21510件中 91 - 100件表示
  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たドイツ連邦共和国ドイツ

    ファイル:Little Ambassadors Program (Bundesrepublik Deutschland).JPG|ドイツ連邦共和国大使館とのリトルアンバサダー・サマープログラムの様子リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • ボクスホール

    ボクスホールから見たドイツドイツ

    その初期には高性能スポーツカーを製造したこともあったが、1925年のGM系列入り後は実用的な量産車メーカーとなった。第二次世界大戦後は同じくGM傘下のドイツのオペルとの車種共通化が進められ、現行車種は完全にオペルのバッジエンジニアリングモデルとなっている。なお、現在ボクスホールのブランドで自動車が販売されているのは、イギリスのみである。ボクスホール フレッシュアイペディアより)

  • 政教分離の歴史

    政教分離の歴史から見たドイツドイツ

    今日の欧米では、国教制をとるにせよ(イギリス)、公法上の法人格を与えるにせよ(ドイツ)、私法上の組織として扱うにせよ(アメリカ・フランス)、国家と霊性を分離し、信教の自由を認めるのが一般的であり、むしろこのような自由が認められない諸国に対して批判的である。しかし、今日の保守主義思想はしばしばこのような宗教(的な倫理規範)と政治との乖離状態を批判し、宗教の持つ公共性への見直しも進められている。そのため宗教と政治の関係を単純な公私の関係で割り切ることはできなくなりつつあるといえる。政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • トゥーランドット

    トゥーランドットから見たドイツドイツ

    カール・マリア・フォン・ウェーバーが作曲、1809年にドイツ・シュトゥットガルトで初演された劇。中国らしさを出すためにジャン=ジャック・ルソーの『音楽辞典』の巻末譜例から『中国の歌』を引用している。後にこの『中国の歌』の部分がパウル・ヒンデミットにより『ウェーバーの主題による交響的変容』第2楽章の主題として用いられる。トゥーランドット フレッシュアイペディアより)

  • 1899年

    1899年から見たドイツドイツ

    1月21日 - ドイツの自動車メーカー・オペルが操業開始。1899年 フレッシュアイペディアより)

  • 磁気浮上式鉄道

    磁気浮上式鉄道から見たドイツドイツ

    ドイツ - 2008年3月27日、ドイツのティーフェンゼー運輸・建設相は、ミュンヘン国際空港―ミュンヘン中央駅間の37.4kmのリニアモーターカー建設を断念したと発表。建設コスト上昇が理由。総額18億5000万ユーロ(約3000億円)の事業予算を計上したが、最新の見積もりが32億-34億ユーロに膨れ上がったため実現困難と判断した。2005年にドイツ連邦政府が1億1300万ユーロをTRに投入することを決め計画に弾みがつき、2007年にはドイツ鉄道(ドイチェ・バーン)と正式合意し(AP通信)、同年9月24日、バイエルン州政府は2014年頃までの開業を目指し、2008年夏にも着工するとしていた。事業主体はトランスラピッド・インターナショナル(ThyssenKruppとシーメンスのコンソーシアム)が担うはずだった。磁気浮上式鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・ニーチェ

    フリードリヒ・ニーチェから見たドイツドイツ

    フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(、1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による哲学の試みには文学的価値も認められる。フリードリヒ・ニーチェ フレッシュアイペディアより)

  • ライムギ

    ライムギから見たドイツドイツ

    ローマ帝国では、貧困者が食べるものとしていたため、一時期栽培が激減した。しかし、ローマ帝国の北部では小麦の生育条件が悪く、しばしば小麦畑をライ麦が覆うようになり、2世紀ごろにはライ麦を主目的として栽培されるようになった。コムギより酸性土壌に強く、乾燥や寒冷な気候に耐えるため、スカンジナビア半島やドイツ、東ヨーロッパなどでは主要な穀物として栽培されていった。中世にはオオムギに代わってコムギに次ぐ第2の穀物としての地位を確立した。16世紀末からは海運の改善や都市人口の増大に伴い、バルト海沿岸のライムギが輸出用作物として盛んに栽培されるようになり、とくにポーランド王国の大穀倉地帯を後背地に持つダンツィヒのライムギ交易が急増した。総輸出の約70%を占めたダンツィヒをはじめ、リガやケーニヒスベルクなどのバルト海諸港から盛んにライムギが輸出され、1562年から1657年までの106年間の年間平均輸出量は8.6万トンに上った。また、このライムギ交易の活況はポーランド王国の経済を活性化し、ポーランドの黄金時代を経済面から支えることとなった。その後も、19世紀ごろまではパン用穀物としてはコムギより使用量が多かったものの、食味などの点からコムギのパンのほうが常に高級とされ、コムギの収穫量増大とともに重要性は低下していった。一方で、麦角菌中毒(下で詳述)が中世には大流行し、591年から1789年の間に132回の流行を見た。ライムギ フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・エンゲルス

    フリードリヒ・エンゲルスから見たドイツドイツ

    フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels, 1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツの社会思想家、政治思想家、ジャーナリスト、実業家、共産主義者、軍事評論家、、革命家、国際的な労働運動の指導者。カール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築、労働者階級の歴史的使命を明らかにし、労働者階級の革命による資本主義がもたらした発達した生産力の継承と資本主義そのものの廃絶、共産主義社会の構築による人類の持続的発展を構想し、世界の労働運動、革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。フリードリヒ・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • ルクセンブルク

    ルクセンブルクから見たドイツドイツ

    ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都はルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる。ルクセンブルク フレッシュアイペディアより)

21510件中 91 - 100件表示

「ドイツ」のニューストピックワード