187件中 91 - 100件表示
  • 航空救急

    航空救急から見たアメリカ合衆国

    アメリカ合衆国では夜間飛行が全飛行時間中の1/3を占めている。そのため飛行条件が一般的なヘリコプターの飛行条件よりも悪くなりがちであり、事故も多くなる傾向がある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た生命

    しかしながら、生命に危機が迫り緊急を特に要する場合などは、ヘリコプターにより救急搬送することがある。東京消防庁や千葉市などの政令指定都市の消防機関では、自前の消防ヘリを所有しており、これを航空救急業務に当たらせている。消防法施行令第44条(救急隊の編成及び装備の基準)に規定されている。それ以外の多くの地域では、市町村を支援するために都道府県が整備した防災ヘリコプターが出動することもある。防災ヘリは、消防組織法第30条(都道府県の航空消防隊)に規定されている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た医薬品

    救急車と同じく、航空救急に用いられる航空機にも人工呼吸器や心電図モニタ、心肺蘇生装置、ストレッチャー等の救急医療を行うための設備や薬品を搭載されている。これらの設備により、通常の航空機による搬送では行うことができない、航空機内での治療を行うことが可能となった。軍事医療分野やNATOにおいては、航空救急専門の航空機を用いての搬送治療をメディカル・エヴァキュエーション(英:Medical evacuation、通称MEDEVAC)、通常航空機での搬送作業をカジュアルティ・エヴァキュエーション(英:Casualty evacuation、通称CASEVAC)と定義している。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た新宿区

    東京都では、東京消防庁と連携して主に伊豆諸島から24時間体制で消防ヘリ(東京消防庁航空隊)による救急搬送を行っている。東京都立広尾病院(渋谷区)や独立行政法人国立病院機構災害医療センター(立川市)などが医師、看護師の派遣や患者の受け入れを行っている。場合によっては東京都庁舎(新宿区)も使われる。東京都立広尾病院は東京23区内で数少ない平常時にヘリコプター着陸が可能な医療機関であり、病院ヘリポートを使用して重症患者を直接収容している。しかし、夜間の離着陸が不可能であるなど課題も多い。国立成育医療センター(世田谷区)は夜間の離着陸も可能な屋上型病院ヘリポートを有し、母体・新生児・小児に限定しているが24時間体制で重症患者を受け入れている。東京ではこの東京消防庁航空隊の消防ヘリを活用したドクターヘリを東京型ドクターヘリと呼んでいる。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た八戸市立市民病院

    青森県では、2009年3月25日から八戸市立市民病院を基地病院としたドクターヘリ事業が行われていたが、2011年6月1日より青森県立中央病院に移転した。ドクターヘリ事業開始時から八戸市立市民病院配備は暫定的措置とされ、青森県立中央病院の救急救命センターとヘリポートが整備され次第、基地病院が移転することになっていた。しかしながら、八戸市や八戸周辺の自治体を中心に、八戸にもドクターヘリの基地病院を設けるべきだと主張していた。そのため、2011年度は、青森県立中央病院と八戸市立病院で1?2ヶ月交代でドクターヘリ事業を共同分担運航することが決定した。八戸市南郷区の町内会のメンバーで組織する「ドクターヘリ県内2機配備を求める会」は、県に対し、早期に2機目の導入の検討に着手するよう要望した。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た釧路市

    八重山諸島では、石垣航空基地所属機による急患搬送が沖縄県との協定により海上保安庁に任されており、八重山諸島の救急体制の一翼を担っている。北海道の釧路航空基地や函館航空基地では、海上保安庁のヘリのみが拠点を構えているため、奥尻島の急患搬送(函館)以外にも、要請に基づいて釧路市・函館市内の拠点病院からより医療体制が整っている札幌市内の病院まで、海上保安庁機で重症患者を病院間搬送する場合がある(陸上輸送するには遠すぎるため。丘珠空港で救急車に引き継ぎ)。新潟県中越地震などの大災害でも、陸上の急患搬送を行うことがある。一部の航空基地では、救急救命士の資格を持つ隊員が任務に当たっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た社団法人

    また、航行船舶乗組員の救急医療として、1985年(昭和60年)から社団法人日本水難救済会による「洋上救急制度」が開始された。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た船舶に乗り組む衛生管理者

    「洋上救急」とは急患発生時に、無線または衛星電話により衛生管理者が医師の指示を仰ぐ「医療指示」及び、海上保安庁が指定した医師を速やかに患者の下へ派遣し、巡視船内の医務室やヘリ機内で医師による治療をしながら陸上の病院まで搬送する制度である。このシステムがあるのは日本だけである。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た医療機関

    日本においては、消防組織法第1条(消防の任務)と同法第6条(市町村の消防に関する責任)によれば、市町村の消防機関が救急搬送の責務を負っている。(参考)東京消防庁 - 救急業務のはじまりと救急救命士の誕生。消防法第2条9によれば、救急業務とは、災害により生じた事故若しくは屋外若しくは公衆の出入する場所において生じた事故(以下この項において「災害による事故等」という。)又は政令で定める場合における災害による事故等に準ずる事故その他の事由で政令で定めるものによる傷病者のうち、医療機関その他の場所へ緊急に搬送する必要があるものを、救急隊によつて、医療機関(厚生労働省令で定める医療機関をいう。)その他の場所に搬送すること(傷病者が医師の管理下に置かれるまでの間において、緊急やむを得ないものとして、応急の手当を行うことを含む。)をいう。通常は、市町村の消防本部や一部の消防団が救急自動車で救急患者を医療機関まで搬送するのが通例である。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た母島

    小笠原諸島は本土から約1,300km離れており、航続距離1,000km程度の東京消防庁ヘリコプターでは往復することができない。そこで、東京都は海上自衛隊と協定を締結し、海上自衛隊機による急患搬送を行っている。小笠原の父島、母島には飛行場が存在しないため、患者は、US-1飛行艇で直接父島の二見港に入るか、海上自衛隊硫黄島航空基地のヘリコプターによりいったん硫黄島まで搬送される。硫黄島からは、海上自衛隊機(YS-11輸送機やP-3C哨戒機、US-1飛行艇など)に乗り換え、厚木航空基地または羽田空港まで搬送され、待機している救急車に収容されて医療機関へ運ばれる。添乗する医師はほとんどの場合、都内の医療機関から派遣されるため、急患要請を受けると医師は救急車で厚木航空基地へ駆けつけ、自衛隊機で硫黄島へ飛び、現地で患者を収容して再度厚木や羽田へ引き返すという行程である。このため第一報を受けてから、医療機関に患者が収容されるまで最低でも5〜6時間はかかっている。場合によっては、海上自衛隊からの要請を受けて羽田空港の海上保安庁機が硫黄島に向かうこともある。その場合、救急救命士資格を持つ隊員が同乗する。なお、硫黄島には自衛隊医官が駐在しており、本格的な医療設備はないが、応急的な初期治療ができる体制になっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

187件中 91 - 100件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード