1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • 日米野球

    日米野球から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    前年のにオリックス・ブルーウェーブからシアトル・マリナーズへ移籍し、1年目から両リーグ通じて最多安打(新人最多安打記録)、史上初となるアメリカンリーグの新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞の同時受賞を果たすなど、日米で大フィーバーを巻き起こしたイチローと、に横浜ベイスターズからボストン・レッドソックスへ移籍し、この年にモントリール・エクスポズでキャリアハイの13勝を挙げた大家友和が凱旋来日した。日米野球においてもイチローは安打を量産した。トリー・ハンターが再三にわたり好守を披露してシリーズMVPを獲得。日本側では、巨人の松井秀喜が、翌年からMLBに移籍することが決定している中での日米野球出場であったため、果たして松井がMLBで通用するのかどうかの判断基準として、松井とMLB各投手との対決にも注目が集まった。日米野球 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム

    ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2008年はエースのジョン・ラッキーやケルビム・エスコバーを開幕から欠き苦戦が予想されたが、前年不調だったアービン・サンタナと8勝を挙げたジョー・ソーンダースが開幕から最多勝争いに絡む大活躍。新加入のジョン・ガーランドや前年2桁勝利のジェレッド・ウィーバーも期待通りの活躍を見せ、5月には既に独走態勢に入っていた。ラッキーも復帰後は好投を見せ、結局ローテーション投手全員が10勝を成し遂げた。打線もFAで加入のトリー・ハンターや8月にトレードで加入したマーク・テシェイラがクリーンナップに座り、元来のスモールベースボールを軸とした安定した攻撃力を保った。チームは勢いそのままに9月上旬に早くも2年連続の地区優勝も打ち立てた。また、チームが圧倒的に勝ちを重ねる状況もあり、クローザーフランシスコ・ロドリゲスは開幕から驚異的なペースでセーブを稼ぎ、セーブのシーズン記録を更新した。しかし、ディビジョンシリーズではレッドソックス相手に1勝3敗とまたも苦杯、オフにはロドリゲスとテシェイラがFAで退団し、新たな戦いを強いられることになった。ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ボージャス

    ピーター・ボージャスから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    の開幕前には、「ベースボール・アメリカ」誌からエンゼルスでハンク・コンガーに次いで2番目の有望株に選ばれた。シーズンはAAA級ソルトレイク・ビーズでスタートし、102試合で打率.314、13本塁打、27盗塁をマークして、8月3日にメジャーへ昇格した。ボージャスが中堅を守ることにより、ゴールドグラブ賞の常連だったトリー・ハンターは右翼にコンバートされた。ピーター・ボージャス フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    7月18日 - トリー・ハンター、メジャーリーガー1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 7月18日

    7月18日から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    1975年 - トリー・ハンター、元メジャーリーガー7月18日 フレッシュアイペディアより)

  • トリイ・ハンター

    トリイ・ハンターから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    トリイ・ハンター フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード