26件中 11 - 20件表示
  • ボビー・アブレイユ

    ボビー・アブレイユから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は、ピーター・ボージャスのAAAからの昇進があり、シーズン途中からセンターを守っていたトリー・ハンターがライトを守り、アブレイユはレフトを守る事になった。シーズンでは154試合に出場したが、打率は自己最低の.255に終わった。友成那智は、主砲のケンドリス・モラレスが5月に離脱して以降、打順が2番から3番になり、長打狙いになったことが大きな原因だと分析している。一方で、OPSも自己最低に終わったことを理由に、衰えによる成績の低下を指摘する論調もある。ボビー・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・モルノー

    ジャスティン・モルノーから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    4月6日のシアトル・マリナーズ戦でロン・ビローンから頭に直撃する死球を受け、脳震盪で故障者リスト入りした。4月22日に復帰を果たしたが、6月には左肘も痛めた。これについて同僚のトリー・ハンターから「この時期、みんな多少の痛みをこらえてプレーしているのに」と批判されたり、首脳陣の意向で打順がなかなか固定されなかったりと、厳しいシーズンとなった。最終的には141試合に出場したが、打率.239・22本塁打に終わった。ジャスティン・モルノー フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・マシューズ・ジュニア

    ゲイリー・マシューズ・ジュニアから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    トリー・ハンターの加入に伴い出場機会が減少。打率は2割5分を下回った。ゲイリー・マシューズ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ・ツインズ

    ミネソタ・ツインズから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2007年は地区連覇が期待されたが、主力の故障や不振によって7年ぶりに勝率5割を切ってしまった。その年のオフにはチームの攻守の要であったヨハン・サンタナ、トリー・ハンターが共に移籍し、チーム再建が急務となったが新戦力の台頭などでカバーし、2009年はデトロイト・タイガースとのワンゲームプレーオフを制し、3年ぶり9度目の地区優勝を果たす。翌2010年は両リーグ最速でポストシーズン出場を決め地区2連覇を達成するが、ポストシーズンではニューヨーク・ヤンキースに3連敗を喫し、5回連続でのディビジョンシリーズ敗退、史上ワースト2位のポストシーズン12連敗となった。ミネソタ・ツインズ フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    ポジションは中堅手。トリー・ハンターがモデル。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカ系アメリカ人

    アフリカ系アメリカ人から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    4大スポーツで最も古い歴史を持つ野球においては、1947年にジャッキー・ロビンソンがデビューするまで、アフリカ系選手が事実上MLBから締め出されていた。それまでは、アフリカ系選手のみで構成されるニグロリーグが隆盛を誇った。ロビンソンら黎明期のアフリカ系選手は、人種差別に苦しみながらも結果を残し、次第にアフリカ系選手はMLBになくてはならない存在になっていった。フランク・ロビンソンが初のアフリカ系監督になったものの、近年はアフリカ系選手の減少が目立っている。MLBの登録選手に占めるアフリカ系アメリカ人の比率は1995年から2006年までに半減し、8.4%まで下がった。2009年には減り続けていたアフリカ系選手の数が久々に増加に転じ、比率も10.2%にまで上昇したものの、MLBはこうした事態に危機感を抱き、アフリカ系選手の開拓に乗り出している。また、カーティス・グランダーソン、トリー・ハンター、リッキー・ウィークス・ビル・ホールらのように、多くの現役選手がアフリカ系コミュニティへの普及活動を積極的に行っている。アフリカ系アメリカ人の野球選手は、ケン・グリフィー・ジュニアやバリー・ボンズに代表される走攻守揃った5ツールプレイヤーや、リッキー・ヘンダーソン、ケニー・ロフトンのような盗塁数を積み重ねる俊足選手が多い。ポジションでは、圧倒的に外野手が多く、特に中堅手が多い。アフリカ系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のMLBオールスターゲーム

    2010年のMLBオールスターゲームから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    地元ロサンゼルス・エンゼルスからは、監督推薦によってジェレッド・ウィーバーとトリー・ハンターの2名が選ばれた。2010年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ネルソン・クルーズ (外野手)

    ネルソン・クルーズ (外野手)から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2月20日にレンジャーズと1年契約に合意。開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のドミニカ共和国代表に選出された。一次ラウンドのパナマ戦ではマニー・コーパスからソロ本塁打を放っている。ドミニカ共和国はこのパナマ戦には9?0で圧勝したが、オランダに連敗して一次ラウンド敗退となった。シーズンでは4月6日のクリーブランド・インディアンスとのMLBシーズン開幕戦には4番・右翼として先発出場。その後も正右翼手として出場を続け、6月終了時点で76試合中72試合に出場、打率.262・19本塁打・47打点・OPS.862・12盗塁を記録し、前年のリーグ打点王ジョシュ・ハミルトンが故障で長期欠場した穴を補う活躍を見せた。オールスターゲームには故障したトリー・ハンターの代役として初選出され、試合にこそ出場しなかったが、前日に開催された本塁打競争では準優勝した。シーズン通算ではチーム最多・リーグ8位の33本塁打を放ち、盗塁数も20に達している。ネルソン・クルーズ (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • ザック・グレインキー

    ザック・グレインキーから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は4月26日のミネソタ・ツインズ戦でトリー・ハンターの顔面直撃の投球以降、その直後の2試合の登板で計12失点を記録するなど制球が悪化。5月10日以降はリリーフとして登板していたが、8月24日に先発登板。それ以降、シーズン終了までに7試合に先発登板し、防御率1.85を記録。ザック・グレインキー フレッシュアイペディアより)

  • トレバー・プルーフ

    トレバー・プルーフから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は、自己最多の152試合に出場。打率は.244まで低下し、三振も124と自己ワーストだったが、3年ぶりの20本塁打以上となる22本のホームランを放ち、チーム最多かつ自己ベストの86打点を記録。ブライアン・ドージアー、ミゲル・サノー、トリー・ハンターらと共に中心打者として活躍した。守備面では140試合で三塁を守り、失策を11まで減らしたが、DRSはマイナスに転じた。また、一塁を17試合で守り、こちらではDRS +4と好守を見せた。トレバー・プルーフ フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード