前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示
  • 中山雅史

    中山雅史から見たドゥンガドゥンガ

    1997年は、ドゥンガや山本昌邦らとのトレーニングにより、「オフ・ザ・ボールの動きの質」に開眼。第2ステージでは自身Jリーグにおいては自身初となるハットトリックも記録するなど結果を残してステージ優勝に貢献。直後に1998 FIFAワールドカップ・アジア予選の最終局面で代表へ復帰して今度は日本代表の予選突破に貢献。日本の本大会初出場を決めたアジア第3代表を決めるイラン戦(「ジョホールバルの歓喜」)では、岡田武史監督から2トップ組む三浦知良と共に交代を命じられ、呂比須ワグナー及び城彰二が投入された。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 今野章

    今野章から見たドゥンガドゥンガ

    磐田在籍時の1998年には不慣れな右サイドバックとして起用され、試合中にもかかわらずドゥンガに指導を受けるというシーンがあった。今野章 フレッシュアイペディアより)

  • マノ・メネーゼス

    マノ・メネーゼスから見たドゥンガドゥンガ

    2010年7月24日、ドゥンガの後任としてブラジル代表監督に就任することが発表された。ただし、彼がブラジルサッカー連盟の本命候補だったわけではなく、ルイス・フェリペ・スコラーリ(フリー)やムリシ・ラマーリョ(フルミネンセFC監督)などが就任要請を断ったためにメネーゼスに役割が回ってきたとされる 。A代表未経験の若手を10人も招集し、6歳以上も若返ったメンバーで臨んだ8月10日のアメリカとの親善試合に2-0で勝利して代表監督デビュー戦を飾った。マノ・メネーゼス フレッシュアイペディアより)

  • S THE STORIES

    S THE STORIESから見たドゥンガドゥンガ

    今までに取り上げたエピソードとしては、中村俊輔といった国内のメジャープレーヤー、メッシといった海外のメジャープレーヤーを始め、ドゥンガなどのすでに引退したプレーヤーや、国立霞ヶ丘競技場の芝など多岐にわたる。S THE STORIES フレッシュアイペディアより)

  • デニウソン・ペレイラ・ネヴェス

    デニウソン・ペレイラ・ネヴェスから見たドゥンガドゥンガ

    2005年、キャプテンとして南米U-17選手権を制し、FIFA U-17ワールドカップで準優勝した。2006年11月のスイスとの親善試合でA代表のドゥンガ監督に招集されたが、出場はしていない。デニウソン・ペレイラ・ネヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ムリシ・ラマーリョ

    ムリシ・ラマーリョから見たドゥンガドゥンガ

    2010年7月、ブラジルサッカー連盟からドゥンガ監督の後任としてブラジル代表監督に指名されたが、フルミネンセがラマーリョの代表監督への転出を拒否した為、ラマーリョのブラジル代表監督就任は白紙撤回という形となった。ムリシ・ラマーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・トロ・フェヘイラ・フランシスコ

    ラファエル・トロ・フェヘイラ・フランシスコから見たドゥンガドゥンガ

    2006年、CRフラメンゴへ移籍。フラメンゴでは主軸として主にボランチでプレーし、2006年のコパ・ド・ブラジル、2009年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAなどのタイトル獲得に貢献した。また、それらの活躍が認められ、第1次ドゥンガ政権においてブラジル代表に招集された。ラファエル・トロ・フェヘイラ・フランシスコ フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ギグス

    ライアン・ギグスから見たドゥンガドゥンガ

    2006年9月にブラジル代表との親善試合に出場し、2-0で勝利した。試合後にドゥンガは、カカやロナウジーニョといった選手と比べても遜色ないと述べ、賛辞を送った。ライアン・ギグス フレッシュアイペディアより)

  • 奥原崇

    奥原崇から見たドゥンガドゥンガ

    しかし、大学時代にファウルを受けた際に膝を負傷して以来、この怪我との戦いが続いた。髪型をバッジョに肖ったのも、バッジョが重傷からの復活を遂げた選手だからだった。チームがFC東京としてJリーグ(J2)に加盟した1999年も、膝をかばう影響で腰などの状態も悪く、開幕からシーズン中盤戦を過ぎてもプレーできる状態にならなかったが、9月25日に駒沢陸上競技場での大分トリニータ戦にて先発で10ヶ月ぶりに復帰を果たし、以後J1昇格をかけて戦うチームで奮闘。等々力での天王山となった川崎フロンターレ戦では華麗なボレーシュートで先制点を決めるなど印象に残るプレーを残したが、リーグ戦は年間7試合の出場にとどまり、膝の状態も考慮して翌年のJ1を戦うチームの構想に入らなかった事がフロントから伝えられ、同年限りで現役を引退した。西が丘での天皇杯・初芝橋本高校との試合後の場内インタビューでサポーターに向け正式に引退表明し、天皇杯ジュビロ磐田戦が最後の試合となった。その試合でも怪我の影響もあり途中交代となったが攻撃のアクセントとなり、観戦していた磐田OBのドゥンガはこの試合の磐田の勝因に「東京の10番(奥原)が途中でベンチに下がった」ことを挙げた。奥原崇 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード

  • 柴崎とサッカー教室で指導 そこで気になったことを聞いてみた

  • 怪物エムバペに加え強力ボランチ…フランス圧勝も

  • ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回