61件中 11 - 20件表示
  • デニウソン・ペレイラ・ネヴェス

    デニウソン・ペレイラ・ネヴェスから見たドゥンガドゥンガ

    2005年、キャプテンとして南米U-17選手権を制し、FIFA U-17ワールドカップで準優勝した。2006年11月のスイスとの親善試合でA代表のドゥンガ監督に招集されたが、出場はしていない。デニウソン・ペレイラ・ネヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ハジェヴスキー・ギョキッツァ

    ハジェヴスキー・ギョキッツァから見たドゥンガドゥンガ

    しかし、ドゥンガや名波浩の退団で元々前年に比べて戦力が低下していたところに、リーグ戦が始まると故障者が続出したことで思うように勝ち点を伸ばせず、1stステージは5位、2ndステージでも今一つ波に乗り切れないことがフロントの不興を買い、9月1日に解任された。ハジェヴスキー・ギョキッツァ フレッシュアイペディアより)

  • ロムロ・ソウザ・オレステス・カルデイラ

    ロムロ・ソウザ・オレステス・カルデイラから見たドゥンガドゥンガ

    右サイドバックを主戦場とするが左サイドバックやサイドハーフとしてもプレーができる。両親はイタリア・ナポリ出身であり、そのためイタリアパスポートも所持している。元ブラジル代表監督で選手時代にはフィオレンティーナでプレーしたドゥンガは、イタリアのスポーツ紙であるコリエレ・デロ・スポルト紙のインタビューにおいて、「(ロムロは)優れたユーティリティ性と戦術眼を持ち、驚異的な精度のクロスをペナルティエリアに供給し、予測困難なパワフルなシュートを打つプレーヤー。」と特徴を紹介している。元ブラジル代表のマイコンとカフーとの比較においては、「(その2人との比較では)速さと機敏さという意味でカフーの方が似ている。(ロムロは)カフーの後継者の筆頭候補だ。ただしカフーはミランでワールドカップとチャンピオンズリーグを制している、(ロムロが同等のプレーヤーだと)誤解しないで欲しい。」と答えた。ロムロ・ソウザ・オレステス・カルデイラ フレッシュアイペディアより)

  • クレーベル・デ・カルヴァーリョ・コレイア

    クレーベル・デ・カルヴァーリョ・コレイアから見たドゥンガドゥンガ

    2005年にサントスFCに移籍してブラジル復帰。徐々に復調して、ブラジルのサッカー雑誌「プラカール」選出の2006年、2007年のベストイレブンに選ばれるほどの活躍を見せる。またドゥンガ率いるサッカーブラジル代表にも定期的に呼ばれ、コパアメリカ2007、FIFAコンフェデレーションズカップ2009のメンバーにも選ばれた。2009年、SCインテルナシオナルに移籍した。クレーベル・デ・カルヴァーリョ・コレイア フレッシュアイペディアより)

  • 1994 FIFAワールドカップ・決勝

    1994 FIFAワールドカップ・決勝から見たドゥンガドゥンガ

    試合はブラジルが優位に進めるものの、バレージを中心としたイタリアの守備をなかなか崩せず、結局スコアレスのまま、そして決勝としては史上初のPK戦にまでもつれ込む。両チームのキッカーとも1人目は失敗し、2・3人目は成功する。4人目はイタリアのマッサーロが失敗し、ブラジルのドゥンガは成功する。迎えた5人目、イタリアのロベルト・バッジョが蹴ったボールは大きくゴールマウスの上に外れ、ブラジルが6大会ぶりの、大会史上単独最多となる4回目の優勝を果たした。1994 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ライー

    ライーから見たドゥンガドゥンガ

    しかし、ライーは1994年に入っても不振を極め、当時、日本で最晩年を迎えたジーコ待望論が起きるほどだった。迎えたアメリカワールドカップの開幕戦、注目のブラジル代表の10番、主将、プレーメーカーはライーだった。ライーはPKで得点するが、全般的に低調で、決勝トーナメントに入るとライーの指定席はベンチとなり、これ以降、ブラジル代表主将は「闘将ドゥンガ」のものとなった。ライー フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるサッカー競技

    ロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるサッカー競技から見たドゥンガドゥンガ

    また、この大会からIOCはオリンピックサッカー競技においてプロフェッショナルプレーヤーが出場することを認めた(五輪憲章のアマチュア条項は、このロサンゼルス五輪より10年前の1974年の第75回IOC総会で、削除されていた)。これは当時のオリンピックにおけるプロ解禁と言う潮流の一環であったが、これは国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)の間に新しい対立を引き起こした。すなわち、集客性に富んだサッカーの充実を図りたいIOC(プロ解禁したのでA代表を五輪に出すよう要請)とワールドカップ(W杯)と言う大会の威厳とプレミアを守りたいFIFA(年齢制限のない最強の代表A代表を五輪に出せばW杯の意味が無くなる)の利害の対立である。最終的に、ロサンゼルス五輪ではモスクワ五輪と同様に、W杯予選もしくはW杯本大会に出場した欧州と南米の選手は、五輪に出場できないことにした。この大会に参加した有名選手としては、ドゥンガ、マウロ・ガウボン(以上ブラジル)、ギド・ブッフバルト、アンドレアス・ブレーメ、ウーベ・バイン(以上西ドイツ)、ロジェ・ミラ(カメルーン)、フランコ・バレージ、ダニエレ・マッサーロ、アルド・セレナ(以上イタリア)、等がいる。ロサンゼルスオリンピック (1984年) におけるサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • ミルトン・ダ・クルス

    ミルトン・ダ・クルスから見たドゥンガドゥンガ

    1984年にブラジル代表としてロサンゼルス五輪に出場。ドゥンガやジルマールらと共に銀メダル獲得に貢献した。ミルトン・ダ・クルス フレッシュアイペディアより)

  • ムリシ・ラマーリョ

    ムリシ・ラマーリョから見たドゥンガドゥンガ

    2010年7月、ブラジルサッカー連盟からドゥンガ監督の後任としてブラジル代表監督に指名されたが、フルミネンセがラマーリョの代表監督への転出を拒否した為、ラマーリョのブラジル代表監督就任は白紙撤回という形となった。ムリシ・ラマーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ジウソン・ド・アマラウ

    ジウソン・ド・アマラウから見たドゥンガドゥンガ

    磐田には4年間在籍し、磐田に在籍経験のある外国人としては、ドゥンガの99試合に次ぐ、リーグ通算98試合に出場した。ジウソン・ド・アマラウ フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード