前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示
  • 2010 FIFAワールドカップの統計

    2010 FIFAワールドカップの統計から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    ゴールデンブーツ賞はトーマス・ミュラーが受賞した。最多5得点を挙げた選手はミュラー含めて4選手いたが、他の3選手が1アシストだったのに対し、ミュラーは3アシストを決めたための受賞だった。2010 FIFAワールドカップの統計 フレッシュアイペディアより)

  • バスティアン・シュヴァインシュタイガー

    バスティアン・シュヴァインシュタイガーから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    バイエルン・ミュンヘンでの活躍が評価され、シュヴァインシュタイガーは2013年のドイツ最優秀選手賞を受賞し、監督を務めていたユップ・ハインケスは世界最高の中盤の選手と讃え、シュヴァインシュタイガー、フランク・リベリ、トーマス・ミュラーの3選手がバロンドールに相応しいと述べた。バスティアン・シュヴァインシュタイガー フレッシュアイペディアより)

  • ミネイロンの惨劇

    ミネイロンの惨劇から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    両チームとも攻撃的にスタートした。ブラジルのマルセロが3分にオープニングシュートを打ち、ドイツのサミ・ケディラも7分にシュートを打つがこれは味方に当たってしまった。試合が動いたのは11分、ドイツの初めてのコーナーキックからだった。トーマス・ミュラーがペナルティーエリア内でダヴィド・ルイスのマークを外し、トニ・クロースが蹴ったボールに合わせてゴールネットを揺らした。ブラジルもすぐに反撃に出たが、得点は奪えなかった。23分、ドイツが追加点をあげる。ミロスラフ・クローゼが打ったシュートはジュリオ・セザールに防がれるが、跳ね返りを再び蹴り込んだ。クローゼはこのゴールでワールドカップ通算得点を16とし、15得点で並んでいたロナウドを抜いて単独一位に躍り出た。ミネイロンの惨劇 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・マルグルー

    チャールズ・マルグルーから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    2012年2月に監督によってスコットランドA代表に初招集され、29日のスロベニア戦 (1-1) において、左サイドバックとして初出場を飾る。5月のアメリカ戦 (1-5) が2試合目だった。2013年2月6日のエストニアとの親善試合で代表初得点を記録。2014年9月7日に敵地で行われたUEFA EURO 2016予選のドイツ戦 (1-2) において、2014 FIFAワールドカップ王者相手に終盤まで1-1の引き分けに持ち込んでいたものの、ロスタイムにマルグルーがマルコ・ロイスへのファウルによって2枚目のイエローカードを提示され退場すると、1人少なくなったチームは程なくしてトーマス・ミュラーに決勝点を挙げられて敗北した。チャールズ・マルグルー フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・クビジャス

    テオフィロ・クビジャスから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    3度のFIFAワールドカップに出場し、最初の2大会では5得点ずつを挙げている。5ゴール以上を記録した大会が2度以上ある選手は他にミロスラフ・クローゼとトーマス・ミュラーのみである。1970年代のFIFAワールドカップの歴史を象徴する選手のひとりに数えられている。メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは4試合すべてで得点し、ペルー代表の上位進出に貢献した。1次リーグではブルガリア戦、モロッコ戦(2得点)、西ドイツ戦で得点し、準々決勝では結果的に優勝するブラジル相手に得点したが、ブラジルに敗れて準々決勝敗退となった。クビジャス自身は5得点で得点ランキング3位となった。大会の最優秀若手選手賞を受賞し、ジャイルジーニョ、ゲルト・ミュラーに次ぐ得点数でブロンズブーツ(得点ランキング3位)を受賞した。クビジャスは大会のオールスターチームに選ばれ、ブラジル代表のペレは自身の後継者とみなした。テオフィロ・クビジャス フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン

    ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルンから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラー(1989年 - )サッカー選手ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    後半は開始早々にバイエルン・ミュンヘンにビッグ・チャンスが訪れるが、トーマス・ミュラーのシュートをジュリオ・セザルがセーブして得点を奪えず。すると後半の25分にカウンターからディエゴ・ミリートがバイエルン・ミュンヘンのDFダニエル・ファン・ブイテンを1対1でかわしてシュートし、2点目を決めた。バイエルン・ミュンヘンはロッベンを中心に攻めたものの、インテルの堅い守備を相手に得点することが出来ず2-0のまま試合終了。インテルが45年ぶり、3度目となる悲願のチャンピオンズリーグ優勝を果たすと共に、イタリア史上初となるセリエA、コッパ・イタリア、UEFAチャンピオンズリーグを制覇しての主要タイトル3冠(トレブル)を成し遂げた。UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年カルガリーオリンピックの西ドイツ選手団

    1988年カルガリーオリンピックの西ドイツ選手団から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    ノルディック複合では、今大会から団体戦が正式種目となり、 トーマス・ミュラー&ハンス=ペーター・ポール&フーベルト・シュワルツの西ドイツチームが金メダルを獲得した。1988年カルガリーオリンピックの西ドイツ選手団 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表の歴史

    サッカーアルゼンチン代表の歴史から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    コパ・アメリカ2007では、グループリーグのアメリカ戦、コロンビア戦、パラグアイ戦に3連勝した。準々決勝と準決勝ではコロンビアとメキシコを圧倒したが、決勝ではブラジルに0-3で敗れて準優勝に終わった。2008年の北京オリンピックにはリオネル・メッシやフアン・ロマン・リケルメ(オーバーエイジ)などが出場し、グループリーグから6連勝を記録して再び金メダルを獲得した。2010 FIFAワールドカップに先立ち、マラドーナが監督に就任した。南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ本大会でアルゼンチンはグループBに組み込まれ、グループリーグを3戦全勝で通過した。初戦のナイジェリア戦では6分に先制点を決めたが、その後は追加点を挙げられずに1-0で勝利した。2戦目の韓国戦ではゴンサロ・イグアインのハットトリックや相手のオウンゴールなどで易々と得点を重ね、4-1で勝利した。3戦目のギリシャ戦には2-0で勝利した。決勝トーナメント1回戦ではメキシコと対戦。メッシからのボールにヘディングで合わせたカルロス・テベスが先制点を決めたが、リプレイ映像ではテベスがオフサイドポジションにいることが明らかだった。結局アルゼンチンはメキシコに3-1で勝利したが、準々決勝のドイツ戦には0-4で大敗して大会から敗退した。ドイツのトーマス・ミュラーが3分に先制点を挙げると、ミロスラフ・クローゼが2点を重ね、アルネ・フリードリヒもまた得点した。サッカーアルゼンチン代表の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    後半も前半と同様、バイエルンが攻め、チェルシーがカウンターを繰り出す展開が続く。しかし、疲労からバイエルンの選手たちの動きが鈍くなり中々好機を作ることができない膠着状態に陥ると、チェルシーは73分にバートランドをマルダに交代、次第にチェルシーもチャンスをつかむようになり、試合は攻め合いの様相を呈するようになる。82分、ミュラーがヘディングシュートで敵ゴールを脅かすと、83分にはクロースが左サイドペナルティーエリア隅から右のファーサイドにいたミュラーに向けて山なりのクロスを送り、ミュラーがヘディングで地面に叩きつけたシュートは地面でバウンドした後チェルシーゴールを守るチェフの頭上を抜けゴールバーの内側に当たりながらゴールに吸い込まれた。静まり返っていたスタジアムは歓喜に包まれ、バイエルンも87分にはミュラーをファン・ブイテンに交代し逃げ切りを図る。しかし、直後の88分、この試合初めてチェルシーが獲得したCKにおいてマタがニアサイドに鋭いクロスを送ると、ドログバが放った強烈なヘディングシュートはノイアーの手を弾きゴールに吸い込まれた。バイエルンは逃げ切りに失敗し、チャンピオンズリーグ決勝戦では4年ぶりとなる延長戦に突入した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
34件中 1 - 10件表示

「トーマス・ミュラー」のニューストピックワード