前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 2010 FIFAワールドカップの統計

    2010 FIFAワールドカップの統計から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    ゴールデンブーツ賞はトーマス・ミュラーが受賞した。最多5得点を挙げた選手はミュラー含めて4選手いたが、他の3選手が1アシストだったのに対し、ミュラーは3アシストを決めたための受賞だった。2010 FIFAワールドカップの統計 フレッシュアイペディアより)

  • ミュラー

    ミュラーから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーは、ドイツ出身のサッカー選手。ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    後半は開始早々にバイエルン・ミュンヘンにビッグ・チャンスが訪れるが、トーマス・ミュラーのシュートをジュリオ・セザルがセーブして得点を奪えず。すると後半の25分にカウンターからディエゴ・ミリートがバイエルン・ミュンヘンのDFダニエル・ファン・ブイテンを1対1でかわしてシュートし、2点目を決めた。バイエルン・ミュンヘンはロッベンを中心に攻めたものの、インテルの堅い守備を相手に得点することが出来ず2-0のまま試合終了。インテルが45年ぶり、3度目となる悲願のチャンピオンズリーグ優勝を果たすと共に、イタリア史上初となるセリエA、コッパ・イタリア、UEFAチャンピオンズリーグを制覇しての主要タイトル3冠(トレブル)を成し遂げた。UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ファン・ハール

    ルイ・ファン・ハールから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    また若手選手を積極的に起用する傾向がある。2度のバルセロナ監督時代には10代の頃のシャビやアンドレス・イニエスタをカンテラからトップチームに引き上げて重用した。バイエルンではトップチーム昇格一年目のトーマス・ミュラー、ホルガー・バトシュトゥバーをレギュラーに抜擢し成果を上げたが、ルカ・トーニ、ルシオなど実績のあるベテランを冷遇し彼らの退団へと繋がった。ルイ・ファン・ハール フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    決勝トーナメント1回戦のイングランド戦ではトーマス・ミュラーの2点目をアシストし、ベスト8進出に大きく貢献。準々決勝のアルゼンチン戦ではミロスラフ・クローゼの2点目をアシストしベスト4進出に貢献、同大会最多アシストを記録した。その活躍により、FIFAバロンドールの候補者10人にノミネートされた他、ドイツ国内ではバンビを受賞した。メスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン

    ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルンから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラー(1989年 - )サッカー選手ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン フレッシュアイペディアより)

  • ホルガー・バトシュトゥバー

    ホルガー・バトシュトゥバーから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    2002年から所属するバイエルン・ミュンヘンのユースチームを経て、2008年7月にチームメイトのトーマス・ミュラーと共にトップチームに昇格。2008-09シーズンは出場がなかったが2009-10シーズンはリーグ開幕戦のTSG1899ホッフェンハイム戦でデビュー。シーズン序盤は怪我人の事情もありセンターバックとして、中盤以降は左サイドバックとしてレギュラーを守り続け、バイエルンの国内2冠及びCL準優勝に貢献した。ホルガー・バトシュトゥバー フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    ビジャは5得点でウェズレイ・スナイデル(オランダ)、トーマス・ミュラー(ドイツ)、フォルラン(ウルグアイ)と共に2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会得点王に輝いたが、ゴールデンブーツ賞はアシスト数が多かったミュラーのものとなった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    2010年のワールドカップ南アフリカ大会では、攻撃の要であるミヒャエル・バラックを怪我で欠くなど主力に故障が相次いだが、メスト・エジルやトーマス・ミュラーなどの若手が十分にその穴を埋めた。グループリーグではセルビアに敗北するなどしたものの2勝1敗で突破し、決勝トーナメント第1戦では因縁の相手イングランドを4-1で下した。このイングランド戦ではイングランドのフランク・ランパードの放ったシュートが明らかにゴールラインを超えていたのに審判がノーゴールの判定を下すという誤審があり、一部では1966年のハーストの「幻のゴール」のリベンジなどと報じられた。準々決勝では、これまた因縁の相手マラドーナ率いるアルゼンチンに4-0と圧勝した。こうして有名選手を多数擁する優勝候補達を下してベスト4へ進出し、欧州選手権決勝の雪辱を果たすべくスペインとの準決勝に臨んだが1-0で敗れ2大会ぶりの決勝進出は出来なかった。しかし3位決定戦ではウルグアイを下し、2大会連続で3位となった。この大会では、ドイツの試合結果を予言するタコのパウルが話題となった。パウルは本大会のドイツの勝敗をすべて的中させている。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝から見たトーマス・ミュラートーマス・ミュラー

    後半も前半と同様、バイエルンが攻め、チェルシーがカウンターを繰り出す展開が続く。しかし、疲労からバイエルンの選手たちの動きが鈍くなり中々好機を作ることができない膠着状態に陥ると、チェルシーは73分にバートランドをマルダに交代、次第にチェルシーもチャンスをつかむようになり、試合は攻め合いの様相を呈するようになる。82分、ミュラーがヘディングシュートで敵ゴールを脅かすと、83分にはクロースが左サイドペナルティーエリア隅から右のファーサイドにいたミュラーに向けて山なりのクロスを送り、ミュラーがヘディングで地面に叩きつけたシュートは地面でバウンドした後チェルシーゴールを守るチェフの頭上を抜けゴールバーの内側に当たりながらゴールに吸い込まれた。静まり返っていたスタジアムは歓喜に包まれ、バイエルンも87分にはミュラーをファン・ブイテンに交代し逃げ切りを図る。しかし、直後の88分、この試合初めてチェルシーが獲得したCKにおいてマタがニアサイドに鋭いクロスを送ると、ドログバが放った強烈なヘディングシュートはノイアーの手を弾きゴールに吸い込まれた。バイエルンは逃げ切りに失敗し、チャンピオンズリーグ決勝戦では4年ぶりとなる延長戦に突入した。UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 決勝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「トーマス・ミュラー」のニューストピックワード