1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • 静岡県消防防災航空隊

    静岡県消防防災航空隊から見た航空救急航空救急

    救助活動・救急活動・空中消火活動(要請に基づく 応援活動)静岡県消防防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま赤十字病院

    さいたま赤十字病院から見た航空救急航空救急

    赤十字病院の屋上にはヘリポートを設置し、ドクターヘリや消防防災ヘリコプター等航空救急で運ばれるような特殊な患者に対応し、救命集中治療室(ICU)を増強して、高度救命センターを目指す。また一般病室の個室化の拡大、がん治療能力の拡大が行われる。さいたま赤十字病院 フレッシュアイペディアより)

  • LR-2

    LR-2から見た航空救急航空救急

    機体はベース機のベントラルフィンが大型化したのみで、航空機としての性能はほぼ同等である。LR-1と同じくカメラなどの偵察機材を搭載しており偵察機としての運用が可能である。LR-1で採用された与圧を廃したガンシップ型は大幅な改造が必要なため設定されなかったが、機体が大型化したことで患者空輸用のストレッチャーを搭載するほか、自動体外式除細動器や生体情報モニタを積む余裕もあるなど緊急患者輸送能力が向上した。ただしエアステア式であるため、患者をストレッチャーごと乗降させるにはリフターが必要となる。LR-2 フレッシュアイペディアより)

  • 救難隊

    救難隊から見た航空救急航空救急

    航空機を使った救難・救助部隊の創設は昭和33年(1958年)と、日本では他にエアーレスキュー(Air Rescue)が存在しない時代から大規模災害、航空機墜落事故、山岳救助、海難救助、航空救難や急患空輸などでも活躍している。救難隊 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た航空救急航空救急

    また、小笠原諸島から本土への患者緊急搬送時には、当該基地で海上自衛隊のUH-60Jヘリコプターから海上自衛隊・航空自衛隊または海上保安庁の輸送機へと乗り換え搬送を実施する場合がある。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 東京消防庁航空隊

    東京消防庁航空隊から見た航空救急航空救急

    東京消防庁へのヘリコプター導入以前(昭和30年代初頭)の首都圏や伊豆諸島方面には、ヘリを用いたエアレスキュー隊は近隣の航空自衛隊や海上自衛隊の救難部隊しかなく、その後は1963年(昭和38年)から1969年(昭和44年)まで陸・海・空の三自衛隊で編制されたヘリ救難部隊の「特別救難隊」による救難救助や急患輸送が行なわれていた。1967年(昭和42年)よりは、東京都市圏でのエアレスキュー任務の一翼を担う形で東京消防庁航空隊の運用が開始された。東京消防庁航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 消防防災ヘリコプター

    消防防災ヘリコプターから見た航空救急航空救急

    消防防災ヘリコプター(しょうぼうぼうさいヘリコプター)は、消防活動・救急活動を支援するために、東京消防庁と政令指定都市の消防局、都道府県(都と府を除く)、総務省消防庁が保有するヘリコプターである。空中消火や救助活動・航空救急等に用いられる。消防防災ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • 災害派遣

    災害派遣から見た航空救急航空救急

    急患空輸は災害派遣の中でもっとも頻繁に実施される活動で、平成17年度は892件中609件と約2/3、例年総件数の2/3?3/4がこの種の活動に充てられている。件数の大半が五島列島、南西諸島から九州や沖縄本島、奄美大島など医療機関が整った地域への空輸である(参考 西部方面隊)。災害派遣 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード