前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たロビーニョ

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たロナウジーニョ

    パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たロナウド

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たアドリアーノ・レイテ・リベイロ

    パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たカカ (サッカー選手)

    パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たカフー

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たACFフィオレンティーナ

    出身地から近い名門インテルナシオナルでプロデビュー、イタリアに渡りピサ、フィオレンティーナ、ペスカーラで活躍した。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たジュビロ磐田

    フィオレンティーナでは第四の外国人となり、VfBシュトゥットガルトへ放出されプレーした後、1995年から日本のジュビロ磐田でプレー、チームを牽引して、1997年にはJリーグMVPも受賞した。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たエメルソン・フェレイラ・ダ・ローザ

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たカルロス・アルベルト・パレイラ

    カルロス・アルベルト・パレイラの後任として2006年7月にブラジル代表監督に就任、監督およびコーチ経験の無いままセレソンを率いることになった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード

  • 柴崎とサッカー教室で指導 そこで気になったことを聞いてみた

  • 怪物エムバペに加え強力ボランチ…フランス圧勝も

  • ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回