前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たゲイリー・シェフィールド

    アフリカ系アメリカ人の野球人口が減少していることに危機感を覚えており(1975年には27%に達していたが、2006年にはわずか8%まで低下したと6月2日付けのアメリカ有力紙、USA Todayは"Where are black ballplayers?"という記事で特集を組んでいる。2009年時点では10.2%。)、"Torii Hunter Project"と称する黒人野球選手振興プログラムを行っている。同プログラムでは他のアフリカ系のプレーヤーに呼びかけて寄付金を募り、それをメジャーリーグ機構が行う振興プログラムとは全く別に4都市のリトルリーグチームをサポートするというものである。このプログラムには元チームメートのシャノン・スチュワート、通算500本塁打を記録しているゲイリー・シェフィールド、元シアトル・マリナーズのカール・エバレット、ピッツバーグ・パイレーツのデレク・リー、メジャーリーグ歴代5位となる630本塁打の記録を保持しているケン・グリフィー・ジュニアなどが賛同している。2007年にはこの功績が認められ、地域社会に貢献したプレーヤーに与えられるマービン・ミラー賞に選出された。2009年にはブランチ・リッキー賞も受賞している。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たビル・クリントン

    にはジュニアオリンピック全米代表に選ばれたが、家が経済的に厳しい状態であったため参加者負担金の500ドルが払えず、当時アーカンソー州知事であったビル・クリントンに手紙を書いて窮状を訴えたところ、すぐに500ドルの小切手を送ってくれたため参加できたというエピソードがある。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たイチロー

    守備の名手として知られ、2001年から2009年までに9年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。2002年のオールスターゲームでバリー・ボンズの放った本塁打性の打球をジャンプしてもぎ取ったプレーが注目を浴びて以来、本塁打になりそうな打球をジャンプで捕球するプレーが代名詞となり、そこからホームラン・ハンターのニックネームがつけられている。同じく外野手をポジションとし、2001年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているイチローとは互いに意識しあっている。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たバリー・ボンズ

    守備の名手として知られ、2001年から2009年までに9年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。2002年のオールスターゲームでバリー・ボンズの放った本塁打性の打球をジャンプしてもぎ取ったプレーが注目を浴びて以来、本塁打になりそうな打球をジャンプで捕球するプレーが代名詞となり、そこからホームラン・ハンターのニックネームがつけられている。同じく外野手をポジションとし、2001年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているイチローとは互いに意識しあっている。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たカービー・パケット

    4月にはプレイヤー・オブ・ザ・マンスを初受賞し、オールスターにファン投票での初出場となった。これは球団史上1995年のカービー・パケット以来となるファン投票での選出となった。シーズン終了後日米野球に参加。第1戦と第3戦では本塁打を放ち、また守備でも随所に好プレーを見せ、MVPに選出された。4年総額3,200万ドルで契約延長し、チームの野手の中で最高年俸となり、責任感を強く感じるようになり、それがプレッシャーになったという。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たゴールドグラブ賞

    4月6日から21日かけて故障者リスト入りとなったが、本塁打を前年の5本からチーム最多となる27本にのばすなど打撃力が向上し、守備でもゴールドグラブ賞を獲得。以後まで9年連続で同賞を受賞した。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見た故障者リスト

    4月6日から21日かけて故障者リスト入りとなったが、本塁打を前年の5本からチーム最多となる27本にのばすなど打撃力が向上し、守備でもゴールドグラブ賞を獲得。以後まで9年連続で同賞を受賞した。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たシカゴ・ホワイトソックス

    は打率は.250と低迷したが、球団の外野手としてはのマーティ・コードバ以来となるシーズン100打点を達成した。シーズン終了後に打撃を見直すため、打撃コーチ以外にカービー・パケット、ポール・モリター、ボビー・ボニーヤらにアドバイスを求め、スプリングトレーニングではリラックスを心がけた。は開幕直後の4月9日から24日にかけてハムストリングスの故障で故障者リスト入りとなったが、5月15日のホワイトソックス戦で4打数4安打、2本塁打を放ち、通算100本塁打を達成した。しかし、6月2日のデビルレイズ戦でダイビングキャッチを試みた際に左手首を、8月19日のヤンキース戦ではフェンスに激突して首を、9月17日のオリオールズ戦では守備の際に左ヒザを負傷するなど、満身創痍でシーズンを終えた。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たデトロイト・タイガース

    トリー・ケダー・ハンター(Torii Kedar Hunter, 1975年7月18日 - )はアーカンソー州パインブラフ出身のアメリカメジャーリーグ、デトロイト・タイガース所属の野球選手(外野手)。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ハンター

    トリー・ハンターから見たカール・エバレット

    アフリカ系アメリカ人の野球人口が減少していることに危機感を覚えており(1975年には27%に達していたが、2006年にはわずか8%まで低下したと6月2日付けのアメリカ有力紙、USA Todayは"Where are black ballplayers?"という記事で特集を組んでいる。2009年時点では10.2%。)、"Torii Hunter Project"と称する黒人野球選手振興プログラムを行っている。同プログラムでは他のアフリカ系のプレーヤーに呼びかけて寄付金を募り、それをメジャーリーグ機構が行う振興プログラムとは全く別に4都市のリトルリーグチームをサポートするというものである。このプログラムには元チームメートのシャノン・スチュワート、通算500本塁打を記録しているゲイリー・シェフィールド、元シアトル・マリナーズのカール・エバレット、ピッツバーグ・パイレーツのデレク・リー、メジャーリーグ歴代5位となる630本塁打の記録を保持しているケン・グリフィー・ジュニアなどが賛同している。2007年にはこの功績が認められ、地域社会に貢献したプレーヤーに与えられるマービン・ミラー賞に選出された。2009年にはブランチ・リッキー賞も受賞している。トリー・ハンター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「トリー・ハンター」のニューストピックワード