27537件中 31 - 40件表示
  • ザムエル・シャイト

    ザムエル・シャイトから見たドイツドイツ

    ザムエル・シャイト(Samuel Scheidt, 1587年11月3日受洗 - 1653年3月24日)はドイツ初期バロックの作曲家、オルガン奏者。85年生まれのハインリヒ・シュッツ、86年生まれのヨハン・ヘルマン・シャインとともに、ドイツバロックの3Sと呼ばれる。ザムエル・シャイト フレッシュアイペディアより)

  • 第17砲兵旅団

    第17砲兵旅団から見たドイツドイツ

    1944年9月15日、ドイツに入り、ライン川沿いで作戦を開始。第17砲兵旅団 フレッシュアイペディアより)

  • ナンディ (カウンティ)

    ナンディ (カウンティ)から見たドイツドイツ

    1993年:世界陸上(ドイツ・シュトゥットガルト)銀メダル(1万m)ナンディ (カウンティ) フレッシュアイペディアより)

  • 三国国境

    三国国境から見たドイツドイツ

    バーゼル ドライレンダーエック - ドイツ・フランス・スイス(正確な三国国境の地点は川の中にあるが、そこに標識は立てられていない。)三国国境 フレッシュアイペディアより)

  • ゴットフリード・ワグネル

    ゴットフリード・ワグネルから見たドイツドイツ

    ゴットフリード・ワグネル(Gottfried Wagener、1831年7月5日 - 1892年11月8日)は、ドイツ出身のお雇い外国人。ドイツ語での発音はゴトフリート・ヴァーゲナー()。事業参加のため来日し、その後政府に雇われた珍しい経緯を持つ。京都府立医学校(現・京都府立医科大学)、東京大学教師、および東京職工学校(現・東京工業大学)教授。また、陶磁器やガラスなどの製造を指導した。ゴットフリード・ワグネル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史

    アメリカ合衆国の歴史から見たドイツドイツ

    インディアンを虐殺し、流れ者と戦いながら開拓し、生活用品は豊富な森林から自分で生み出すと言う移住者には、共通する開拓者精神、いわゆるフロンティア・スピリットが生まれ、これがアメリカ人としてのアイデンティティ、「アメリカン・ドリーム」となって現在まで受け継がれている。広大な西部は西欧人をひきつけ、アメリカの人口はイギリス植民地時代の旧移民の自然増加と、欧州からの新移民によって急増した。新移民の多くは英国人やドイツ人の農民、英国人の搾取に苦しむアイルランド人であった。このときに流入した白人の人口比は、現代アメリカ白人の人口比とほとんど変わっていない。その裏でインディアンの権利は剥奪され、彼らの領土は矮小化していった。アメリカ合衆国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン (客船・3代)

    ブレーメン (客船・3代)から見たドイツドイツ

    1930年代を予告する革新的な船形デザインの評判と高速性能を誇ったドイツの豪華客船だった。処女航海では西航、東航ともに新記録を樹立し姉妹船オイローパと共に長年にわたり保たれていたイギリス船の速度の記録を覆した。1930年代では、国家間で大きさ・豪華さに重点をおいた客船の建造競争があり、2隻を所有したドイツも、他国と火花を散らしていた。姉妹船オイローパはその後第二大戦の賠償でフランスに譲渡、リベルテと改名している。ブレーメン (客船・3代) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見たドイツドイツ

    ワールドカップゴルフ優勝国:ドイツ(ベルンハルト・ランガー&マルセル・シェム)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 第33SS武装擲弾兵師団

    第33SS武装擲弾兵師団から見たドイツドイツ

    1944年9月末、ドイツに避難していたフランス民兵団の指導者ジョゼフ・ダルナンはベルリンの親衛隊本部長ゴットロープ・ベルガーと会見し、ドイツに避難した民兵団員の今後について話し合った。その際にダルナンは編制中の新たな武装親衛隊フランス人旅団の名称として、15世紀のフランスの国民的英雄である「ジャンヌ・ダルク」(Jeanne d'Arc)を提案した。第33SS武装擲弾兵師団 フレッシュアイペディアより)

  • ビール

    ビールから見たドイツドイツ

    ホップはもともとドイツ、ヴェストファーレン地方のコルヴァイ修道院のようなビール醸造所で、西暦822年から使用されていた。だがビールに使用するための大量栽培が開始されたのは13世紀になってからである。13世紀から16世紀までの間、ホップは最も主要な香味料として使われるようになっていった。しかしそれ以前には、他の植物(例えばGlechoma hederacea)が香味料として使われることもあった。「歴史」の節で述べたが、グルート (gruit) と呼ばれるニガヨモギなどのさまざまなハーブ、ベリー類も、現在のホップと同じように、ビールの香りづけに使用されていたこともある。現在製造されているビールで、香りづけにホップ以外の植物も使用しているものは、Scottish Heather Ales companyのFraoch'やla Brasserie-LancelotのCervoise Lancelotなどである。ホップは、麦芽の甘みと調和のとれた苦味をビールに与え、また花や柑橘系、ハーブのような香りをビールに与える。ホップには抗生物効果があり、ビール醸造に寄与しない微生物を抑え、ビール酵母が有利に働く環境を整える効果がある。他にも泡持ち(ヘッドリテンション)の長さに寄与し、保存力を高める効果がある。ビール フレッシュアイペディアより)

27537件中 31 - 40件表示

「ドイツ」のニューストピックワード