前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たロナウジーニョ

    パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たロビーニョ

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たアドリアーノ・レイテ・リベイロ

    パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。流れるようなパスワークといった芸術性よりも、規律を遵守した組織的な守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たカフー

    監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用した。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集しなかった。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見た福西崇史福西 崇史

    ジュビロ時代のチームメイトだった福西崇史は「今思い出しても、やたらに口うるさいオヤジだった」と発言している。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見た山西尊裕

    山西尊裕がフリーキックを蹴ろうとしたとき、邪魔だと突き飛ばしたことがある。ただドゥンガはインタビューなどでしばしば山西について語り、彼の向上心の強さや真面目さを高く評価している。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たサッカーブラジル代表

    ブラジル代表として1990年、1994年、1998年のワールドカップに出場した。2006年7月から2010年7月まで同国の代表監督を務めた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たジュビロ磐田

    出身地から近い名門インテルナシオナルでプロデビュー、イタリアに渡りピサ、フィオレンティーナ、ペスカラで活躍した。1990年のワールドカップに出場した際には、ブラジルの早期敗退の原因としてGKのクラウディオ・タファレル、監督のセバスティアン・ラザロニなどとともにメディアから厳しく批判された。ドイツのVfBシュトゥットガルトなどでプレーした後、1995年から日本のジュビロ磐田に所属した。円高不況のあおりをうけて大幅な減俸を提示した磐田と金銭面で折り合いが付かず1998年に退団した。その後は古巣インテルナシオナルで1シーズンプレー後に現役を引退した。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見た今野章

    不慣れな右サイドバックに挑戦していた今野章に、ハーフタイム中ポジショニングの講義を始めた映像がサッカー番組でドゥンガを扱う時に頻繁に使用され、一時おなじみとなっていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンガ

    ドゥンガから見たアウダイール

    セレソンでのチームメイトだったアウダイールにも「彼ほどチームのために全てをなげうってプレーできる選手はいない」と評価されていた。ドゥンガ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「ドゥンガ」のニューストピックワード