前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
838件中 1 - 10件表示
  • ドイツ

    ドイツから見たヨハン・ゼバスティアン・バッハ

    技術・経済面での交流は活発で、日本にとってヨーロッパ最大の貿易相手国となっている。特にドイツの自動車は日本でも高い人気を誇り、日本の輸入車の販売数上位3つはメルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲンが占めている。文化や制度の面では第二次世界大戦前ほどの影響力を持たなくなったものの、クラシック音楽ではバッハやベートーヴェンをはじめとするドイツ(およびオーストリア)の作曲家の楽曲が愛好されている。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見たオリバー・カーン

    また最近では、旧・東ドイツの都市ライプツィヒの聖トーマス教会の少年合唱団出身者などにより結成されたDie Prinzen(ディー・プリンツェン)が、2002年のサッカー「FIFAワールドカップ日韓大会」で活躍し、最優秀選手に選出されたドイツ代表のゴールキーパーであるオリバー・カーンをモチーフにした曲『OLLI KAHN』が話題を呼ぶ。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た北杜夫

    諸科学の中でも医学、薬学、化学はとりわけドイツが世界の先進的立場を占める分野であり、特に日本では徹底してドイツ医学に学ぶ傾向が強かったため、戦後かなり遅い時期まで日本の医師はドイツ語を学びカルテをドイツ語で書くことが常識とされていたぐらいである。森鴎外、北杜夫、手塚治虫といった医学者出身文化人がそろってドイツ文学に傾倒しているのもこの影響である。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た森鴎外

    諸科学の中でも医学、薬学、化学はとりわけドイツが世界の先進的立場を占める分野であり、特に日本では徹底してドイツ医学に学ぶ傾向が強かったため、戦後かなり遅い時期まで日本の医師はドイツ語を学びカルテをドイツ語で書くことが常識とされていたぐらいである。森鴎外、北杜夫、手塚治虫といった医学者出身文化人がそろってドイツ文学に傾倒しているのもこの影響である。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た大迫勇也

    バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグでもドイツ最多の5回の優勝を果たしている。日本の選手ではマインツの武藤嘉紀、ハンブルガーの酒井高徳、ドルトムントの香川真司、フランクフルトの長谷部誠、ヘルタの原口元気、ケルンの大迫勇也、シャルケの内田篤人、アウクスブルクの宇佐美貴史、2部シュツットガルトの細貝萌、浅野拓磨、2部ザンクトパウリの宮市亮、2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの金城ジャスティン俊樹、カールスルーエの山田大記らの多数の日本人選手らが在籍している(2016年現在)。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見たヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

    ドイツは、18世紀後半以降の音楽史で、同系国家であるオーストリア(1866年まではドイツ連邦議長国)とともに独占的ともいえる地位を築き、今日もヨーロッパの歌劇場の過半数、全世界のオーケストラの1/4以上がドイツにあるといわれる。現在のドイツ連邦共和国の領域に限ってもヨハン・ゼバスティアン・バッハ、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、ヨハネス・ブラームスの「ドイツ三大B」を初めとして、ロベルト・シューマン、フェリックス・メンデルスゾーン、リヒャルト・ワーグナー、リヒャルト・シュトラウスなどクラシック音楽史上に名を残す作曲家や演奏家を多数輩出した。今日のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする世界クラスのオーケストラや音楽祭も多い。オーストリアからはフランツ・ヨーゼフ・ハイドン、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、フランツ・シューベルト、アントン・ブルックナー、グスタフ・マーラーらが有名だが、マーラーを除いては完全にドイツ諸邦の盟主と見なされていた時代の出身であり、文学と同じく同言語同民族圏ひと括りで語られることが多い(相互の移動や各時代における国民意識など分離して考えることが困難なため、ベートーヴェンがドイツ音楽でブルックナーはオーストリア音楽というような分け方はほとんどされない。フランツ・リストら東欧植民ドイツ人から帰還活躍しドイツ楽派と呼ばれる存在もいる)。世界最大のクラシック音楽大国とされている。指揮者も同様に著名な人物を多数輩出している。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た夏目漱石

    1873年に岩倉使節団はベルリン、ハンブルク、ミュンヘンを歴訪しており、その当時の様子は「米欧回覧実記」にも詳しく記載されている。明治維新を経た1870年代から1880年代までの日本では、ドイツ帝国の文化や制度が熱心に学ばれ、近代化の過程に大きな影響を与えた。この為、日本の近代化は「ドイツ的近代化」であるとも言われている。伊藤博文は、大日本帝国憲法の作成にあたってベルリン大学の憲法学者ルドルフ・フォン・グナイストとウィーン大学のシュタインに師事し、歴史法学を研究している。当時の東京帝国大学がヨーロッパから招聘した教員にはドイツ人が多く、明治9年(1876年)にエルヴィン・フォン・ベルツが来日したのを初め、哲学では夏目漱石もその教えを受けて「ケーベル博士」と親しまれたラファエル・フォン・ケーベル、化学ではゴットフリード・ワグネルなどがいる。工学においては、大久保利通の命を受けた井上省三が、ザガン市(現・ポーランド領ジャガン)のカール・ウルブリヒト工場で紡績の生産技術を学び、日本に伝えている。その知識は現代の日本の製造業の礎となった。軍事においても、大日本帝国陸軍は、普仏戦争後、軍制をフランス式からプロイセン式へと変え、その制度と理論による近代化に努め、日露戦争の勝利に繋がった。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た長谷部誠

    バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグでもドイツ最多の5回の優勝を果たしている。日本の選手ではマインツの武藤嘉紀、ハンブルガーの酒井高徳、ドルトムントの香川真司、フランクフルトの長谷部誠、ヘルタの原口元気、ケルンの大迫勇也、シャルケの内田篤人、アウクスブルクの宇佐美貴史、2部シュツットガルトの細貝萌、浅野拓磨、2部ザンクトパウリの宮市亮、2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの金城ジャスティン俊樹、カールスルーエの山田大記らの多数の日本人選手らが在籍している(2016年現在)。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た原口元気

    バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグでもドイツ最多の5回の優勝を果たしている。日本の選手ではマインツの武藤嘉紀、ハンブルガーの酒井高徳、ドルトムントの香川真司、フランクフルトの長谷部誠、ヘルタの原口元気、ケルンの大迫勇也、シャルケの内田篤人、アウクスブルクの宇佐美貴史、2部シュツットガルトの細貝萌、浅野拓磨、2部ザンクトパウリの宮市亮、2部フォルトゥナ・デュッセルドルフの金城ジャスティン俊樹、カールスルーエの山田大記らの多数の日本人選手らが在籍している(2016年現在)。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た手塚治虫

    諸科学の中でも医学、薬学、化学はとりわけドイツが世界の先進的立場を占める分野であり、特に日本では徹底してドイツ医学に学ぶ傾向が強かったため、戦後かなり遅い時期まで日本の医師はドイツ語を学びカルテをドイツ語で書くことが常識とされていたぐらいである。森鴎外、北杜夫、手塚治虫といった医学者出身文化人がそろってドイツ文学に傾倒しているのもこの影響である。ドイツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
838件中 1 - 10件表示

「ドイツ」のニューストピックワード