3084件中 51 - 60件表示
  • 機神大戦ギガンティック・フォーミュラ

    機神大戦ギガンティック・フォーミュラから見たトルコトルコ

    現実のエジプトを中心にアフリカ、アラブが統合された国。ギガンティックはネフティスIX。日光の強い砂漠地帯の国らしく、住居や人種はエジプトのそれに近い。元々エジプトは「赤道の冬」の震源地であった中東では被害が少なかった地域であり、OXIIの発見とそれによって起きた「赤道の冬」により、オイルパワーの低下を見越した富裕層と、周辺諸国から生じた大量の難民が共に避難する場所となった。そのため富裕層からなる特権階級と、難民を基とする一般人との階級格差は激しくなっている。ネフティスIXがケイロン5世との決闘に勝利して正統ギリシャを従え、トルコの協力も得るが、後にユーノワVIIIに敗れた為、東欧ロシアの配下に、その後ロシアが日本に敗れたため日本の配下となった。機神大戦ギガンティック・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • 王の道

    王の道から見たトルコトルコ

    「王の道」が実際、どのような地理的コースを走行していたのか、ヘロドトスの記述や、考古学での研究、またそれ以外の歴史記録を元に復元されている。公道は、現代のトルコのイズミールの東、およそ60マイルに位置するサルディスの西から始まり、今日のトルコの中北部に当たる地域を通って西へと走行し、古代のアッシリアの首都ニネヴェ(現代のイラクのモースル)へと達し、そこから更に南へと進み、バビロン(現代のイラクのバグダッド)へと通じていた。王の道 フレッシュアイペディアより)

  • ミシルルー

    ミシルルーから見たトルコトルコ

    今日我々は、この歌を歌う人々によってこの歌がどこに由来するかを推測することが出来る。この歌は、ギリシア人、トルコ人、アラブ人、ユダヤ人たちの間で聞くことができる。よりよい説明は、オスマン帝国の支配領域で生まれた、という説明である。説のひとつは現在のトルコとギリシアの国境地方のある所で、すなわち、セラーニク(テッサロニキ)とイスタンブル(コンスタンティノープル)の間のどこかで生まれた、とする。歌の名前はギリシア語とトルコ語の両方で「エジプト人の娘」を意味する。この歌は、他の歌、例えばウスクダラ(Üsküdar’a Gider İken)、カティナキ・モウ・ヤ・セナ(Κατινάκι μου γιά σένα/Katinaki mou ya sena)などと同様に、ギリシアやトルコ(オスマン帝国内)で流布した。また、ローカルのユダヤ人社会によっても拾われ、そこからも広まった。 誰が元々この歌を書いたのかは歴史の中に埋もれ、失われている。トルコ人とギリシア人はともにこの歌を自分たちのものであると主張しており、彼らの無限の論争はいつ果てるとも知れない。また我々は、この歌がいつ書かれたかも正確に突き止めることが出来ない。19世紀以降であるとは考えられている。ミシルルー フレッシュアイペディアより)

  • 国際化学オリンピック

    国際化学オリンピックから見たトルコトルコ

    2011年(トルコ) - 金1銀3国際化学オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 西側諸国

    西側諸国から見たトルコトルコ

    ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。西側諸国 フレッシュアイペディアより)

  • トゥルグト・オザル

    トゥルグト・オザルから見たトルコトルコ

    トゥルグト・オザル(トルコ語:Halil Turgut Özal、1927年10月13日-1993年4月17日)は、トルコ共和国の政治家、首相(1983年12月13日-1989年10月31日)、大統領(1989年11月9日-1993年4月17日)。トゥルグト・オザル フレッシュアイペディアより)

  • エルバン・アベイレゲッセ

    エルバン・アベイレゲッセから見たトルコトルコ

    エルバン・アベイレゲッセ (Elvan Abeylegesse、1982年9月11日 - )は、エチオピア出身のトルコの陸上競技選手である。エルバン・アベイレゲッセ フレッシュアイペディアより)

  • ヒッピー・トレイル

    ヒッピー・トレイルから見たトルコトルコ

    ヒッピー・トレイル()とは、1960年代から1970年代にかけてヒッピーやその他の人々がヨーロッパから南アジア、主にインドとネパールへと陸路で行った旅とそのルートを指す言葉である。主要なモチベーションの1つは、主に自宅から離れていられる時間を引き延ばすために、可能な限り安価に旅をすることであり、よってその旅は「サミング」(ヒッチハイク)や、ルート上を走っている民間バスなどによって実行された。旅程の一部には鉄道もあり、特に東ヨーロッパを横断し(ヴァン湖をフェリーで渡り)トルコを抜け、テヘランやマシュハドへと抜けるルートが使われた。これらの都市から先の旅は、公共交通機関や民間の交通手段が利用できた。こうした旅は、部分的には18世紀の「グランドツアー」の慣習の影響を受けていた。ヒッピー・トレイル フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ救急医学会

    ヨーロッパ救急医学会から見たトルコトルコ

    ヨーロッパ各国からの代表者により、1994年5月にロンドンで開催された国際救急医学カンファランス(International Emergency Medicine )の会期中にヨーロッパ救急医学会(European Society for Emergency Medicine、略称:EuSEM)設立に向けた話し合いが行われた。準備会合を、1996年の世界救急災害医学学会(WADEM)の会期中にマインツ、ドイツにおいて開催し、第一回の学術集会 1st European Congress on Emergency Medicine をサンマリノ(サンマリノ共和国)で開催した。ヨーロッパの歴史と文化の多様性を反映して、隔年で開かれている学会(会議)は、各国の学会と同時に開催され、同じく隔年で開催される地中海救急医学会(Mediterranean Emergency Medicine Congress)と交互開催の形を取っている。正式加盟国は、オーストリア、ベルギー、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、グルジア、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、イタリア、リトアニア、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ(団体としては2団体加盟)、英国である。ヨーロッパ救急医学会 フレッシュアイペディアより)

  • ミルサド・テュルクジャン

    ミルサド・テュルクジャンから見たトルコトルコ

    ミルサド・テュルクジャン(、、1976年6月7日 - )は、トルコのプロバスケットボール選手。トルコ男子プロバスケットボールリーグ1部TBLの名門フェネルバフチェに所属している。ユーゴスラビア連邦セルビア社会主義共和国ラシュカ郡ノヴィ・パザル出身。ポジションはパワーフォワード。206cm、110kg。ミルサド・テュルクジャン フレッシュアイペディアより)

3084件中 51 - 60件表示

「トルコ」のニューストピックワード