ドクターヘリ ニュース&Wiki etc.

航空救急(こうくうきゅうきゅう、英:Air rescue, Aeromedical service)とは、航空機を用いた救急活動である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ヘリコプター救急」のつながり調べ

  • RWD-13 (航空機)

    RWD-13 (航空機)から見た航空救急

    基本型のRWD-13は1935年から1939年までに約85機がRWDで製造された。また、1937年には航空救急機タイプのRWD-13Sが開発された。RWD-13Sには機体右舷側にストレッチャー搬入用の大型ハッチが取り付けられていた。また、右舷側の座席を取り外し式にして通常型と救急機型をコンバーチブルにしたRWD-13TS (あるいはRWD-13ST、RWD-13S/Tなどとも表現される) も開発されている。RWD-13SおよびRWD-13TSは計15機ほど製造された。(RWD-13 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • アリカンテ=エルチェ空港

    アリカンテ=エルチェ空港から見た航空救急

    ターミナル2(T2)はターミナル1に隣接しており、2007年1月にオープンした。ターミナル2は51番から64番までの14台のチェックインカウンター、6個の搭乗ゲート、2個の荷物コンベアを持ち、ボーディング・ブリッジは持っていなかった。2011年3月24日に新ターミナルがオープンすると、ターミナル1とともに閉鎖された。ターミナル2はプライベート便、航空救急、小型チャーター便など専用のターミナルとして再オープンする予定だが、再オープンの日時は決定していない。(アリカンテ=エルチェ空港 フレッシュアイペディアより)

「ヘリコプター救急」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ドクターヘリ」のニューストピックワード