72件中 61 - 70件表示
  • ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ

    ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラから見たドゥンガドゥンガ

    2000年、シドニーオリンピックに出場。日韓W杯予選時、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の戦術と噛み合わないとの批判も受けたが、結局は本大会までレギュラーを守った。本大会でも3バックの右としてラインを統率し、ブラジル5度目の優勝に貢献した。準々決勝、イングランド戦では、エミール・ヘスキーからのロングボールをゴール前で対処ミスし、マイケル・オーウェンに先制点を献上したが、ブラジルが逆転した後も集中力は途切れなかった。決勝のドイツ戦では、相手をフェイントで交わしてシュートまで持ち込んだ。ドゥンガ監督に代表のキャプテンに指名され、FIFAコンフェデレーションズカップ2009決勝のアメリカ戦で決勝点を挙げるなど、優勝に貢献した。なお、ルシオは敬虔なクリスチャンとして知られ、このコンフェデレーションズカップには自費で神父を帯同させた。ルシマール・ダ・シウヴァ・フェレイラ フレッシュアイペディアより)

  • ネイマール

    ネイマールから見たドゥンガドゥンガ

    2015年5月5日にブラジル代表としてコパ・アメリカ2015のメンバーに選出された。同年6月14日にグループステージ初戦のペルー戦で1得点1アシストをマークし初戦を勝利したが、同年6月17日のコロンビア戦でドゥンガ体制になって初めて敗れた。その試合後に相手DFパブロ・アルメロに対してボールを蹴りつけ、その後乱闘に発展した。この乱闘により相手FWカルロス・バッカと共にレッドカードを提示され、同年6月19日に南米サッカー連盟(CONMEBOL)は4試合の出場停止処分を下したことを発表した。これによりネイマールのコパ・アメリカ2015が終了した。また2014 FIFAワールドカップで負傷させられたコロンビア代表DFフアン・スニガに対して皮肉コメントを浴びせていた。ネイマール フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見たドゥンガドゥンガ

    ブラジル代表に初招集された際の監督であるドゥンガはフッキを高く評価しており、ロナウドの後継者になりうると評している。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジョアン・ミランダ・デ・ソウザ・フィリョ

    ジョアン・ミランダ・デ・ソウザ・フィリョから見たドゥンガドゥンガ

    2014 FIFAワールドカップでは予備登録メンバーに選ばれたが、チアゴ・シウバやダヴィド・ルイスなどの存在もあって本大会の登録メンバー外となった。2015年にドゥンガが再び監督に就任すると代表に定着し、コパ・アメリカ2015では離脱したネイマールの代わりにキャプテンマークを巻いた。ジョアン・ミランダ・デ・ソウザ・フィリョ フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たドゥンガドゥンガ

    新人時代、ジュビロ磐田で共にプレーしていたドゥンガに言われた「調子に乗るなよ」という言葉を大切にしている。これは、マスコミ・ファンなどは調子が良ければ絶賛し、悪ければ批判するものなので、それに一喜一憂したりして惑わされてはいけない、という意味である。同時期に、試合中に高原のプレーが自己満足じゃないのかと指摘した際には、ドゥンガは「1人でサッカーはするものじゃない。1人でやりたいならコーナーキックも蹴ってくればいい」とコーナーキックを蹴らせたこともある。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ザガロ

    マリオ・ザガロから見たドゥンガドゥンガ

    監督時代には数々の輝かしい実績を残しているが、その守備寄りな戦術ゆえ、攻撃的なサッカーを好むブラジル国内ではしばしば批判の対象となった。しかし1994年、98年のW杯に見られた2人のボランチと両サイドバックが攻守に献身するサッカーは、ボール支配率を重視する現代サッカーを体現するものであり、優勝・準優勝という結果でもってその理念を証明して見せた。彼が重用した守備的なポジションのプレイヤーであるカフー、ロベルト・カルロスといった選手たちは、その後現代を代表する名選手として世界的な名声を手に入れ、また2006年7月から2010年7月まではザガロのチームで長く主将を務めたドゥンガが代表チームを指揮していた。マリオ・ザガロ フレッシュアイペディアより)

  • SCコリンチャンス・パウリスタ

    SCコリンチャンス・パウリスタから見たドゥンガドゥンガ

    世界最大の会計事務所である『デロイト』が2014年1月に公表した統計によると、2012年度のクラブ収入は1億1330万ユーロであり、世界のサッカークラブの中では23位、南米では1位である。ホームスタジアムはワールドカップでも使用されたアレーナ・コリンチャンス。過去に、リベリーノ、ソクラテス、リバウド、ドゥンガ、リカルジーニョ、マルセリーニョ・カリオカ等が同チームでプレーしている。サンパウロ、パルメイラスとの試合は「サンパウロ・ダービー」として注目されている。SCコリンチャンス・パウリスタ フレッシュアイペディアより)

  • 1998 FIFAワールドカップ・決勝

    1998 FIFAワールドカップ・決勝から見たドゥンガドゥンガ

    前半27分、コーナーキックからフランスのMFジネディーヌ・ジダンのヘディングシュートによりフランスが先制。一方で、ロナウドはDFドゥンガの放ったロングボールを受けてシュートするもフランスのGKファビアン・バルテズの激しい寄せに阻まれる。ロナウドとバルテズは激突し気絶、ドクターの治療を必要としたものの、共に再び立ち上がる。その後ブラジルのゲームメーカーである二人のMF、レオナルドとリバウドはフランスの二人のMF、ディディエ・デシャンとクリスティアン・カランブーに完全に封じられることとなる。前半ロスタイムにはジダンがブラジルを突き放す2点目を挙げ、前半は2-0で折り返すこととなる。1998 FIFAワールドカップ・決勝 フレッシュアイペディアより)

  • ロムロ・ソウザ・オレステス・カルデイラ

    ロムロ・ソウザ・オレステス・カルデイラから見たドゥンガドゥンガ

    右サイドバックを主戦場とするが左サイドバックやサイドハーフとしてもプレーができる。両親はイタリア・ナポリ出身であり、そのためイタリアパスポートも所持している。元ブラジル代表監督で選手時代にはACFフィオレンティーナでプレーしたドゥンガは、イタリアのスポーツ紙であるコリエレ・デロ・スポルト紙のインタビューにおいて、「(ロムロは)優れたユーティリティ性と戦術眼を持ち、驚異的な精度のクロスをペナルティエリアに供給し、予測困難なパワフルなシュートを打つプレーヤー。」と特徴を紹介している。元ブラジル代表のマイコンとカフーとの比較においては、「(その2人との比較では)速さと機敏さという意味でカフーの方が似ている。(ロムロは)カフーの後継者の筆頭候補だ。ただしカフーはミランでワールドカップとチャンピオンズリーグを制している、(ロムロが同等のプレーヤーだと)誤解しないで欲しい。」と答えた。ロムロ・ソウザ・オレステス・カルデイラ フレッシュアイペディアより)

  • ミネイロンの惨劇

    ミネイロンの惨劇から見たドゥンガドゥンガ

    ブラジルがホームで連敗したのは1940年以来のことで、敗北を受けてルイス・フェリペ・スコラーリ監督は7月15日に辞任した。1週間後、ブラジルサッカー連盟は2010年まで代表を率いていたドゥンガの監督就任を発表した。ミネイロンの惨劇 フレッシュアイペディアより)

72件中 61 - 70件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード

  • 柴崎とサッカー教室で指導 そこで気になったことを聞いてみた

  • 怪物エムバペに加え強力ボランチ…フランス圧勝も

  • ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回