21510件中 81 - 90件表示
  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たドイツドイツ

    1838年に細菌を意味するラテン語 "bacterium" が出現しており、病原体が現在のように判明してきたのは19世紀以降のことであって、フランスのルイ・パスツールやドイツのロベルト・コッホに負うところが大きい。パスツールは、病気の中には病原体によって生じるものがあることを証明し、狂犬病のワクチンを開発した。そしてコッホは、1875年、感染力のある病原体としての細菌である炭疽菌を、光学顕微鏡を用いた観察によるものとして初めて発見し、また、感染症の病原体を特定する際の指針として「コッホの原則」を提唱して近代感染症学の基礎となる科学的な考え方を打ち出した。エドワード・ジェンナー、ジョナス・ソーク、アルバート・サビンの3人はそれぞれ、天然痘やポリオに有効なワクチンを開発し、後にそれぞれを地球上から根絶、もしくはほぼ制圧するために大きな一歩を踏み出した。日本でも、北里柴三郎が1894年にペスト菌を、志賀潔は1898年に赤痢菌を発見している。なお、主な疫病菌の発見は以下の通りであり、19世紀後葉から20世紀初頭にかけての時期に集中している。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックテニス競技

    オリンピックテニス競技から見たドイツドイツ

    1896年、ピエール・ド・クーベルタンの提唱により、第1回近代オリンピックがギリシャ・アテネで開催された。最初は男子シングルスと男子ダブルス2部門のみで始まり、ジョン・ピウス・ボーランド(アイルランド、1870年 - 1955年)が第1回オリンピックの男子シングルス金メダルを獲得した。第1回大会の男子ダブルスは、ボーランドとフリードリヒ・トラウン(ドイツ、1876年 - 1908年)のペアが金メダルを獲得する。最初期のオリンピックは、国単位ではなく個人でエントリーしていたため、ダブルスでは(ボーランド&トラウン組のような)違う国の選手がペアを組む「混合チーム」(Mixed Team, オリンピックの略語では ZZX と表示)も存在した。オリンピックテニス競技 フレッシュアイペディアより)

  • ウーニェチツェ文化

    ウーニェチツェ文化から見たドイツドイツ

    名称はプラハの北東郊外にこの文化の遺跡があるウーニェチツェ地区から採られた。中核部はチェコ、ドイツ中部と南部、ポーランド西部と中部に広がっている。ウーニェチツェ文化 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩時計

    鳩時計から見たドイツドイツ

    ドイツ南西部にあるシュヴァルツヴァルト地方で普及されたといわれるおもりで動かす木製の振り子時計である。毎時丁度に時計上部の小さな窓から小鳥の模型が顔を出し時刻の数だけ鳴き時報を教え、半にも一度鳴く。鳩時計 フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・トゥスク

    ドナルド・トゥスクから見たドイツドイツ

    ポーランド人に近いスラヴ系少数民族カシューブ人(言語がポーランド語に非常に近いためポーランド人の一部族ともみなされる)の血筋を引く。両親は既に他界しており、息子と同名の父ドナルドは大工、母エヴァは看護士であった。父母はもとポーランド系住民としてダンツィヒ自由市の市民権を持ち、第二次世界大戦中にはナチス・ドイツによりドイツ国籍を与えられていたが、戦後はポーランド国籍を取得した。ドナルド・トゥスク フレッシュアイペディアより)

  • TSG1899ホッフェンハイム

    TSG1899ホッフェンハイムから見たドイツドイツ

    TSG 1899ホッフェンハイム(TSG 1899 Hoffenheim)は、ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州の都市であるジンスハイムのホッフェンハイム地区(人口約3250人)を本拠地とするスポーツ総合クラブ。サッカー部門以外には陸上競技と体操部門が運営されている。1980年代には柔道、柔術、バレーボール、ハンドボール、チェスなどの各部門も運営されていたが、現在は活動を停止している。TSG1899ホッフェンハイム フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン・ステュアート・チェンバレン

    ヒューストン・ステュアート・チェンバレンから見たドイツドイツ

    ヒューストン・ステュアート・チェンバレン(Houston Stewart Chamberlain 1855年9月9日 - 1927年1月9日)は、イギリス人の政治評論家・脚本家。後にドイツに帰化した人種主義者でリヒャルト・ヴァーグナー、イマヌエル・カント、ヨーハン・ヴォルフガング・ゲーテに関して通俗科学的な本を書き、国家主義や汎ゲルマン主義、人種的反ユダヤ主義を支援した。1899年の著書『19世紀の基礎』(ドイツ語: Die Grundlagen des neunzehnten Jahrhunderts/ 英語: The Foundations of the Nineteenth Century)は20世紀初頭のドイツにおいて、人種的・イデオロギー的な反ユダヤ主義の聖典の一つになった。ヒューストン・ステュアート・チェンバレン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のサッカー

    2005年のサッカーから見たドイツドイツ

    6月15日?29日 - FIFAコンフェデレーションズカップ がドイツで開催。日本はグループBで1勝1敗1引き分けながら、得失点差で3位に終わる。優勝はブラジル。2005年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 近世における世界の一体化

    近世における世界の一体化から見たドイツドイツ

    近世における世界の一体化では、16世紀から17世紀にかけての世界が一体化する過程について言及する。16世紀には、ユーラシア大陸では東から明、サファヴィー朝、オスマン帝国の3つの帝国が鼎立しており、インド亜大陸ではバーブルによるムガル帝国の建国(1526年)、さらに、ロシアではモスクワ大公国が、ドイツではハプスブルク家がそれぞれの地域で台頭し始めていた時期であった。近世における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ニュルンベルクのマイスタージンガー

    ニュルンベルクのマイスタージンガーから見たドイツドイツ

    『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(Die Meistersinger von Nürnberg)は、19世紀ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーが作曲した楽劇。リブレットも作曲者自身による。ニュルンベルクのマイスタージンガー フレッシュアイペディアより)

21510件中 81 - 90件表示

「ドイツ」のニューストピックワード