3084件中 41 - 50件表示
  • テュルク評議会

    テュルク評議会から見たトルコトルコ

    テュルク評議会 (テュルクひょうぎかい、、、、、、正式名称: テュルク語諸国協力評議会、、略称:CCTS、) はテュルク諸語を公用語とする国家により構成される国際組織である。テュルク評議会は2009年10月3日にナヒチェヴァンで設立された。テュルク評議会の事務総局はトルコのイスタンブルに置かれている。アゼルバイジャン、カザフスタン、キルギス、トルコが参加している。残りの二つのテュルク語国家、トルクメニスタンとウズベキスタンは中立的な立場を取り、正式な会員とはなっていない。しかし、テュルク評議会の将来的なメンバーになるとされている。テュルク評議会設立の構想は2006年にカザフスタン大統領ヌルスルタン・ナザルバエフにより出された。テュルク評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合

    欧州連合から見たトルコトルコ

    1995年1月1日にはオーストリア、フィンランド、スウェーデンが、2004年5月1日には旧社会主義陣営の東ヨーロッパ諸国を含む10か国が、2007年1月1日にはブルガリアとルーマニアがそれぞれ欧州連合に加盟する。将来における拡大についても、クロアチアやマケドニア共和国などの、2005年に加盟したスロベニア以外の旧ユーゴスラビア連邦構成国やアルバニア、グルジアやウクライナなどのロシアと距離を置く東欧諸国、国土の一部がヨーロッパに属するトルコなどで加盟の是非に関する協議や、実際の加盟に向けた実務的な交渉が進められている。また、経済の分野においては次の段階として通貨統合が進められ、1998年5月1日に欧州中央銀行が発足、翌年1月1日には単一通貨ユーロが導入される。また外交分野においては共通外交・安全保障政策のもとで、北大西洋条約機構と協調する形でユーゴスラビア紛争の対応などにあたってきた。さらに2000年には欧州連合域内における市民の人権がうたわれている欧州連合基本権憲章が公布されている。そのような情勢の中で欧州連合は新たな加盟国の受け入れ態勢の構築が求められ、その一方で機構の肥大化に伴う組織の効率性低下が問題となり、これらを受けて従来の基本諸条約を廃し、一本化した形の基本条約として「欧州憲法条約」が策定され、2004年10月28日に同条約は調印された。ところが欧州憲法条約の超国家主義的な性格に対して、個別の加盟国の主権が脅かされるのではないかという不安から欧州懐疑主義が起こり、条約批准の是非を問う国民投票の結果、2005年5月にフランスで、翌月にはオランダで批准に反対するという意思が示された。欧州連合 フレッシュアイペディアより)

  • フラットブレッド

    フラットブレッドから見たトルコトルコ

    Bazlama( トルコ ):小麦粉から作られた、飲料水、食塩フラットブレッド フレッシュアイペディアより)

  • Ka-50-2 (航空機)

    Ka-50-2 (航空機)から見たトルコトルコ

    Ka-50-2は、攻撃ヘリコプターとしては馴染みの薄い単座型であったKa-50の商業的失敗を踏まえて開発された複座の攻撃ヘリコプターである。1997年にトルコが新たな攻撃ヘリコプターを募集したことに応じて開発された。Ka-50-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • チェチ

    チェチから見たトルコトルコ

    ヴァシル・クンチョフ( / Vasil Kanchov)によると、チェチの東の境界はドスパト川(Dospat River)、西の境界はドゥプニツァ川(Dabnitsa)までとされる。ブルガリア領チェチにはサトフチャ、ドスパトの両自治体、およびドスパト川、サトフチャ・ビストリツァ川(Satovska Bistritsa)沿いの村々が含まれる。ブルガリア領チェチの村々は、サトフチャ、ドレン(Dolen)以外では人口のほとんどをポマクが占めている。サトフチャとドレンでは人口の一部はキリスト教徒である。ギリシャ領チェチはカト・ネヴロコピ(Kato Nevrokopi)、シディロネロ(Sidironero)の自治体から成る。ギリシャ領チェチにすむポマクは、1920年代にトルコ、西トラキア、あるいはブルガリアに追放され、住民の家や土地はトルコから追放されてきたギリシャ人キリスト教徒に与えられた。チェチ フレッシュアイペディアより)

  • 米倉功

    米倉功から見たトルコ共和国トルコ

    米倉 功(よねくら いさお、1922年5月25日 - )は日本の実業家。伊藤忠商事の社長・会長、経済団体連合会副会長を務めた。勲一等瑞宝章、藍綬褒章、トルコ共和国功労勲章受章。米倉功 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルソロメオス1世 (コンスタンディヌーポリ総主教)

    ヴァルソロメオス1世 (コンスタンディヌーポリ総主教)から見たトルコトルコ

    ヴァルソロメオス1世はイムヴロス島(ギリシャ語名:、トルコ語名:ギョクチェアダ島、Gökçeada)のアギオス・セオドロス村(ギリシャ語名:、トルコ語名:Zeytinli köyü)に、フリストスとメロペ・アルホントニスの息子として生まれた。世俗名はディミトリオス・アルホントニス( Dimítrios Archontónis)。市民権により国籍はトルコであるが、民族的帰属はトルコにおける少数の残留したギリシャ人である。ヴァルソロメオス1世 (コンスタンディヌーポリ総主教) フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ボノモ

    ジャン・ボノモから見たトルコトルコ

    ジャン・ボノモ(トルコ語:、1987年5月24日 - )は、トルコのユダヤ人歌手であり、2012年5月にアゼルバイジャンのバクーで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2012にトルコ代表として出場する。ジャン・ボノモ フレッシュアイペディアより)

  • 通信社の歴史

    通信社の歴史から見たトルコトルコ

    ロイター:大英帝国、トルコ、エジプトの一部、極東(中国、日本)通信社の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ナウム・エイチンゴン

    ナウム・エイチンゴンから見たトルコトルコ

    1923年5月、モスクワに召還され、フェリックス・ジェルジンスキー長官推薦により統合国家政治局(OGPU)の全権代表、後に東方課班長に任命された。1925年、労農赤軍参謀本部軍事アカデミー東洋部修了。1925年10月、OGPU外国課に編入され、トルコ・上海に派遣された。ナウム・エイチンゴン フレッシュアイペディアより)

3084件中 41 - 50件表示

「トルコ」のニューストピックワード