212件中 121 - 130件表示
  • 航空救急

    航空救急から見た第2師団 (陸上自衛隊)

    第2飛行隊:旭川(利尻島など)・第15飛行隊:那覇(沖縄本島周辺、大東諸島、奄美群島)など各航空部隊が急患空輸を行う航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た八戸市立市民病院

    青森県では、航空救急基盤が完備されている状態に近かった八戸市立市民病院を基地病院としたドクターヘリ事業が2009年3月25日から暫定的に行われていたが、2011年6月1日から青森県立中央病院との共同運航体制になった。その後2機目の導入が実現し、青森県内全域・北東北を視野に入れての2機相互協力運航体制が2012年10月1日から始まった。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た釧路市

    北海道の釧路航空基地や函館航空基地では海上保安庁のヘリのみが拠点を構えているため、奥尻島の急患搬送(函館)以外にも、要請に基づいて釧路市・函館市内の拠点病院からより医療体制が整っている札幌市内の病院まで、海上保安庁機で重症患者を病院間搬送する場合がある(陸上輸送するには遠すぎるため。丘珠空港で救急車に引き継ぎ)。新潟県中越地震などの大災害でも、陸上の急患搬送を行うことがある。一部の航空基地では、救急救命士の資格を持つ隊員が任務に当たっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た医療機関

    日本においては、消防組織法第1条(消防の任務)と同法第6条(市町村の消防に関する責任)によれば、市町村の消防機関が救急搬送の責務を負っている。(参考)東京消防庁 - 救急業務のはじまりと救急救命士の誕生。消防法第2条9によれば、救急業務とは、災害により生じた事故若しくは屋外若しくは公衆の出入する場所において生じた事故(以下この項において「災害による事故等」という。)又は政令で定める場合における災害による事故等に準ずる事故その他の事由で政令で定めるものによる傷病者のうち、医療機関その他の場所へ緊急に搬送する必要があるものを、救急隊によつて、医療機関(厚生労働省令で定める医療機関をいう。)その他の場所に搬送すること(傷病者が医師の管理下に置かれるまでの間において、緊急やむを得ないものとして、応急の手当を行うことを含む。)をいう。通常は、市町村の消防本部や一部の消防団が救急自動車で救急患者を医療機関まで搬送するのが通例である。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た母島

    小笠原諸島は本土から約1,300km離れており、航続距離1,000km程度の東京消防庁ヘリコプターでは往復することができない。そこで、東京都は海上自衛隊と協定を締結し、海上自衛隊機による急患搬送を行っている。小笠原の父島、母島には飛行場が存在しないため、患者は、US-1飛行艇で直接父島の二見港に入るか、海上自衛隊硫黄島航空基地のヘリコプターによりいったん硫黄島まで搬送される。硫黄島からは、海上自衛隊機(YS-11輸送機やP-3C哨戒機、US-1飛行艇など)に乗り換え、厚木航空基地または羽田空港まで搬送され、待機している救急車に収容されて医療機関へ運ばれる。添乗する医師はほとんどの場合、都内の医療機関から派遣されるため、急患要請を受けると医師は救急車で厚木航空基地へ駆けつけ、自衛隊機で硫黄島へ飛び、現地で患者を収容して再度厚木や羽田へ引き返すという行程である。このため第一報を受けてから、医療機関に患者が収容されるまで最低でも5〜6時間はかかっている。場合によっては、海上自衛隊からの要請を受けて羽田空港の海上保安庁機が硫黄島に向かうこともある。その場合、救急救命士資格を持つ隊員が同乗する。なお、硫黄島には自衛隊医官が駐在しており、本格的な医療設備はないが、応急的な初期治療ができる体制になっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た名古屋市消防局

    ファイル:Eurocopter Dauphin AS365N3 of Nagoya.jpg|名古屋市消防局「なごや」航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た市立釧路総合病院

    北海道では多数傷病者が発生した場合には消防からの出動要請を受けた基地病院が消防の代わりに北海道消防防災ヘリに出動要請をだす仕組みになっている。もし消防防災ヘリが出動できない場合には札幌市消防ヘリや北海道警察ヘリなど他機関ヘリによる出動が可能かを調整し、ヘリが出動する。また運行調整部会の主催でドクターヘリと消防防災ヘリ、札幌市消防ヘリとの連携訓練を18年度以降年1回実施し連携体制の確認を行っている。北海道に新たに道東に配備されたドクターヘリは基地病院は釧路市立釧路総合病院、基幹連携病院は釧路孝仁会記念病院とする共同運航とした。これはヘリポートを備える基地病院の市立釧路総合病院に格納庫がない(冬季の北海道では不可欠)ために格納庫がある釧路孝仁会記念病院を基幹連携病院に位置づけた(運用時間後は同病院の格納庫に格納)。運用の中心は市立釧路総合病院だが釧路孝仁会記念病院が運用する日も設け交替で運用するという方法がとられた。また市立釧路総合病院付近は海霧が発生し運航に支障をきたす場合もありそのような場合は市立釧路総合病院の医師、看護師が霧の影響が少ない釧路孝仁会記念病院に移動して待機することもある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た館山航空基地

    青森県大湊航空基地、千葉県館山航空基地、東京都硫黄島航空基地、長崎県大村航空基地、徳島県徳島航空基地、鹿児島県鹿屋航空基地、山口県岩国航空基地、神奈川県厚木航空基地航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た消防本部

    日本においては、消防組織法第1条(消防の任務)と同法第6条(市町村の消防に関する責任)によれば、市町村の消防機関が救急搬送の責務を負っている。(参考)東京消防庁 - 救急業務のはじまりと救急救命士の誕生。消防法第2条9によれば、救急業務とは、災害により生じた事故若しくは屋外若しくは公衆の出入する場所において生じた事故(以下この項において「災害による事故等」という。)又は政令で定める場合における災害による事故等に準ずる事故その他の事由で政令で定めるものによる傷病者のうち、医療機関その他の場所へ緊急に搬送する必要があるものを、救急隊によつて、医療機関(厚生労働省令で定める医療機関をいう。)その他の場所に搬送すること(傷病者が医師の管理下に置かれるまでの間において、緊急やむを得ないものとして、応急の手当を行うことを含む。)をいう。通常は、市町村の消防本部や一部の消防団が救急自動車で救急患者を医療機関まで搬送するのが通例である。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た警察法

    警察 - 個人の生命、身体及び財産の保護、という観点から救急搬送に協力している。根拠法は、警察法航空救急 フレッシュアイペディアより)

212件中 121 - 130件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード