72件中 41 - 50件表示
  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たドゥンガドゥンガ

    2007年3月24日のチリ戦 (4-0) ではFIFAコンフェデレーションズカップ2005決勝以来となる得点(2得点)を決め、2年近くにも及んだ連続無得点期間を終わらせた。同年にはコパ・アメリカ2007が開催されたが、疲労のために出場免除を申し出て、ドゥンガ監督はロナウジーニョの大会欠場を許可した。10月にはエクアドルとの親善試合 (5-0) を戦ったが、数人の選手たちとリオデジャネイロの高級ナイトクラブでパーティを催し、翌朝11時にナイトクラブを出たが、メディアを避けるために車のトランクに隠れて移動したとされる。この夜遊びが原因でスペイン帰国が遅れたとして、FCバルセロナの試合では先発から外されて議論を呼んだ。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • セザール・サンパイオ

    セザール・サンパイオから見たドゥンガドゥンガ

    コパ・アメリカ1995でもレギュラーとして準優勝、コパ・アメリカ1997ではマウロ・シルバやドゥンガのバックアップとして優勝に貢献する。FIFAコンフェデレーションズカップ1997制覇にも貢献した。セザール・サンパイオ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥドゥ・セアレンセ

    ドゥドゥ・セアレンセから見たドゥンガドゥンガ

    2006年にはドゥンガ監督の下でブラジル代表招集を受けた。ドゥドゥ・セアレンセ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・シルヴェイラ・ドス・サントス

    フアン・シルヴェイラ・ドス・サントスから見たドゥンガドゥンガ

    2002 FIFAワールドカップ日韓大会南米予選ではクリスと共に活躍するも、本大会ではメンバーから漏れた。2006 FIFAワールドカップドイツ大会南米予選ではルシオやクリスと熾烈な定位置争いを演じ、本大会ではレギュラーとして出場。監督がドゥンガにかわってからも、セレソンではレギュラーを守っており、ドゥンガ監督からの信頼、評価は高い。2009年のコンフェデレーションズカップではルシオとコンビを組みグループリーグ3試合に出場したものの、第3戦のイタリア戦で肉離れを起こし離脱した。2010 FIFAワールドカップでもレギュラーとして出場し、決勝トーナメント1回戦のチリ戦ではコーナーキックから先制点を挙げた。フアン・シルヴェイラ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • レナト・ジルネイ・フロレンシオ・サントス

    レナト・ジルネイ・フロレンシオ・サントスから見たドゥンガドゥンガ

    2003年にブラジル代表デビューし、カルロス・アルベルト・パレイラ監督のお気に入りの選手となった。2004年のコパ・アメリカ2004ではチームの全6試合に出場して優勝し、2005年の2005 FIFAコンフェデレーションズカップでは5試合に途中出場し、やはりタイトルを勝ち取った。2006 FIFAワールドカップ・南米予選にも招集されていたが、本大会にはジウベウト・シウヴァが登録され、レナトは選出されなかった。2006年に就任したドゥンガ監督はエラーノなどを好み、以後は招集されていない。レナト・ジルネイ・フロレンシオ・サントス フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・デイヴソン・ロペス・マシエウ

    ファビオ・デイヴソン・ロペス・マシエウから見たドゥンガドゥンガ

    A代表としてはFIFAコンフェデレーションズカップ2003、コパ・アメリカ2004の際にブラジル代表に招集されたが出場機会は無かった。その後2006年8月16日にはドゥンガ監督からノルウェー代表との親善試合のメンバーに招集されたものの出場機会はなく、その後9月3日、5日に行われたアルゼンチン代表、ウェールズ代表戦でもエウレリョ・ゴメスの控えに甘んじ、出場できなかった。この時、彼は控えというポジションであった事を理解していながらも、ブラジル代表として招集された事を光栄に幸せに思っていると述べた。ファビオ・デイヴソン・ロペス・マシエウ フレッシュアイペディアより)

  • 服部年宏

    服部年宏から見たドゥンガドゥンガ

    磐田時代ドゥンガのプレーを間近に見てきており、ゲームキャプテンを2005年まで務め、ドゥンガのように味方を叱咤する存在であった。服部年宏 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエウ・アウヴェス

    ダニエウ・アウヴェスから見たドゥンガドゥンガ

    ドゥンガ監督の下、2006年10月7日のアル・クウェートとの非公式戦でブラジル代表デビューすると、エクアドルとの親善試合で公式戦初出場。コパ・アメリカ2007のメンバーにも名を連ね4試合に出場した。決勝のアルゼンチン戦では代表初得点となるゴールとアシストを記録する活躍を見せ、ブラジルの連覇に貢献した。ドゥンガ監督のもとではマイコンが起用されることが多かったが、FIFAコンフェデレーションズカップ2009準決勝の南アフリカ戦では途中出場ながらフリーキックで決勝ゴールを挙げるなど結果を残している。ダニエウ・アウヴェス フレッシュアイペディアより)

  • ハジェヴスキー・ギョキッツァ

    ハジェヴスキー・ギョキッツァから見たドゥンガドゥンガ

    しかし、ドゥンガや名波浩の退団で元々前年に比べて戦力が低下していたところに、リーグ戦が始まると故障者が続出したことで思うように勝ち点を伸ばせず、1stステージは5位、2ndステージでも今一つ波に乗り切れないことがフロントの不興を買い、9月1日に解任された。ハジェヴスキー・ギョキッツァ フレッシュアイペディアより)

  • 1994 FIFAワールドカップ・決勝

    1994 FIFAワールドカップ・決勝から見たドゥンガドゥンガ

    試合はブラジルが優位に進めるものの、バレージを中心としたイタリアの守備をなかなか崩せず、結局スコアレスのまま、そして決勝としては史上初のPK戦にまでもつれ込む。両チームのキッカーとも1人目は失敗し、2・3人目は成功する。4人目はイタリアのマッサーロが失敗し、ブラジルのドゥンガは成功する。迎えた5人目、イタリアのロベルト・バッジョが蹴ったボールは大きくゴールマウスの上に外れ、ブラジルが6大会ぶりの、大会史上単独最多となる4回目の優勝を果たした。1994 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード

  • 柴崎とサッカー教室で指導 そこで気になったことを聞いてみた

  • 怪物エムバペに加え強力ボランチ…フランス圧勝も

  • ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回