21510件中 61 - 70件表示
  • ネバーエンディング・ストーリー

    ネバーエンディング・ストーリーから見たドイツドイツ

    原作者ミヒャエル・エンデとの裁判騒動の発端は、契約書の見落としが原因だったと言われている。エンデの当初の要望は、監督は黒澤明に任せ、撮影はヨーロッパ、役者は皆ドイツ人で揃える、異世界の姫君である「幼ごころの君」役の女優だけは日本の白装束を着た少女であるべきという内容だったと言われている。重要な役回りの強大な竜「ファルコン」については、可愛らしいドラゴンではなく、中国の伝説の龍のような神秘的な存在にすべきと考えていたらしい。しかし結果的に契約の失敗のせいで、エンデは原作者でありながらスタジオ見学も許されない不遇を受ける事となった。ネバーエンディング・ストーリー フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見たドイツドイツ

    1月14日 - ペトラ・シュルマン、ドイツのモデル、TVアナウンサー、女優(* 1935年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • エアバス

    エアバスから見たドイツドイツ

    1960年代から続く、アメリカ企業の世界的な旅客機の独占に対して危機感を抱いた欧州連合によって、1970年12月にフランスのアエロスパシアルと西ドイツDASAが共同出資し設立された。旅客航空機の製造販売を主な事業内容としており、近年はアメリカのボーイングと市場を二分する巨大航空機メーカーとして、激しい市場競争を繰り広げている。エアバス フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見たドイツドイツ

    2006年秋から現在にかけてセイヨウミツバチが一夜にして大量に失踪する現象が米国各地で発生、その数は米国で飼われているミツバチの約4分の1になった。ヨーロッパの養蜂家においても、スイス、ドイツでは小規模な報告ではあるが、他にもベルギー、フランス、オランダ、ポーランド、ギリシア、イタリア、ポルトガル、スペインにおいて同様の現象に遭遇している。また、CCDの可能性のある現象は台湾でも2007年4月に報告されている。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ミヒャエル・シュティヒ

    ミヒャエル・シュティヒから見たドイツドイツ

    ミヒャエル・シュティヒ(Michael Stich, 1968年10月18日 - )は、ドイツ・ピンネベルク出身の元男子プロテニス選手。1991年のウィンブルドン男子シングルス優勝者である。身長193cm、体重79kgの細身から放つ、時速200km/hを超える強力な弾丸サーブを最大の武器にした。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位で、シングルス・ダブルスとも世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。ATPツアーではシングルスで1991年ウィンブルドンを含む18勝、ダブルスで1992年ウィンブルドンとバルセロナ五輪を含む10勝を挙げた。ミヒャエル・シュティヒ フレッシュアイペディアより)

  • ファシズム

    ファシズムから見たドイツドイツ

    ファシズム(、)は、イタリアのムッソリーニと国家ファシスト党(以下ファシスト党)が提唱した思想や政治運動、および1922年から1942年までの政権獲得時に行った実践や体制の総称である。広義にはドイツのナチズムなど他国の類似の思想・運動・体制も含めて「ファシズム」と呼ばれる場合も多いが、その範囲は多数の議論がある(詳細は用語、定義等を参照)。ファシズム フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド航空

    フィンランド航空から見たドイツドイツ

    1923年11月1日 第一次世界大戦後、フィンランド航空の前身『アエロ・オイ(Aero O/Y)』が、民間航空会社として設立。創業者社長のブルーノ・オットー・ルキャンダーにより、水上フロートも付けられるドイツ製ユンカース F.13の導入を決定。機材と操縦士及びサポートの引き換えに、ドイツのユンカース社に自社株式の50%を譲渡する。フィンランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • 激闘!クラッシュギアTURBO

    激闘!クラッシュギアTURBOから見たドイツドイツ

    ヨーロッパカップ優勝チームで、ドイツのクラッシュギアチーム。かつてハインリッヒ・ガンクが所属しており、4年前のヨーロッパカップでも優勝し、第1回ワールドカップに出場した強豪チームである。ヨーロッパで主流のタッグ戦を得意としている。チーム名の「ヴァイスリッターズ」とは、ドイツ語で「白き騎士団」という意味である。激闘!クラッシュギアTURBO フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・スイフト

    スズキ・スイフトから見たドイツドイツ

    それまで実戦で培ってきた経験や実績を元に、新たに開発された2代目スイフトがベースの「スイフト・スーパー1600」を後半戦に試験的に導入。先代のイグニスと交替しながら戦うという、スズキにとって実験的なシーズンとなる。第1戦モンテカルロ2位、第2戦メキシコ優勝、第3戦イタリア2位、第4戦ギリシャ優勝、第5戦フィンランド2位、第6戦ドイツ3位、第7戦フランス3位、第8戦スペイン2位という成績であった。この年はダニエル・ソルド(シトロエン・C2)がドライバーズチャンピオンを獲得し、スズキ勢のランキング最上位はガイ・ウィルクスの2位であった。またこの年のWRC第11戦・ラリージャパンにA6クラスでスイフト・スーパー1600が参戦、クラス1位、総合でも19位という成績を収めた。スズキ・スイフト フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たドイツドイツ

    17日 - 【四輪自動車】アルゼンチン・チリで初開催された第31回ダカール・ラリーが終了。優勝はフォルクスワーゲンのジニエル・デ・ドゥリビエ(南アフリカ)-D・フォンジツェビッツ(ドイツ)組で、メーカー・ドライバー共に初優勝。三菱自動車の連覇は7でストップ。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

21510件中 61 - 70件表示

「ドイツ」のニューストピックワード