4253件中 31 - 40件表示
  • アラス・オズビリズ

    アラス・オズビリズから見たトルコトルコ

    アラス・オズビリズ(, , 1990年3月9日 - )は、トルコ・イスタンブール、バクルキョイ出身のアルメニア代表のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。アラス・エズビリズとも表記される。ベシクタシュJK所属。アラス・オズビリズ フレッシュアイペディアより)

  • 汎テュルク主義

    汎テュルク主義から見たトルコトルコ

    1920-30年代のトルコでは、トルコ語から外来語を排除し、古来の「本来のトルコ語」を復活させようとする言語純化運動が精力的に進められた。1932年にはトルコ言語学協会が、1935年にはトルコ歴史学協会が設立され、言語学や考古学の観点から、公的なトルコ民族主義の制定が急速に進められた。こうした中で、世界の諸言語の起源を中央アジアに求め、トルコ語をその純粋な後継言語と位置づける「太陽言語説」のような政治神話が流布することもあったが、現実のトルコ国外のテュルク系民族に政治的な影響を及ぼそうとする動きは見られなかった。汎テュルク主義 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見たトルコトルコ

    9月17日 - トルコの中央銀行は政策金利を0.5%引き下げ、過去最低水準の7.25%とした。2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人嫌悪

    外国人嫌悪から見たトルコトルコ

    日本は難民条約を批准しているものの、難民認定数は年間数十人程度である。2005年(平成17年)1月18日にはトルコから逃れ、国際連合難民高等弁務官事務所が難民と認めたクルド人を、難民とは認められないとして強制送還した例がある。これは日本とトルコが友好関係にあることが影響しているものと思われる。なお、日本は山や森林が多く、居住可能な地域が欧米に比べて少ない点も考慮する必要がある。外国人嫌悪 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の地震

    2011年の地震から見たトルコトルコ

    マグニチュード 5.8 トルコ・キュタヒヤ県 5月19日, 少なくとも死者2人2011年の地震 フレッシュアイペディアより)

  • ガリポリの戦い

    ガリポリの戦いから見たトルコトルコ

    当時国家として末期症状であったオスマン帝国軍を軽んじた連合軍は短期決戦を想定して挑んだ。しかし、のちに新生トルコ共和国の初代大統領に就任することになるオスマン帝国の名指揮官ムスタファ・ケマル・アタテュルクの活躍をはじめ、敵の予想外の頑強な抵抗に遭った連合軍は多大な損害を出して撤退、作戦は失敗に終わった。この戦いは陸・海・空三軍の総力を結集した大規模上陸作戦としては世界初と言える。また連合国軍に参加したオーストラリアとニュージーランドにとっては初の本格的な海外遠征となった。ガリポリの戦い フレッシュアイペディアより)

  • テュルク系民族

    テュルク系民族から見たトルコ共和国トルコ

    トルコ語の「テュルク」にあたる言葉として、日本語では「トルコ」という形が江戸時代以来使われているが、この語はしばしばオスマン帝国においてトルコ語を母語とした人々を意味し、現在ではトルコ共和国のトルコ人を限定して指す場合が多い。テュルク系民族 フレッシュアイペディアより)

  • PLUTO

    PLUTOから見たトルコトルコ

    確たる証拠が得られないままトラキアはペルシアと戦端を開き、戦争は泥沼と化す。こうして第39次中央アジア紛争は悪化の一途を辿る。やむなく国連平和維持軍として当時世界最高水準とされたロボットたちが派遣された。スイスのモンブラン、ドイツのゲジヒト、ブリテンのノース2号、トルコのブランドとギリシアのヘラクレス、そして日本のアトム。だが、アトムはその意に反して戦災に遭った人々を慰問する「アイドル」として大歓迎を受ける。ゲジヒトはロボット刑事の特性から市内の探索に回される。モンブラン・ノース2号・ブランド・ヘラクレスは、卓越した戦闘能力でロボット兵を次々と破壊。唯一人、徴兵拒否したオーストラリアのエプシロンは罰として戦後処理に駆り出される。彼らこそ一つ間違えば大量殺戮兵器となりかねない優秀すぎるロボットたちだった。だが、平和維持軍に参加した7体のロボットたちは戦争の意義も隠された意図も知ることなく、それぞれが同胞殺しへの罪の意識を抱き、荒廃した街と人もロボットも無残な姿となった凄惨な光景に言葉を失い、全員が一様に「心の疵」を負った。そして役目を終えた彼らは自らの日常へと戻っていったのだった・・・。PLUTO フレッシュアイペディアより)

  • テュルク評議会

    テュルク評議会から見たトルコトルコ

    テュルク評議会(テュルクひょうぎかい、、、、、、正式名称: テュルク語諸国協力評議会、、略称:CCTS、)は、テュルク諸語を公用語とする国家により構成される国際組織である。テュルク評議会は2009年10月3日にナヒチェヴァンで設立された。テュルク評議会の事務総局はトルコのイスタンブールに置かれている。アゼルバイジャン、カザフスタン、キルギス、トルコが参加している。残りの二つのテュルク語国家、トルクメニスタンとウズベキスタンは中立的な立場を取り、正式な会員とはなっていない。しかし、テュルク評議会の将来的なメンバーになるとされている。テュルク評議会設立の構想は2006年にカザフスタン大統領ヌルスルタン・ナザルバエフにより出された。テュルク評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の政治

    2014年の政治から見たトルコトルコ

    30日 - トルコ統一地方選挙(英語版)。2014年の政治 フレッシュアイペディアより)

4253件中 31 - 40件表示

「トルコ」のニューストピックワード