27537件中 41 - 50件表示
  • 2009年

    2009年から見たドイツドイツ

    3月3日 - ドイツ・ケルンの公文書館が崩壊。1000年以上前の史料を含む6万5千点余りの資料に被害。2009年 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド

    ポーランドから見たドイツドイツ

    北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。ポーランド フレッシュアイペディアより)

  • ゾロターンMG30機関銃

    ゾロターンMG30機関銃から見たドイツドイツ

    ゾロターンMG30機関銃(ゾロターンMG30きかんじゅう、Maschinengewehr 30、MG30)は、ドイツのルイス・シュタンゲ(Louis Stange)によって設計された空冷式機関銃である。1930年代にさまざまな軍隊で運用された。ゾロターンMG30機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • カイザー・ヴィルヘルム2世 (客船・2代)

    カイザー・ヴィルヘルム2世 (客船・2代)から見たドイツドイツ

    カイザー・ヴィルヘルム2世('''')は、総トン数19,361 トン、速力23 ノットの北ドイツ・ロイド社所属の豪華客船であった。ドイツのシュチェチンで建造され、完成したのは1903年の春である。カイザー・ヴィルヘルム2世 (客船・2代) フレッシュアイペディアより)

  • クライペダ

    クライペダから見たドイツドイツ

    クライペダ()は、ネマン川河口に近く, バルト海に面したリトアニア西部の港湾都市。クライペダ郡の中心都市であり、同国唯一の港湾都市である。ドイツ名はメーメル () またはメーメルブルク ()、ポーランド語ではクワイペダ ()。クライペダ フレッシュアイペディアより)

  • ライムギ

    ライムギから見たドイツドイツ

    ローマ帝国では、貧困者が食べるものとしていたため、一時期栽培が激減した。しかし、ローマ帝国の北部では小麦の生育条件が悪く、しばしば小麦畑をライ麦が覆うようになり、2世紀ごろにはライ麦を主目的として栽培されるようになった。コムギより酸性土壌に強く、乾燥や寒冷な気候に耐えるため、スカンジナビア半島やドイツ、東ヨーロッパなどでは主要な穀物として栽培されていった。中世にはオオムギに代わってコムギに次ぐ第2の穀物としての地位を確立した。16世紀末からは海運の改善や都市人口の増大に伴い、バルト海沿岸のライムギが輸出用作物として盛んに栽培されるようになり、とくにポーランド王国の大穀倉地帯を後背地に持つダンツィヒのライムギ交易が急増した。総輸出の約70%を占めたダンツィヒをはじめ、リガやケーニヒスベルクなどのバルト海諸港から盛んにライムギが輸出され、1562年から1657年までの106年間の年間平均輸出量は8.6万トンに上った。また、このライムギ交易の活況はポーランド王国の経済を活性化し、ポーランドの黄金時代を経済面から支えることとなった。一方で、麦角菌中毒(下で詳述)が中世には大流行し、591年から1789年の間に132回の流行を見た。ライムギ フレッシュアイペディアより)

  • 世界で最も居住に適した都市

    世界で最も居住に適した都市から見たドイツドイツ

    2007年度の調査ではチューリッヒ(108.0ポイント)、バンクーバーとウィーン(107.7ポイント)、オークランド(107.3ポイント)、デュッセルドルフ(107.2ポイント)が上位5都市であった。全体としてはスイス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの都市が高い評価を受けている。特にオーストラリアの主要都市はシドニーが9位、メルボルンが17位、パースが21位、アデレードが30位、ブリスベンが31位と目立って評価が高かった。ニュージーランドは首都のウェリントンが12位、最大の都市のオークランドが4位となりカナダからはバンクーバーが4位、トロントが13位、オタワが18位、モントリオールが22位、カルガリーが24位となっている。アメリカ合衆国からはホノルルが27位、サンフランシスコが29位に入った。世界で最も居住に適した都市 フレッシュアイペディアより)

  • 風船の歴史

    風船の歴史から見たドイツドイツ

    1657年 - 1663年: ドイツの物理学者オットー・フォン・ゲーリケがマクデブルクの半球の実験を行う。風船の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・シュティヒ

    ミヒャエル・シュティヒから見たドイツドイツ

    ミヒャエル・シュティヒ(Michael Stich, 1968年10月18日 - )は、ドイツ・ピンネベルク出身の元男子プロテニス選手。身長193cm、体重79kgの細身から放つ、時速200km/hを超える強力な弾丸サーブを最大の武器にした。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位で、シングルス・ダブルスとも世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。ATPツアーではシングルスで1991年ウィンブルドンを含む18勝、ダブルスで1992年ウィンブルドンとバルセロナ五輪を含む10勝を挙げた。ミヒャエル・シュティヒ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアのクラシック音楽史

    ロシアのクラシック音楽史から見たドイツドイツ

    女帝エカチェリーナ2世(1729年 - 1796年)はドイツ諸侯の公女として生まれ、チェンバロを学び、フリードリヒ大王の宮殿で当時最新のサロン音楽に接していた。皇太子ピョートル(ピョートル3世)との結婚後はロシア宮廷と貴族サロンの芸術水準の向上を図り、ドイツ、イタリア、フランス各国から音楽家を招いた。宮廷劇場の楽長にはイタリア人のトンマーゾ・トラエッタ(1727年 - 1779年)やジョヴァンニ・パイジエッロ(1740年 - 1816年)が任命された。1776年にはピョートル・ウルソフ公爵にモスクワでの興行権を与えてボリショイ劇場の歴史を実質的に主導、サンクトペテルブルクでは、ボリショイ・カーメンヌイ劇場(1783年)及びエルミタージュ劇場(1785年。現エルミタージュ美術館内)を開設し、オペラ台本を執筆して自らも創作に参加した。エカチェリーナ2世が書いた台本によるオペラとして『(ヴァシーリー・パシケーヴィチ作曲、1786年)や『オレーグの初期統治』(パシケーヴィチとジュゼッペ・サルティによる作曲、1790年)などがある。一方、エフスティグネイ・フォミーン(1761年 - 1800年)のオペラ『アメリカ人』(1788年)の上演に際しては台本の改編を命じて検閲制度を確立した。ロシアのクラシック音楽史 フレッシュアイペディアより)

27537件中 41 - 50件表示

「ドイツ」のニューストピックワード