72件中 21 - 30件表示
  • ミルトン・ダ・クルス

    ミルトン・ダ・クルスから見たドゥンガドゥンガ

    1984年、ブラジル五輪代表としてロサンゼルス五輪に出場し、ドゥンガやジルマールらと共に銀メダル獲得に貢献した。ミルトン・ダ・クルス フレッシュアイペディアより)

  • アルシンド・サルトーリ

    アルシンド・サルトーリから見たドゥンガドゥンガ

    2011年3月、縁のある日本が東北地方太平洋沖地震で大惨事となり心を痛めていたが、同年4月にジーコの呼びかけで南米でチャリティーマッチを行った。ドゥンガ、ロマーリオなどと共にプレーした。また、同年6月にはカシマスタジアムで行われた震災復興チャリティーイベント SMILE AGAIN〜YELL FROM KASHIMA〜に参加。「ANTLERS LEGENDS」のメンバーとして、鹿島OBや長男のイゴールと同じチームでともにプレーした。アルシンド・サルトーリ フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・ファネンブルグ

    ジェラルド・ファネンブルグから見たドゥンガドゥンガ

    磐田のチームに与えた影響としてはドゥンガがクローズアップされがちだが、彼もまた当時の欧州のトッププレーヤーの1人として磐田に与えた影響は大きい。特に新人で加入した藤田俊哉を見出したことは特筆される。ジェラルド・ファネンブルグ フレッシュアイペディアより)

  • 1984年ロサンゼルスオリンピックのサッカー競技

    1984年ロサンゼルスオリンピックのサッカー競技から見たドゥンガドゥンガ

    また、この大会からIOCはオリンピックサッカー競技においてプロフェッショナルプレーヤーが出場することを認めた(五輪憲章のアマチュア条項は、このロサンゼルス五輪より10年前の1974年の第75回IOC総会で、削除されていた)。これは当時のオリンピックにおけるプロ解禁と言う潮流の一環であったが、これは国際オリンピック委員会(IOC)と国際サッカー連盟(FIFA)の間に新しい対立を引き起こした。すなわち、集客性に富んだサッカーの充実を図りたいIOC(プロ解禁したのでA代表を五輪に出すよう要請)とワールドカップ(W杯)と言う大会の威厳とプレミアを守りたいFIFA(年齢制限のない最強の代表A代表を五輪に出せばW杯の意味が無くなる)の利害の対立である。最終的に、ロサンゼルス五輪ではモスクワ五輪と同様に、W杯予選もしくはW杯本大会に出場した欧州と南米の選手は、五輪に出場できないことにした。この大会に参加した有名選手としては、ドゥンガ、マウロ・ガウボン(以上ブラジル)、ギド・ブッフバルト、アンドレアス・ブレーメ、ウーベ・バイン(以上西ドイツ)、ロジェ・ミラ(カメルーン)、フランコ・バレージ、ダニエレ・マッサーロ、アルド・セレナ(以上イタリア)、等がいる。1984年ロサンゼルスオリンピックのサッカー競技 フレッシュアイペディアより)

  • アンデルソン・ルイス・ダ・シウバ

    アンデルソン・ルイス・ダ・シウバから見たドゥンガドゥンガ

    その後FIFAコンフェデレーションズカップ2005、2006 FIFAワールドカップメンバーに選出されたが、あまり出場機会はなかった。ワールドカップ終了後、監督がドゥンガに代わり、以前より出場機会に恵まれるようになった。FIFAコンフェデレーションズカップ2009では5試合中4試合に出場し、決勝戦のアメリカ戦でもルシオのパートナーを勤め上げた。2010 FIFAワールドカップに控え選手として選ばれたが、出場機会はなかった。アンデルソン・ルイス・ダ・シウバ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・オリヴェイラ

    リカルド・オリヴェイラから見たドゥンガドゥンガ

    2004年5月25日、カタルーニャ代表との非公式親善試合 (5-1) でブラジル代表デビューし、その試合で得点を挙げた。同年7月にはコパ・アメリカ2004に出場するメンバーに選ばれ、7月8日のパラグアイ戦で国際Aマッチ初出場を果たした。7月18日の準々決勝・メキシコ戦で国際Aマッチ初得点を挙げ、優勝に貢献した。これ以後、ロナウド、アドリアーノ、ロビーニョなどの控えとしてブラジル代表に定着していった。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場して優勝したがクラブでのプレー中に怪我を負い、予想より早く復帰したものの2006 FIFAワールドカップ出場は逃した。2006 FIFAワールドカップ後にドゥンガ監督が就任すると、約1年ぶりに代表に招集され、11月15日のスイスとの親善試合で復帰した。リカルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジ・デ・アモリン・カンポス

    ジョルジ・デ・アモリン・カンポスから見たドゥンガドゥンガ

    引退後はいったん代理人業に従事するが、2006年に初めて在籍したクラブであるアメリカFCの監督として現場に復帰。同年夏からはドゥンガ監督のもとでブラジル代表のヘッドコーチに就任した。ワールドカップ・南アフリカ大会終了後は2010年にゴイアスEC、2011年にはフィゲイレンセFCの監督を歴任。フィゲイレンセでは、財政的に余力があるわけでもなく、知名度のある選手を補強することなく戦った同クラブを、シーズン終盤までコパ・リベルタドーレス出場権を争うチームに作り上げ、最終的に20チーム中の7位に導いた。この功績が評価され、ジョルジーニョは同年のリーグ最優秀監督候補の3人の中の1人に選出された。ジョルジ・デ・アモリン・カンポス フレッシュアイペディアより)

  • エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス

    エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメスから見たドゥンガドゥンガ

    ブラジル代表ではドゥンガ監督の下で一時はジーダの後継者とされた。南アフリカで開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2009では、ジュリオ・セザルの控えGKとしてエントリーメンバーに選出され、2010 FIFAワールドカップでもメンバー入りを果たした。エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • アフォンソ・アウヴェス・マルチンス・ジュニオール

    アフォンソ・アウヴェス・マルチンス・ジュニオールから見たドゥンガドゥンガ

    母国ブラジルで彼の活躍が話題になることはなかったが、ドゥンガ監督率いるブラジル代表に初招集され、2007年6月1日、イングランドとの親善試合で代表デビュー。コパ・アメリカ2007では3試合に途中出場した。9月12日、親善試合のメキシコ戦で代表初ゴールを挙げた。2007年10月7日、エールディヴィジ第7節ヘラクレス・アルメロ戦で1試合7得点を記録した(それまでの1試合の最多得点記録はマルコ・ファン・バステンの6点で最多得点記録を更新した)。また、チームも9-0で大勝している。アフォンソ・アウヴェス・マルチンス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • ジョズエ・アヌンシアト・デ・オリヴェイラ

    ジョズエ・アヌンシアト・デ・オリヴェイラから見たドゥンガドゥンガ

    2007年3月、ドゥンガ監督が率いるブラジル代表に27歳で初招集された。同年のコパ・アメリカでは3ボランチの一角として5試合に出場し、優勝に貢献した。ジョズエ・アヌンシアト・デ・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード

  • 柴崎とサッカー教室で指導 そこで気になったことを聞いてみた

  • 怪物エムバペに加え強力ボランチ…フランス圧勝も

  • ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回