前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    2008-09シーズンは新設されたドリッテリーガ(3部)でリザーブチームのキープレーヤーとなり、38試合のうち32試合に出場し、15得点を決めて得点ランク5位につけた。トップチームではこのシーズンに4試合に出場し、2009年3月10日のスポルティング・リスボン戦でUEFAチャンピオンズリーグデビューも果たしている。2009年2月、リザーブチームのDFホルガー・バトシュトゥバーとともにプロ契約を交わし、2009-10シーズンのトップチーム昇格を決めた。同年には恋人と結婚し、20歳にして既婚者となった。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たゲルト・ミュラー

    トーマス・ミュラー(Thomas Müller, 1989年9月13日 - )は、ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のサッカー選手。現在はドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属。ポジションはMFもしくはFWである。同姓のゲルト・ミュラーの後継者といわれる。なお、彼の父の名はゲルト・ミュラーと同姓同名である。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たロベルト・エンケ

    2004年にU-16ドイツ代表に選ばれた。2009年8月には初めてU-21ドイツ代表に選ばれ、トルコとの親善試合でデビューした。U-21代表では6試合に出場してサンマリノ戦で1得点を決めている。10月には、バイエルン・ミュンヘンでポジションを奪う活躍を見たヨアヒム・レーヴ監督によってドイツA代表に初招集された。ロベルト・エンケの死去などで試合がキャンセルされ、しばらく出場機会がなかったが、2010年3月3日、アルゼンチンとの親善試合でA代表デビューした。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たディエゴ・フォルラン

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たヨアヒム・レーヴ

    2004年にU-16ドイツ代表に選ばれた。2009年8月には初めてU-21ドイツ代表に選ばれ、トルコとの親善試合でデビューした。U-21代表では6試合に出場してサンマリノ戦で1得点を決めている。10月には、バイエルン・ミュンヘンでポジションを奪う活躍を見たヨアヒム・レーヴ監督によってドイツA代表に初招集された。ロベルト・エンケの死去などで試合がキャンセルされ、しばらく出場機会がなかったが、2010年3月3日、アルゼンチンとの親善試合でA代表デビューした。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たヴェスレイ・スナイデル

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たバイエルン・ミュンヘン

    トーマス・ミュラー(Thomas Müller, 1989年9月13日 - )は、ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のサッカー選手。現在はドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属。ポジションはMFもしくはFWである。同姓のゲルト・ミュラーの後継者といわれる。なお、彼の父の名はゲルト・ミュラーと同姓同名である。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たサッカーアルゼンチン代表

    2004年にU-16ドイツ代表に選ばれた。2009年8月には初めてU-21ドイツ代表に選ばれ、トルコとの親善試合でデビューした。U-21代表では6試合に出場してサンマリノ戦で1得点を決めている。10月には、バイエルン・ミュンヘンでポジションを奪う活躍を見たヨアヒム・レーヴ監督によってドイツA代表に初招集された。ロベルト・エンケの死去などで試合がキャンセルされ、しばらく出場機会がなかったが、2010年3月3日、アルゼンチンとの親善試合でA代表デビューした。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たホルガー・バトシュトゥバー

    2008-09シーズンは新設されたドリッテリーガ(3部)でリザーブチームのキープレーヤーとなり、38試合のうち32試合に出場し、15得点を決めて得点ランク5位につけた。トップチームではこのシーズンに4試合に出場し、2009年3月10日のスポルティング・リスボン戦でUEFAチャンピオンズリーグデビューも果たしている。2009年2月、リザーブチームのDFホルガー・バトシュトゥバーとともにプロ契約を交わし、2009-10シーズンのトップチーム昇格を決めた。同年には恋人と結婚し、20歳にして既婚者となった。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たダビド・ビジャ

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「トーマス・ミュラー」のニューストピックワード