187件中 71 - 80件表示
  • 航空救急

    航空救急から見た海上保安庁法

    海上保安庁 - 根拠法は海上保安庁法。第十一管区海上保安本部長と沖縄県知事は急患搬送等の申し合わせを行っている(沖縄県内における急患輸送等の救援に関する申し合わせ)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た青森県立中央病院

    青森県では、2009年3月25日から八戸市立市民病院を基地病院としたドクターヘリ事業が行われていたが、2011年6月1日より青森県立中央病院に移転した。ドクターヘリ事業開始時から八戸市立市民病院配備は暫定的措置とされ、青森県立中央病院の救急救命センターとヘリポートが整備され次第、基地病院が移転することになっていた。しかしながら、八戸市や八戸周辺の自治体を中心に、八戸にもドクターヘリの基地病院を設けるべきだと主張していた。そのため、2011年度は、青森県立中央病院と八戸市立病院で1?2ヶ月交代でドクターヘリ事業を共同分担運航することが決定した。八戸市南郷区の町内会のメンバーで組織する「ドクターヘリ県内2機配備を求める会」は、県に対し、早期に2機目の導入の検討に着手するよう要望した。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た鹿児島市立病院

    鹿児島県は離島が多く、県土は南北600kmに及ぶ。そのため、他県に比べてヘリコプター救急の必要性が高い。また県内のヘリコプター救急体制は、おおよそトカラ列島以北と奄美群島と言う2つの系統に分けられている。それに即した形で、鹿児島市立病院と、奄美群島の県立大島病院の2院でドクターヘリ導入が予定されている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たMU-2

    LR-1、LR-2(陸上自衛隊)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たセスナ・サイテーション

    同会は、北海道医師会や航空会社など70団体で構成されている。2010年9月、小型ジェット機による航空医療搬送が試験的に実施された。搬送例は16例。札幌の丘珠空港を中心に、小型ジェットが離着陸できる道内12カ所の空港を結んで実施された。運航受託会社は中日本航空で、使用機体はサイテーション560。設立当初から『ドクタージェット』として運航されていたが、2009年2月に既に商標登録していたことが判り(登録理由は不明)、2011年11月に『メディカルウイング』に名称変更された航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たユーロコプター EC 145

    ファイル:EC_135.jpg|ユーロコプター EC 145型機航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たC-1輸送機

    2006年(平成18年)10月1日、航空自衛隊の医官が指揮するC-1輸送機に「機動衛生ユニット」を搭載して機上医療を行うことを研究する航空機動衛生隊が設立された。初めての実戦投入は東日本大震災で、C130H輸送機に搭載された「機動衛生ユニット」を利用して、被災者の長距離転院に利用された。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た固定翼機

    航空救急では、医療用に特化したヘリコプターや固定翼機等の航空救急用航空機(英:Air ambulance)を使用し、救急医療が必要な状況や長距離輸送を行わなければならない状況、また救急車や救急隊員が地上から近づくことが困難な状況にある傷病者を、地上で待機している救急車もしくは病院まで搬送することを主な目的としている。場合によっては、行方不明者の捜索等を行うこともある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たドルニエ 328

    ファイル:ADAC Dornier 328-300 D-BADA.jpg|ドルニエ 328-300型機航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たC-1 (輸送機)

    航空自衛隊、海上自衛隊、陸上自衛隊のヘリや固定翼機による救急は、手続き上面倒であるため、陸上では決して日常的なものではないが、防災ヘリに比べて能力が優れている軍用機であるため、気象条件が厳しく、ヘリポートに夜間照明がない等、ヘリコプター救急体制が不安がある離島については、日常的に各自衛隊による急患搬送が行われている。特に沖縄県(沖縄本島周辺)では、各自衛隊ヘリ・固定翼機による救急搬送が、防災ヘリがない沖縄県から自衛隊に全面的に任されており、沖縄県の救急体制にとって不可欠の存在になっている。小笠原諸島では、硫黄島航空基地を経由した、海自救難飛行隊UH-60Jヘリと輸送機とのリレー搬送や、厚木航空基地に派遣されている岩国第71航空隊(救難待機)のUS-2やUS-1A飛行艇による急患搬送が行われている。隠岐諸島では、航空自衛隊第3輸送航空隊のC-1輸送機を使用した、救急車ごと搬送するという変わった急患搬送が行われることがある。急患搬送に当たっては、自衛隊基地や公共ヘリポートで救急車に引き継がれる。海自救難飛行隊や空自航空救難団の救難隊といった救難専門部隊では、救急救命士、准看護師(MEDIC)資格を持った救難員(空自)、機上救護員(海自)が搭乗する。付き添いの医師も便乗することがある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

187件中 71 - 80件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード