61件中 21 - 30件表示
  • マノ・メネーゼス

    マノ・メネーゼスから見たドゥンガドゥンガ

    2010年7月24日、ドゥンガの後任としてブラジル代表監督に就任することが発表された。ただし、彼がブラジルサッカー連盟の本命候補だったわけではなく、ルイス・フェリペ・スコラーリ(フリー)やムリシ・ラマーリョ(フルミネンセ監督)などが就任要請を断ったためにメネーゼスに役割が回ってきたとされる 。A代表未経験の若手を10人も招集し、6歳以上も若返ったメンバーで臨んだ8月10日のアメリカとの親善試合に2-0で勝利して代表監督デビュー戦を飾った。マノ・メネーゼス フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・メロ

    フェリペ・メロから見たドゥンガドゥンガ

    フィオレンティーナ移籍後はすぐにレギュラーポジションを獲得した。2008年末頃、ブラジル代表のドゥンガ監督は選手時代の元所属クラブであるフィオレンティーナに在籍し、自身と同じポジションで活躍するメロに対し、「適切な時期に招集する」と予告していた。年が明けると、その予告通りに、2009年2月10日に行われた対イタリア代表との親善試合に代表初招集、セレソンデビュー戦を飾った。その後に行われたワールドカップ南米予選の対ペルー戦では代表初得点を決めている。その得点はハーフウェイライン付近でボールをカットし、そのまま1人でドリブルで駆け上がりゴールを決めるというものであった。コンフェデレーションズカップ南アフリカ大会ではレギュラーとして出場し、グループリーグのアメリカ戦では先制点を挙げるなど優勝に貢献した。フェリペ・メロ フレッシュアイペディアより)

  • ピサ・カルチョ

    ピサ・カルチョから見たドゥンガドゥンガ

    1968-69シーズンに初めてセリエAに昇格したが、1シーズンで降格した。1970年代の多くをセリエCで過ごす。1980年以降にセリエAに4回昇格(1982-83、1985-86、1987-88、1990-91シーズン)するも、いずれも1、2シーズンのみで降格した。ドゥンガやディエゴ・シメオネが初めて欧州で所属したクラブはピサであり、育成型のクラブとして注目を集めた。1990-91シーズン終了後にセリエBに降格すると、その2年後にはセリエCに降格し、経営破綻して倒産した。ピサ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・ペルナンブカーノ

    ジュニーニョ・ペルナンブカーノから見たドゥンガドゥンガ

    ドイツW杯ブラジル代表に選出され、グループリーグの対日本戦ではフル出場し、強烈な無回転のミドルシュートを決める。これがブラジルサッカーのレベルの高さの分かりやすい一例としてメディアもこのプレイの映像を多用したため、日本での知名度が上がった。同大会終了後、代表引退を表明しているがドゥンガ監督は「引退は選手が決めるものでは無い、監督が決めるものだ」と代表選出を匂わせる発言をした。ジュニーニョ・ペルナンブカーノ フレッシュアイペディアより)

  • 山西尊裕

    山西尊裕から見たドゥンガドゥンガ

    小学校から高校までずっとキャプテン、清水エスパルスでもキャプテンを務めた。清水のキャプテンになった際には「ドゥンガからは怒られ役だった俺がキャプテンとは」と冗談めかしていたが、そのドゥンガは山西の向上心の高さを褒めるコメントを何度も残している。山西尊裕 フレッシュアイペディアより)

  • 名波浩

    名波浩から見たドゥンガドゥンガ

    ボランチの位置から長短のパスを繰り出すゲームメーカー。清水商高時代からジュビロ入団当初までは、攻撃的な位置でプレーする「中盤の王様タイプ」の選手として知られた。しかし、日本代表の加茂周監督に展開力と守備への適性を買われ、ボランチへコンバートされる。以後、代表やドゥンガ退団後の磐田では中盤の底に位置して、ゲームの流れをコントロールする役割を果たした。名波浩 フレッシュアイペディアより)

  • エウトン・ダ・シウヴァ・アルーダ

    エウトン・ダ・シウヴァ・アルーダから見たドゥンガドゥンガ

    2006年にはドゥンガ率いるブラジル代表に招集されるも、ジュリオ・セザルの双璧を崩せず、コパ・アメリカ2007以降は招集されていない。エウトン・ダ・シウヴァ・アルーダ フレッシュアイペディアより)

  • 古俣健次

    古俣健次から見たドゥンガドゥンガ

    新潟工業高校から大阪商業大学を経て、1987年に日本サッカーリーグ(JSL)のヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)に入団。1987/88年シーズンに新人王を受賞。ジャパンフットボールリーグを経て、ジュビロがJリーグ昇格後の1994年まで主力の一角としてプレーしたが、1995年は首の負傷や、同じポジションのドゥンガ加入などが原因でわずか1試合の出場に留まり、オフに戦力外通告を受けて退団。古俣健次 フレッシュアイペディアより)

  • 奥原崇

    奥原崇から見たドゥンガドゥンガ

    チームがFC東京としてJリーグ(J2)に加盟した1999年も、膝をかばう影響で腰などの状態も悪く、開幕からシーズン中盤戦を過ぎてもプレーできる状態にならなかったが、9月25日に駒沢陸上競技場での大分トリニータ戦にて先発で10ヶ月ぶりに復帰を果たし、以後J1昇格をかけて戦うチームで奮闘。等々力での天王山となった川崎フロンターレ戦では華麗なボレーシュートで先制点を決めるなど印象に残るプレーを残したが、リーグ戦は年間7試合の出場にとどまり、膝の状態も考慮して翌年のJ1を戦うチームの構想に入らなかった事がフロントから奥原に伝えられ同年限りで現役を引退した。西が丘での天皇杯・初芝橋本高校との試合後の場内インタビューでサポーターに向け正式に引退表明し、天皇杯ジュビロ磐田戦が最後の試合となった。その試合でも怪我の影響もあり途中交代となったが攻撃にアクセントをつけており、観戦していたドゥンガはこの試合の磐田の勝因に「東京の10番(奥原)が途中でベンチに下がった」ことを挙げた。奥原崇 フレッシュアイペディアより)

  • 服部年宏

    服部年宏から見たドゥンガドゥンガ

    磐田時代はドゥンガのプレーを間近に見てきており、ゲームキャプテンを2005年まで務め、ドゥンガのように味方を叱咤する存在でもあった。服部年宏 フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード