187件中 41 - 50件表示
  • 航空救急

    航空救急から見た山岳警備隊

    警察は日常的に救急を扱う立場にはないが、山中における山岳警備隊の遭難者救助活動に、警察航空隊のヘリが投入されることが多い。 救助された遭難者を飛行場やヘリポートに搬送して、救急車に引き渡すことが日常的に行われており、ヘリコプター救急が業務の一部として行われている実態がある。また、警察ヘリは全都道府県に1機は必ず配備されているため、消防・防災ヘリが何らかの理由で使用できないときに、消防からの要請により、警察ヘリを使って急患搬送することもある。このような傾向は、特に消防・防災ヘリの配備数が少ない県において顕著である。現在は、ほぼ全県に消防・防災ヘリが配備されているが、以前は、警察ヘリしかなかったため、急患搬送を一手に引き受けていた県が多かった。一部の県では、依然として警察ヘリによる急患搬送の出動数が多く、警邏と並ぶ日常業務のひとつとなっている。当然、地元から寄せられる期待も高い。しかしながら、警察ヘリは主に救命を目的としたものではないため、脊髄損傷が疑われる患者の搬送や、連絡体制についてなお改善の余地がある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た千葉市

    しかしながら、生命に危機が迫り緊急を特に要する場合などは、ヘリコプターにより救急搬送することがある。東京消防庁や千葉市などの政令指定都市の消防機関では、自前の消防ヘリを所有しており、これを航空救急業務に当たらせている。消防法施行令第44条(救急隊の編成及び装備の基準)に規定されている。それ以外の多くの地域では、市町村を支援するために都道府県が整備した防災ヘリコプターが出動することもある。防災ヘリは、消防組織法第30条(都道府県の航空消防隊)に規定されている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た佐渡島

    千歳・函館(奥尻島)・釧路・仙台・羽田・中部国際・関西国際・広島・福岡(壱岐、見島)・美保(隠岐諸島)・新潟(佐渡島、粟島)・鹿児島(トカラ列島など)・那覇・石垣(八重山諸島)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た札幌飛行場

    八重山諸島では、石垣航空基地所属機による急患搬送が沖縄県との協定により海上保安庁に任されており、八重山諸島の救急体制の一翼を担っている。北海道の釧路航空基地や函館航空基地では、海上保安庁のヘリのみが拠点を構えているため、奥尻島の急患搬送(函館)以外にも、要請に基づいて釧路市・函館市内の拠点病院からより医療体制が整っている札幌市内の病院まで、海上保安庁機で重症患者を病院間搬送する場合がある(陸上輸送するには遠すぎるため。丘珠空港で救急車に引き継ぎ)。新潟県中越地震などの大災害でも、陸上の急患搬送を行うことがある。一部の航空基地では、救急救命士の資格を持つ隊員が任務に当たっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た阪神淡路大震災

    総務省消防庁は、1998年(平成10年)に「救急隊の編成及び装備の基準」を改正し、回転翼航空機、すなわちヘリコプターによる救急隊の編成について規定を置いた。1995年(平成7年)の阪神淡路大震災において消防・防災用途のヘリコプターが不足し、災害救助・救急活動に非常に支障を来したことから、以降、各政令指定都市の消防ヘリ・都道府県の防災ヘリ配置が進められていたが、1998年(平成10年)に至ってある程度の消防防災ヘリが配備されたことに伴って、法令整備されたものである。法令では、救急搬送の権限・責務を有するのは市町村消防機関のみであるため、都道府県消防・防災ヘリによって救急搬送するために、各都道府県は管内市町村とヘリ運航協定を締結している。当初は協定のみに基づいて救急搬送が行われていたが、2003年(平成15年)の消防組織法改正において、都道府県も管内市町村長の要請に応じ、航空機を用いて当該市町村の消防を支援できるとする規定(消防組織法第18条の3)が設けられ、消防・防災ヘリによる救急搬送に明確な法的根拠が与えられた。消防庁の指導により、救急救命士の搭乗が望ましいとされている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た東日本大震災

    2006年(平成18年)10月1日、航空自衛隊の医官が指揮するC-1輸送機に「機動衛生ユニット」を搭載して機上医療を行うことを研究する航空機動衛生隊が設立された。初めての実戦投入は東日本大震災で、C130H輸送機に搭載された「機動衛生ユニット」を利用して、被災者の長距離転院に利用された。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た救急

    航空救急(こうくうきゅうきゅう 英:Air rescue / Aeromedical service)とは、航空機を用いた救急活動である。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た丘珠空港

    同会は、北海道医師会や航空会社など70団体で構成されている。2010年9月、小型ジェット機による航空医療搬送が試験的に実施された。搬送例は16例。札幌の丘珠空港を中心に、小型ジェットが離着陸できる道内12カ所の空港を結んで実施された。運航受託会社は中日本航空で、使用機体はサイテーション560。設立当初から『ドクタージェット』として運航されていたが、2009年2月に既に商標登録していたことが判り(登録理由は不明)、2011年11月に『メディカルウイング』に名称変更された航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た救急車

    航空救急では、医療用に特化したヘリコプターや固定翼機等の航空救急用航空機(英:Air ambulance)を使用し、救急医療が必要な状況や長距離輸送を行わなければならない状況、また救急車や救急隊員が地上から近づくことが困難な状況にある傷病者を、地上で待機している救急車もしくは病院まで搬送することを主な目的としている。場合によっては、行方不明者の捜索等を行うこともある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た西日本空輸

    トカラ列島以北においては、鹿児島県消防防災ヘリによるドクターヘリ的運航が行われている。消防防災ヘリだけで対応できない場合、海上自衛隊鹿屋航空基地所属ヘリ・海上保安庁鹿児島航空基地所属ヘリ・鹿児島県警察航空隊の応援を得ることが多い。特に、海上自衛隊機は能力が優れているため、遠隔地でヘリポートの設備が貧弱な離島への出動回数が多く、搬送人数は2000人を越え、大村航空基地と並んで、急患搬送の出動数が多い海上自衛隊航空基地である。2011年12月26日からは鹿児島県が主体となり鹿児島市立病院と鹿児島国際航空、西日本空輸などが協力した鹿児島ドクターヘリ運航業務共同企業体に運航委託するドクターヘリの運用を開始したが、運用主体となる鹿児島市立病院が老朽化などにより近年建て替える計画があり、それまでは昼間待機している鹿児島市立病院から10分程度かかる浜町ヘリポートへ医師が急行して出動となるため、時間的損失が生じるが県は対策として、ヘリの出動要請は通常、現着の救急隊及び消防隊からの要請による出動になるが鹿児島では救急通報内にある切迫したドクターヘリの出動が必要な「キーワード」による出動要請を行う「キーワード方式」を採用している。因みに浜町ヘリポートは昼間待機のみで午前8時30分から日没まで以外は鹿児島空港に機材と運航要員が帰投する運用を組んでいる。また有視界での運用になるため天候不良時も運用されない。このような運用により鹿児島のドクターヘリは運用開始からの一ヶ月の運用実績は53件で通報から出動要請までの時間は平均8分弱で全国平均の半分近く(2010年度/約15分)の実績となった。航空救急 フレッシュアイペディアより)

187件中 41 - 50件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード