27537件中 71 - 80件表示
  • アルピナ

    アルピナから見たドイツドイツ

    アルピナ(Alpina Burkard Bovensiepen GmbH&Co )は、ドイツの自動車メーカー、チューナーである。アルピナ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のサッカー

    2005年のサッカーから見たドイツドイツ

    6月15日?29日 - FIFAコンフェデレーションズカップ がドイツで開催。日本はグループBで1勝1敗1引き分けながら、得失点差で3位に終わる。優勝はブラジル。2005年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2004年アテネオリンピックの日本選手団

    2004年アテネオリンピックの日本選手団から見たドイツドイツ

    金メダルの獲得数16個は全参加国(地域)中、オーストラリアに次ぐ5位で、1964年東京オリンピックと並ぶ。メダル獲得総数37個は、ドイツに次ぐ6位。2004年アテネオリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ鉄道

    オランダ鉄道から見たドイツドイツ

    オランダ鉄道は日本の約1割に相当する40,000平方キロの国土に約2800kmの鉄道網を有し、日本やドイツと並んで、鉄道密度が高い国である。また、旅客輸送密度はヨーロッパで群を抜いて高く、鉄道が国内交通で重要な役割を果たしている。オランダ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • プラハ

    プラハから見たドイツドイツ

    18世紀末、フランス革命やドイツ・ロマン主義に影響を受けた知識人らによって再び民族独立の動きが強まる。1848年にはプラハ市民によるオーストリアに対する蜂起がおこるが失敗した。第一次世界大戦終結後の1918年にオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、チェコスロヴァキア共和国が成立すると、プラハ城に大統領府が置かれ、首都となった。1922年初頭に、37の自治体を合併し、人口は676,000人となった。プラハ フレッシュアイペディアより)

  • ネオナチ

    ネオナチから見たドイツドイツ

    国別に見ると、旧ソ連領ではウクライナ、東ヨーロッパではクロアチア、ルーマニア、セルビア、ブルガリア、ポーランド、西ヨーロッパではドイツ、ベルギー、オーストリア、ギリシャ、スペイン、イギリス、スイス、北ヨーロッパのスウェーデンなどにネオナチの存在、もしくは勢力拡大が見られる。ウクライナでは現在、新政権の一部にネオナチ勢力が加わっている。さらにアメリカ合衆国、オセアニアのオーストラリア、アフリカ大陸の南アフリカ共和国、果てはナチスが迫害したユダヤ人のイスラエルにもネオナチは存在している。アメリカ合衆国にはアメリカ・ナチ党があるほか、ネオナチではないが、極右のクー・クラックス・クラン(KKK)やジョン・バーチ協会もいる。一方でフランスやイタリアなどでは(組織は存在しているが)あまり盛んではない。これは既にフランス国民戦線やファシスト系のイタリア国民同盟など、既存の極右勢力が受け皿となっているからと考えられる。ネオナチ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たドイツドイツ

    ペア優勝 : アリオナ・サフチェンコ、ロビン・ゾルコーヴィ(ドイツ2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ターヤ・トゥルネン

    ターヤ・トゥルネンから見たドイツドイツ

    ターヤ・トゥルネン(タルヤ・ソイレ・スサンナ・トゥルネン・カブリ、Tarja Soile Susanna Turunen Cabuli、1977年8月17日 - )は、フィンランド、キテー出身のソプラノ歌手。しばしばオペラ歌手と見なされるが、本人によるとむしろリート歌手である。カナ表記についてはドイツを経由して日本で知られたためか、ドイツ語に近い「ターヤ」と表記される。ターヤ・トゥルネン フレッシュアイペディアより)

  • 喜多直毅

    喜多直毅から見たドイツドイツ

    2007年4月、フランスで行われた「Rock In Opposition Festival」(英語版)に出演。ZAO(英語版)のステージにもゲスト参加した。2008年3月、シンガポールで行われた「Mosaic Music Festival」(英語版)に出演。同年9月にはパリ日本文化会館(フランス語版)で行われた国際交流基金主催による「Jazz in Japan 2008」に出演。同バンドは、2008年と2010年に2度の欧州ツアーを行い、ドイツ、オランダ、フランス、オーストリア、イタリアで公演を行った。Salle Gaveauはこれまでに三作品アルバムをリリースしている。喜多直毅 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン・ステュアート・チェンバレン

    ヒューストン・ステュアート・チェンバレンから見たドイツドイツ

    ヒューストン・ステュアート・チェンバレン(Houston Stewart Chamberlain 1855年9月9日 - 1927年1月9日)は、イギリス人の政治評論家・脚本家。後にドイツに帰化した人種主義者でリヒャルト・ヴァーグナー、イマヌエル・カント、ヨーハン・ヴォルフガング・ゲーテに関して通俗科学的な本を書き、国家主義や汎ゲルマン主義、人種的反ユダヤ主義を支援した。1899年の著書『19世紀の基礎』(ドイツ語: Die Grundlagen des neunzehnten Jahrhunderts/ 英語: The Foundations of the Nineteenth Century)は20世紀初頭のドイツにおいて、人種的・イデオロギー的な反ユダヤ主義の聖典の一つになった。ヒューストン・ステュアート・チェンバレン フレッシュアイペディアより)

27537件中 71 - 80件表示

「ドイツ」のニューストピックワード