61件中 41 - 50件表示
  • 1998 FIFAワールドカップ・決勝

    1998 FIFAワールドカップ・決勝から見たドゥンガドゥンガ

    前半27分、コーナーキックからフランスのMFジネディーヌ・ジダンのヘディングシュートによりフランスが先制。一方で、ロナウドはDFドゥンガの放ったロングボールを受けてシュートするもフランスのGKファビアン・バルテズの激しい寄せに阻まれる。ロナウドとバルテズは激突し気絶、ドクターの治療を必要としたものの、共に再び立ち上がる。その後ブラジルのゲームメーカーである二人のMF、レオナルドとリバウドはフランスの二人のMF、ディディエ・デシャンとクリスティアン・カランブーに完全に封じられることとなる。前半ロスタイムにはジダンがブラジルを突き放す2点目を挙げ、前半は2-0で折り返すこととなる。1998 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・ファネンブルグ

    ジェラルド・ファネンブルグから見たドゥンガドゥンガ

    磐田のチームに与えた影響としてはドゥンガがクローズアップされがちだが、彼もまた当時の欧州のトッププレーヤーの1人として磐田に与えた影響は大きい。特に新人で加入した藤田俊哉を見出したことは特筆される。ジェラルド・ファネンブルグ フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たドゥンガドゥンガ

    ブラジル代表に初招集された際の監督であるドゥンガはフッキを高く評価しており、ロナウドの後継者になりうると評している。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 前田和明

    前田和明から見たドゥンガドゥンガ

    ドゥンガ著 『セレソン』(NHK出版)前田和明 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見たドゥンガドゥンガ

    元日本代表監督のハンス・オフトを迎え、オランダ代表ファネンブルグ、元イタリア代表サルヴァトーレ・スキラッチ、ブラジル代表でキャプテンを務めたドゥンガなど大物外国人選手を相次いで補強し、同時に日本人選手の育成にかかった。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • レナト・ヂルネイ・フロレンシオ

    レナト・ヂルネイ・フロレンシオから見たドゥンガドゥンガ

    2003年にブラジル代表デビューし、カルロス・アルベルト・パレイラ監督のお気に入りの選手となった。2004年のコパ・アメリカ2004ではチームの全6試合に出場して優勝し、2005年の2005 FIFAコンフェデレーションズカップでは5試合に途中出場し、やはりタイトルを勝ち取った。2006 FIFAワールドカップ・南米予選にも招集されていたが、本大会にはジウベウト・シウヴァが登録され、レナトは選出されなかった。2006年に就任したドゥンガ監督はエラーノなどを好み、以後は招集されていない。レナト・ヂルネイ・フロレンシオ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・オリヴェイラ

    リカルド・オリヴェイラから見たドゥンガドゥンガ

    2004年5月25日、カタルーニャ代表との非公式親善試合(5-1)でブラジル代表デビューし、その試合で得点を挙げた。同年7月にはコパ・アメリカ2004に出場するメンバーに選ばれ、7月8日のパラグアイ戦で国際Aマッチ初出場を果たした。7月18日の準々決勝・メキシコ戦で国際Aマッチ初得点を挙げ、優勝に貢献した。これ以後、ロナウド、アドリアーノ、ロビーニョなどの控えとしてブラジル代表に定着していった。2005年にはFIFAコンフェデレーションズカップ2005に出場して優勝したがしかし、クラブでのプレー中に怪我を負い、予想より早く復帰したものの2006 FIFAワールドカップ出場は逃した。2006 FIFAワールドカップ後にドゥンガ監督が就任すると、約1年ぶりに代表に招集され、11月15日のスイスとの親善試合で復帰した。リカルド・オリヴェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ロナウド

    ロナウドから見たドゥンガドゥンガ

    ドイツW杯後は、ブラジル代表の元主将のドゥンガが代表監督に就任したが、同監督の構想から外れ、以後は代表に招集されなかった。一時は2010 FIFAワールドカップでの現役引退を希望していたが叶わなかった。ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たドゥンガドゥンガ

    新人時代、ジュビロ磐田で共にプレーしていたドゥンガに言われた「調子に乗るなよ」という言葉を大切にしている。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たドゥンガドゥンガ

    2007年3月24日のチリ戦(4-0)ではFIFAコンフェデレーションズカップ2005決勝以来となる得点(2得点)を決め、2年近くにも及んだ連続無得点期間を終わらせた。同年にはコパ・アメリカ2007が開催されたが、疲労のために出場免除を申し出て、ドゥンガ監督はロナウジーニョの大会欠場を許可した。10月にはエクアドルとの親善試合(5-0)を戦ったが、数人の選手たちとリオデジャネイロの高級ナイトクラブでパーティを催し、翌朝11時にナイトクラブを出たが、メディアを避けるために車のトランクに隠れて移動したとされる。この夜遊びが原因でスペイン帰国が遅れたとして、FCバルセロナの試合では先発から外されて議論を呼んだ。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード