4253件中 51 - 60件表示
  • エマニュエル・トッド

    エマニュエル・トッドから見たトルコトルコ

    息子はすべて親元に残り、大家族を作る。親の権威は形式的であり、兄弟は平等である。父方平行いとこ(兄と弟の子供同士)の結婚が優先される。権威よりも慣習が優先する。トルコなどの西アジア、中央アジア、北アフリカ、フランス領コルシカ島に見られる。イスラム教との親和性が高い。子供の教育には熱心ではない。女性の地位は低い。エマニュエル・トッド フレッシュアイペディアより)

  • カッパドキア

    カッパドキアから見たトルコトルコ

    カッパドキア()はトルコの中央アナトリアの歴史的地域、あるいはアンカラの南東にあるアナトリア高原の火山によってできた大地をいう。カッパドキア フレッシュアイペディアより)

  • 2009年

    2009年から見たトルコトルコ

    ウガンダ、オーストリア、トルコ、日本、メキシコが国際連合安全保障理事会の非常任理事国となる。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・タウト

    ブルーノ・タウトから見たトルコトルコ

    晩年はナチスの迫害により、亡命先を探していた際に、上野伊三郎率いる日本インターナショナル建築会から招聘を受け、1933年に来日し3年半滞在した。当時の日独関係上、日本政府から公的な協力が得られなかったことから、しかるべき公職が得られず、トルコ政府の招きにより転地し、当地で没した。ブルーノ・タウト フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏季オリンピックの開催地選考

    2008年夏季オリンピックの開催地選考から見たトルコトルコ

    2008年夏季オリンピックの開催地選考には10都市が立候補した。その後、IOC(国際オリンピック委員会)の理事会による1次選考で5都市に絞られた候補都市のうち、2001年7月13日の第112次IOC総会において中国の北京が開催地に決定した。そのほかに開催地を争っていた候補都市は、カナダのトロント、フランスのパリ、トルコのイスタンブール、日本の大阪市である。北京は2回目の投票で圧倒的な過半数を得て中国で初の五輪開催を勝ち取った。IOCの委員やメディアは北京が勝利した要因として「中国は世界一の人口を有し、経済的にも発展を遂げていることや、反ドーピング政策にも力をいれてきている」という点や「8年前のシドニーとの大接戦」を挙げた。北京は8年前に行われた2000年夏季オリンピックの開催地を決める投票において、IOC委員の過半数近い票を得るもオーストラリアのシドニーに僅か2票差で敗れて開催を逃していた。2008年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • カイタノ

    カイタノから見たトルコトルコ

    1999年には、ドバイで前年創設されたドバイターフクラシックに出走して3着に入線、続くバーデンエアパック大賞ではタイガーヒルを破り、さらにはハンザ賞にも勝利した。ちなみに、ドバイターフクラシック(ドバイシーマクラシック)には翌年、翌々年にも出ており、2000年にはファンタスティックライトを相手に2着に入った。2000年にはカナダのウッドバイン競馬場や、トルコのヴェリエフェンディ競馬場にも出走した。特にトルコでは、G2ボスフォラスカップで久々の勝利を手にしている。2001年にはオーストラリアのコックスプレート・メルボルンカップにも挑戦した。カイタノ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ボノモ

    ジャン・ボノモから見たトルコトルコ

    ジャン・ボノモ(トルコ語:、1987年5月24日 - )は、トルコのユダヤ人歌手であり、2012年5月にアゼルバイジャンのバクーで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2012にトルコ代表として出場する。ジャン・ボノモ フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム百科事典

    イスラーム百科事典から見たトルコトルコ

    旧版には派生版がいくつかあり、宗教・法学などを中心に再編集・軽量化し2005年までに4刷を重ねる Shorter Encyclopaedia of Islam が1954年に刊行されている。また重要なものに第1版では著しく分量を欠いたテュルク/トルコ関連の記事を独自に編集して大量に追加、イスタンブル大学を中心に編纂されたトルコ語版がある。ほかに現地研究者の若干の加筆がなされた非公式アラビア語版、およびインド方面の記事を大幅に加えたパンジャーブ大学によるウルドゥー語版がある。 また英語版は1987年に9分冊でリプリントが出ている。それぞれについて、後述の書誌も参照。イスラーム百科事典 フレッシュアイペディアより)

  • ヒトツブコムギ

    ヒトツブコムギから見たトルコトルコ

    ヒトツブコムギはエンマーコムギ (T. dicoccum) と並んで、コムギの最古の栽培型の一つであった。野生のヒトツブコムギの穀粒は肥沃な三日月地帯の亜旧石器時代の遺跡から見つかっている。ヒトツブコムギが最初に栽培されたのはおよそ9,000年前(紀元前約7,050年)、からの時代だった。ヒトツブコムギが栽培化された地域は、先土器新石器B時代の農耕集落の遺跡が多数発見されているトルコ南東部の付近であるとAFLP法によるDNA分析の結果は示している。青銅器時代にはその栽培は減少し、今日では作物としてはまれにしか見られないものとなっている。ヒトツブコムギは地方の作物として(麦粒を湯がいてから乾燥させて粗挽きにした食品)や家畜の飼料としてフランス、モロッコ、旧ユーゴスラビアおよびトルコなどの国々の山岳地帯に残っていて、その多くは他の種類のコムギが栽培できない痩せた土壌の土地に残っている。ヒトツブコムギ フレッシュアイペディアより)

  • ヒッピー・トレイル

    ヒッピー・トレイルから見たトルコトルコ

    ヒッピー・トレイル()とは、1960年代から1970年代にかけてヒッピーやその他の人々がヨーロッパから南アジア、主にインドとネパールへと陸路で行った旅とそのルートを指す言葉である。主要なモチベーションの1つは、主に自宅から離れていられる時間を引き延ばすために、可能な限り安価に旅をすることであり、よってその旅は「サミング」(ヒッチハイク)や、ルート上を走っている民間バスなどによって実行された。旅程の一部には鉄道もあり、特に東ヨーロッパを横断し(ヴァン湖をフェリーで渡り)トルコを抜け、テヘランやマシュハドへと抜けるルートが使われた。これらの都市から先の旅は、公共交通機関や民間の交通手段が利用できた。こうした旅は、部分的には18世紀の「グランドツアー」の慣習の影響を受けていた。ヒッピー・トレイル フレッシュアイペディアより)

4253件中 51 - 60件表示

「トルコ」のニューストピックワード