61件中 31 - 40件表示
  • 今野章

    今野章から見たドゥンガドゥンガ

    磐田在籍時の1998年には不慣れな右サイドバックとして起用され、試合中にもかかわらずドゥンガに指導を受けるというシーンがあった。今野章 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ザガロ

    マリオ・ザガロから見たドゥンガドゥンガ

    監督時代には数々の輝かしい実績を残しているが、その守備寄りな戦術ゆえ、攻撃的なサッカーを好むブラジル国内ではしばしば批判の対象となった。しかし1994年、98年のW杯に見られた2人のボランチと両サイドバックが攻守に献身するサッカーは、ボール支配率を重視する現代サッカーを体現するものであり、優勝・準優勝という結果でもってその理念を証明して見せた。彼が重用した守備的なポジションのプレイヤーであるカフー、ロベルト・カルロスといった選手たちは、その後現代を代表する名選手として世界的な名声を手に入れ、また2006年7月から2010年7月まではザガロのチームで長く主将を務めたドゥンガが代表チームを指揮していた。マリオ・ザガロ フレッシュアイペディアより)

  • コリンチャンス

    コリンチャンスから見たドゥンガドゥンガ

    2011年度のクラブ総収入は2億9000万レアル(約120億円)であり、ブラジルのクラブで第1位である。ホームスタジアムのパルケ・サン・ジョルジは収容人員が少ないため、サンパウロ市立のエスタジオ・ド・パカエンブーやサンパウロFC所有のエスタジオ・ド・モルンビーで試合をすることが多い。過去に、リベリーノ、ソクラテス、リバウド、ドゥンガ、リカルジーニョ、マルセリーニョ・カリオカ等が同チームでプレーしている。サンパウロFC、パルメイラスとの試合は「サンパウロ・ダービー」として注目されていたが、近年はチームの低迷もあってかつてほどの盛り上がりはない。コリンチャンス フレッシュアイペディアより)

  • ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ

    ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラから見たドゥンガドゥンガ

    2000年、シドニーオリンピックに出場。日韓W杯予選時、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の戦術と噛み合わないとの批判も受けたが、結局は本大会までレギュラーを守った。本大会でも3バックの右としてラインを統率し、ブラジル5度目の優勝に大きく貢献した。準々決勝、イングランド戦では、エミール・ヘスキーからのロングボールをゴール前で対処ミスし、マイケル・オーウェンに先制点を献上したが、その後のプレーは素晴らしく、ブラジルが逆転した後も集中力は途切れなかった。決勝のドイツ戦では、相手をフェイントで交わしてシュートまで持ち込んだ。ドゥンガ監督に代表のキャプテンに指名され、FIFAコンフェデレーションズカップ2009決勝のアメリカ戦で決勝点を挙げるなど、優勝に貢献した。なお、ルシオは敬虔なクリスチャンとして知られ、このコンフェデレーションズカップには自費で神父を帯同させた。ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥドゥ・セアレンセ

    ドゥドゥ・セアレンセから見たドゥンガドゥンガ

    2006年にはドゥンガ監督の下でブラジル代表招集を受けた。ドゥドゥ・セアレンセ フレッシュアイペディアより)

  • ニウマール

    ニウマールから見たドゥンガドゥンガ

    2003年7月13日、CONCACAFゴールドカップのメキシコ戦でブラジル代表デビューし、決勝でメキシコに敗れたその大会で3試合に出場した。ブラジル代表はU-23代表を大会に送り込んだが、FIFAにはフル代表として認識されている。2004年8月18日、6-0で勝利したハイチ戦で初得点した。4年のブランクの後、2008年8月29日のチリ戦とボリビア戦のためにドゥンガ監督によって代表に招集された。ラファエル・ソビスが負傷により代表を外れていた。2009年6月10日、2010 FIFAワールドカップ・南米予選のパラグアイ戦でフェリペ・メロのクロスから決勝点を決めた。ニウマール フレッシュアイペディアより)

  • エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス

    エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメスから見たドゥンガドゥンガ

    ブラジル代表ではドゥンガ監督の下で一時はジーダの後継者とされた。南アフリカで開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2009では、ジュリオ・セザルの控えGKとしてエントリーメンバーに選出された。エウレリョ・ダ・シウヴァ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • フアン・シルヴェイラ・ドス・サントス

    フアン・シルヴェイラ・ドス・サントスから見たドゥンガドゥンガ

    2002 FIFAワールドカップ日韓大会南米予選ではクリスと共に活躍するも、本大会ではメンバーから漏れた。2006 FIFAワールドカップドイツ大会南米予選ではルシオと熾烈な定位置争いを演じ、本大会メンバーにも選ばれた。監督がドゥンガにかわってからも、セレソンではレギュラーを守っており、ドゥンガ監督からの信頼、評価は高い。2009年のコンフェデレーションズカップではルシオとコンビを組みグループリーグ3試合に出場したものの、第3戦のイタリア戦で肉離れを起こし離脱した。2010 FIFAワールドカップでもレギュラーとして出場し、決勝トーナメント1回戦のチリ戦ではコーナーキックから先制点を挙げた。フアン・シルヴェイラ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ

    アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタから見たドゥンガドゥンガ

    ブラジル代表では2008年のドゥンガ監督就任後から重用されるようになった。アレックス・ロドリゴ・ディアス・ダ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たドゥンガドゥンガ

    ドゥンガ監督の下、2006年10月7日のアル・クウェートとの非公式戦でブラジル代表デビューすると、エクアドルとの親善試合で公式戦初出場。コパ・アメリカ2007のメンバーにも名を連ね4試合に出場した。決勝のアルゼンチン戦では代表初得点となるゴールとアシストを記録する活躍を見せ、ブラジルの連覇に貢献した。ドゥンガ監督のもとではマイコンが起用されることが多かったが、FIFAコンフェデレーションズカップ2009準決勝の南アフリカ戦では途中出場ながらフリーキックで値千金の決勝ゴールを挙げるなど結果を残している。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード