代は遊撃手で、プロ入り後は首脳陣の判断で外野転向を命じられた訳だが、その点に関するわだかまりは全くないと言い切る。「常にチーム内のベスト・アスリートだったから遊撃を任されていただけ、外野は守備負担も責任も軽くてバッティングに専念できるからボクに適している」とむしろ歓迎している。次世代を担うスター候補生はあるが、時折集中力を欠いたプレーが見受けられるなど、更なる学習と鍛錬が必要である。ジャスティン・アップトン フレッシュアイペディアより)

  • トニー・リーギンス

    トニー・リーギンスから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    10月16日、エンゼルスの10代目ゼネラルマネージャー(GM)に就任。メジャーリーグ史上4人目の黒人GMとなった。11月22日には、ミネソタ・ツインズからFAとなったトリー・ハンターを球団史上最高額となる5年総額9000万ドルで獲得した。トニー・リーギンス フレッシュアイペディアより)

  • ニック・プント

    ニック・プントから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は、1本塁打ながら、打率.290・45打点・17盗塁(失敗は5)と自己最高のシーズンを送り、シカゴ・ホワイトソックスのオジー・ギーエン監督に「ピラニア」と称されたしつこいツインズ打線を牽引。ジェイソン・タイナー、ジェイソン・バートレットとともに、中軸のジョー・マウアー、トリー・ハンター、ジャスティン・モルノー、マイケル・カダイアーへつなぐ重要な役目を担った。ニック・プント フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・モルノー

    ジャスティン・モルノーから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は、4月6日のマリナーズ戦でロン・ビローンから頭に直撃する死球を受け、脳震盪で故障者リスト入り。4月22日に復帰を果たしたが、6月には左肘も痛めた。これについて同僚のトリー・ハンターから「この時期、みんな多少の痛みをこらえてプレーしているのに」と批判されたり、首脳陣の意向で打順がなかなか固定されなかったりと、厳しいシーズンとなった。最終的には141試合に出場したが、打率.239・22本塁打に終わった。ジャスティン・モルノー フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2010年は、 ピーター・ボージャスのAAAからの昇進があり、シーズン途中からセンターを守っていたトリー・ハンターがライトを守り、アブレイユはレフトを守る事になった。シーズンでは154試合に出場したが、打率は自己最低の.255に終わった。友成那智は、主砲のケンドリス・モラレスが5月に離脱して以降、打順が2番から3番になり、長打狙いになったことが大きな原因だと分析している。一方で、OPSも自己最低に終わったことを理由に、衰えによる成績の低下を指摘する論調もある。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・クルーズ (外野手)

    ネルソン・クルーズ (外野手)から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2009年はまず3月に、国際大会の第2回ワールド・ベースボール・クラシックにドミニカ共和国代表の一員として出場。一次ラウンドのパナマ戦ではマニー・コーパスからソロ本塁打を放っている。ドミニカ共和国はこのパナマ戦には9?0で圧勝したが、オランダに連敗して一次ラウンド敗退となった。大会終了後、4月6日のMLBシーズン開幕戦には4番・右翼として先発出場。その後も正右翼手として出場を続け、6月終了時点で76試合中72試合に出場、打率.262・19本塁打・47打点・OPS.862・12盗塁を記録し、前年のリーグ打点王ジョシュ・ハミルトンが故障で長期欠場した穴を補う活躍を見せた。オールスターゲームには故障したトリー・ハンターの代役として初選出され、試合にこそ出場しなかったが、前日に開催されたホームランダービーでは準優勝した。シーズン通算ではチーム最多・リーグ8位の33本塁打を放ち、盗塁数も20に達している。ネルソン・クルーズ (外野手) フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード