前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • 救急ヘリ

    救急ヘリから見たヘリコプター救急航空救急

    救急ヘリ フレッシュアイペディアより)

  • 父島基地

    父島基地から見たヘリコプター救急航空救急

    小笠原諸島の急患搬送や近海の捜索救難業務に使われるUS-1飛行艇の離着水基地として使われるほか、海上自衛隊艦船に対する休養・補給のための基地として使われている。(ただし、父島二見港は水深が浅いため、大型の艦船は、沖合に錨泊し、船積みのポートによる上陸となる)父島基地 フレッシュアイペディアより)

  • 北部地区医師会病院

    北部地区医師会病院から見た航空救急航空救急

    2007年(平成19年)6月 - 救急ヘリ搬送開始/ヘリポート、CSセンター整備、放射線科・検査科病理部門開設北部地区医師会病院 フレッシュアイペディアより)

  • 汎用ヘリコプター

    汎用ヘリコプターから見た航空救急航空救急

    航空救急(MEDEVAC) / 負傷兵後送(CASEVAC)汎用ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • 立川駐屯地

    立川駐屯地から見た航空救急航空救急

    毎年秋頃(9月?11月)には、立川飛行場を共用する東京消防庁航空隊・警視庁航空隊なども参加した「立川防災航空祭」が、立川広域防災基地内の各機関の連携のもと1996年から開催されている。防災意識の高揚を目的としたイベントのため、ヘリコプターを活用した災害救助行動展示(航空救急や空中消火)、機材や車両などの防災装備品の展示、ヘリコプターを主とした航空機の編隊飛行や展示などが行われる。過去には「SKY RESCUE」の通称が付けられていた。立川駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • Shche-2 (航空機)

    Shche-2 (航空機)から見た航空救急航空救急

    Shche-2は16名までの兵員か航空救急仕様では11名の負傷者を搭乗させることができ、×までの大きさの貨物を搭載できた。また、この機体は航空搭乗員や航法士の訓練にも使用することができた。独ソ戦の前線で輸送と連絡任務に広範囲に使用され、目立たなかったが実利ある働きを見せた。Shche-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 救難隊

    救難隊から見た航空救急航空救急

    航空機を使った救難・救助部隊の創設は昭和33年(1958年)と、日本では他にエアーレスキュー(Air Rescue)が存在しない時代から大規模災害、航空機墜落事故、山岳救助、海難救助、航空救難や急患空輸などでも活躍している。救難隊 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ東部地震 (2011年10月)

    トルコ東部地震 (2011年10月)から見た航空救急航空救急

    10月23日から、トルコ政府は災害対応のため、スタッフ1275人、車両174台、医療スタッフ290人、救急車43台、航空救急要員に6台投入した。地元民は救出活動に加わり、素手で参加するものも居た。 生存者や野党の政治家たちは政府の危機管理を批判した。トルコ東部地震 (2011年10月) フレッシュアイペディアより)

  • 消防防災ヘリコプター

    消防防災ヘリコプターから見た航空救急航空救急

    消防防災ヘリコプター(しょうぼうぼうさいヘリコプター)は、消防活動・救急活動を支援するために、政令指定都市の消防局と都道府県、総務省消防庁が保有するヘリコプターである。空中消火や航空救急等に用いられる。消防防災ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • 災害派遣

    災害派遣から見た航空救急航空救急

    急患空輸は災害派遣の中でもっとも頻繁に実施される活動で、平成17年度は892件中609件と約2/3、例年総件数の2/3?3/4がこの種の活動に充てられている。件数の大半が五島列島、南西諸島から九州や沖縄本島、奄美大島など医療機関が整った地域への空輸である参考 西部方面隊。災害派遣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード