212件中 71 - 80件表示
  • 航空救急

    航空救急から見た沖縄本島

    第2飛行隊:旭川(利尻島など)・第15飛行隊:那覇(沖縄本島周辺、大東諸島、奄美群島)など各航空部隊が急患空輸を行う航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た東京消防庁航空隊

    東京都では、東京消防庁と連携して主に伊豆諸島から24時間体制で消防ヘリ(東京消防庁航空隊)による救急搬送を行っている。東京都立広尾病院(渋谷区)や国立病院機構災害医療センター(立川市)などが医師、看護師の派遣や患者の受け入れを行っている。場合によっては東京都庁舎(新宿区)も使われる。東京都立広尾病院は東京23区内で数少ない平常時にヘリコプター着陸が可能な医療機関であり、病院ヘリポートを使用して重症患者を直接収容している。しかし、夜間の離着陸が不可能であるなど課題も多い。国立成育医療センター(世田谷区)は夜間の離着陸も可能な屋上型病院ヘリポートを有し、母体・新生児・小児に限定しているが24時間体制で重症患者を受け入れている。東京ではこの東京消防庁航空隊の消防ヘリを活用したドクターヘリを東京型ドクターヘリと呼んでいる。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た新潟県消防防災航空隊

    ファイル:Niigata Air Rescue Sikorsky S-76B JA6747.JPG|新潟県消防防災航空隊「はくちょう」航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た奥尻島

    北海道の釧路航空基地や函館航空基地では海上保安庁のヘリのみが拠点を構えているため、奥尻島の急患搬送(函館)以外にも、要請に基づいて釧路市・函館市内の拠点病院からより医療体制が整っている札幌市内の病院まで、海上保安庁機で重症患者を病院間搬送する場合がある(陸上輸送するには遠すぎるため。丘珠空港で救急車に引き継ぎ)。新潟県中越地震などの大災害でも、陸上の急患搬送を行うことがある。一部の航空基地では、救急救命士の資格を持つ隊員が任務に当たっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た航空自衛隊

    航空自衛隊、海上自衛隊、陸上自衛隊のヘリや固定翼機による救急は、手続き上面倒であるため、陸上では決して日常的なものではないが、防災ヘリに比べて能力が優れている軍用機であるため、気象条件が厳しく、ヘリポートに夜間照明がない等、ヘリコプター救急体制が不安がある離島については、日常的に各自衛隊による急患搬送が行われている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た海上保安庁法

    海上保安庁 - 根拠法は海上保安庁法。第十一管区海上保安本部長と沖縄県知事は急患搬送等の申し合わせを行っている(沖縄県内における急患輸送等の救援に関する申し合わせ)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た鹿児島市立病院

    鹿児島県は離島が多く、県土は南北600kmに及ぶ。そのため、他県に比べてヘリコプター救急の必要性が高い。また県内のヘリコプター救急体制は、おおよそトカラ列島以北と奄美群島と言う2つの系統に分けられている。それに即した形で、鹿児島市立病院導入済み、奄美群島の県立大島病院でドクターヘリ導入が2016年より予定されている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たC-1 (輸送機)

    隠岐諸島では、航空自衛隊第3輸送航空隊のC-1輸送機を使用した、救急車ごと搬送するという変わった急患搬送が行われることがある。急患搬送に当たっては、自衛隊基地や公共ヘリポートで救急車に引き継がれる。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たユーロコプター EC 145

    ファイル:EC_135.jpg|ユーロコプター EC 145型機航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た航空機

    航空救急(こうくうきゅうきゅう、英:Air rescue, Aeromedical service)とは、航空機を用いた救急活動である。航空救急 フレッシュアイペディアより)

212件中 71 - 80件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード