1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • アフリカ系アメリカ人

    アフリカ系アメリカ人から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    4大スポーツで最も古い歴史を持つ野球においては、1947年にジャッキー・ロビンソンがデビューするまで、アフリカ系選手が事実上MLBから締め出されていた。それまでは、アフリカ系選手のみで構成されるニグロ・リーグが隆盛を誇った。ロビンソンら黎明期のアフリカ系選手は、人種差別に苦しみながらも結果を残し、次第にアフリカ系選手はMLBになくてはならない存在になっていった。フランク・ロビンソンが初のアフリカ系監督になったものの、近年はアフリカ系選手の減少が目立っている。MLBの登録選手に占めるアフリカ系アメリカ人の比率は1995年から2006年までに半減し、8.4%まで下がった。2009年には減り続けていたアフリカ系選手の数が久々に増加に転じ、比率も10.2%にまで上昇したものの、MLBはこうした事態に危機感を抱き、アフリカ系選手の開拓に乗り出している。また、カーティス・グランダーソン、トリー・ハンター、リッキー・ウィークス・ビル・ホールらのように、多くの現役選手がアフリカ系コミュニティへの普及活動を積極的に行っている。アフリカ系アメリカ人の野球選手は、ケン・グリフィー・ジュニアやバリー・ボンズに代表される走攻守揃った5ツールプレイヤーや、リッキー・ヘンダーソン、ケニー・ロフトンのような盗塁数を積み重ねる俊足選手が多い。ポジションでは、圧倒的に外野手が多く、特に中堅手が多い。アフリカ系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ・ツインズ

    ミネソタ・ツインズから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    2007年は地区連覇が期待されたが、主力の故障や不振によって7年ぶりに勝率5割を切ってしまった。その年のオフにはチームの攻守の要であったヨハン・サンタナ、トリー・ハンターが共に移籍し、チーム再建が急務となったが新戦力の台頭などでカバーし、2009年はデトロイト・タイガースとのワンゲームプレーオフを制し、3年ぶり9度目の地区優勝を果たす。翌2010年は両リーグ最速でポストシーズン出場を決め地区2連覇を達成するが、ポストシーズンではニューヨーク・ヤンキースに3連敗を喫し、5回連続でのディビジョンシリーズ敗退、史上ワースト2位のポストシーズン12連敗となった。ミネソタ・ツインズ フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドグラブ賞

    ゴールドグラブ賞から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    一度ゴールドグラブ賞の常連となった選手は、年齢や故障によって守備力が衰えた後も、イメージや実績だけで受賞してしまいがちだという指摘もある。2001年から9年連続受賞を果たしたトリー・ハンターは、2006年からUZRが毎年マイナスを記録するなど守備力の衰えが顕著だったが、中堅手から右翼手にコンバートされる前年の2009年までゴールドグラブ賞を受賞し続けた。ゴールドグラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    は開幕から先発ローテーション入りし、4月8日のニューヨーク・ヤンキース戦で初登板初勝利を挙げた。その後も5試合連続のQSを記録するなど安定した投球を見せていたが、4月29日のロサンゼルス・エンゼルス戦では7回に腹部にライナーを受け、降板。この回はトリー・ハンターとケンドリー・モラレスに2打席連続本塁打を浴びていた。腹部に異常は無く、本人は「息ができなかった」、「ボールがバレーボールの大きさに見えた」、「内出血していないから大丈夫」などと話した。5月27日に左太もも裏の痛みが再発したため、15日間の故障者リスト入り。更に6月28日には右ひじ腱の部分断裂により再び故障者リストに入り、以降もリハビリを続けたものの、シーズン中の復帰は断念した。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    ポジションは中堅手。トリー・ハンターがモデル。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

  • トリイ・ハンター

    トリイ・ハンターから見たトリー・ハンタートリー・ハンター

    トリイ・ハンター フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード