前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 中山雅史

    中山雅史から見たドゥンガドゥンガ

    1997年は、ドゥンガや山本昌邦らとのトレーニングにより、「ボールを持たない時の動きの質」に開眼。第2ステージでは自身Jリーグでは初のハットトリックも記録するなど活躍してステージ優勝に貢献。直後に1998年フランスワールドカップ最終予選の最終局面で代表へ復帰して今度は日本代表の予選突破に貢献。日本の本大会初出場を決めたアジア第3代表を決めるイラン戦(「ジョホールバルの歓喜」と称される)では、岡田武史監督から2トップ組む三浦知良と共に交代を命じられ、呂比須ワグナー及び城彰二が投入された。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・カルヴァーリョ

    ダニエウ・カルヴァーリョから見たドゥンガドゥンガ

    2003年のFIFAワールドユースUAE大会では日本代表とも対戦、強烈なフリーキックでゴールネットを揺らした。2006年にはドゥンガ監督の下でA代表デビューを果たしている。2008年、CSKAモスクワとの契約を更新したものの、怪我や体調不良による出場機会が限られていたことから、同年いっぱい古巣のインテルナシオナルへレンタル移籍した。ダニエウ・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • アフォンソ・アウヴェス・マルチンス・ジュニオール

    アフォンソ・アウヴェス・マルチンス・ジュニオールから見たドゥンガドゥンガ

    母国ブラジルで彼の活躍が話題になることはなかったが、ドゥンガ監督率いるブラジル代表に初招集され、2007年6月1日、イングランドとの親善試合で代表デビュー。コパ・アメリカ2007では3試合に途中出場した。9月12日、親善試合のメキシコ戦で代表初ゴールを挙げた。2007年10月7日、エールディヴィジ第7節ヘラクレス・アルメロ戦で1試合7得点を記録した(それまでの1試合の最多得点記録はマルコ・ファン・バステンの6点で最多得点記録を更新した)。また、チームも9-0で大勝している。アフォンソ・アウヴェス・マルチンス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • アデマール・ペレイラ・マリーニョ

    アデマール・ペレイラ・マリーニョから見たドゥンガドゥンガ

    一般的なブラジル人同様スペクタクルで情熱的なサッカーを愛していることで有名。そのためドゥンガの規律を重んじるシステマチックな戦術には批判的で、ゲストとして出演した番組でブラジル代表に話が及ぶと「(最終メンバーは)全部ドゥンガって名前でいいです」と答えるなどたびたび批判を口にしている。アデマール・ペレイラ・マリーニョ フレッシュアイペディアより)

  • S THE STORIES

    S THE STORIESから見たドゥンガドゥンガ

    今までに取り上げたエピソードとしては、中村俊輔といった国内のメジャープレーヤー、メッシといった海外のメジャープレーヤーを始め、ドゥンガなどのすでに引退したプレーヤーや、国立霞ヶ丘競技場の芝など多岐にわたる。S THE STORIES フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のスポーツ

    1963年のスポーツから見たドゥンガドゥンガ

    10月31日 - ドゥンガ(ブラジル、サッカー)1963年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アンデルソン・ルイス・ダ・シウバ

    アンデルソン・ルイス・ダ・シウバから見たドゥンガドゥンガ

    その後FIFAコンフェデレーションズカップ2005、2006 FIFAワールドカップメンバーに選出されたが、あまり出場機会はなかった。ワールドカップ終了後、監督がドゥンガに代わり、以前より出場機会に恵まれるようになった。FIFAコンフェデレーションズカップ2009では5試合中4試合に出場し、決勝戦のアメリカ戦でもルシオのパートナーを勤め上げた。2010 FIFAワールドカップに控え選手として選ばれたが、出場機会はなかった。アンデルソン・ルイス・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • ジョズエ・アヌンシアト・デ・オリヴェイラ

    ジョズエ・アヌンシアト・デ・オリヴェイラから見たドゥンガドゥンガ

    2007年3月、ドゥンガ監督が率いるブラジル代表に27歳で初招集された。同年のコパ・アメリカでは3ボランチの一角として5試合に出場し、優勝に貢献した。ジョズエ・アヌンシアト・デ・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・タルデッリ

    ジエゴ・タルデッリから見たドゥンガドゥンガ

    2009年1月にアトレチコ・ミネイロに移籍。ここで復活を果たし、アドリアーノと共に全国選手権の得点王(19ゴール)となる。この活躍ぶりにセレソンの監督のドゥンガはセレソンに初招集、またヨーロッパのクラブからも再び注目を浴びた。ジエゴ・タルデッリ フレッシュアイペディアより)

  • マリーシア

    マリーシアから見たドゥンガドゥンガ

    こうした試合時の「駆け引き」を指す「マリーシア」という言葉は1995年8月9日に東京の国立競技場で行われた日本代表対ブラジル代表戦を契機に認知されるようになった。この試合は1994 FIFAワールドカップ優勝チームのブラジルが5-1と日本に大勝したが、試合後の記者会見において主将のドゥンガは記者の前で「マリーシア」という言葉を用いて、両国間のレベルの差異を明かした。マリーシア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード