212件中 81 - 90件表示
  • 航空救急

    航空救急から見たMU-2

    LR-1、LR-2(陸上自衛隊)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たC-1輸送機

    2006年(平成18年)10月1日、航空自衛隊の医官が指揮するC-1輸送機に「機動衛生ユニット」を搭載して機上医療を行うことを研究する航空機動衛生隊が設立された。初めての実戦投入は東日本大震災で、C130H輸送機に搭載された「機動衛生ユニット」を利用して、被災者の長距離転院に利用された。航空機動衛生隊は、常時容態観察が必要な重篤患者の病院間輸送でも活用されている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た固定翼機

    航空救急では、医療用に特化したヘリコプターや固定翼機等の航空救急用航空機(英:Air ambulance)を使用し、救急医療が必要な状況や長距離輸送を行わなければならない状況、また救急車や救急隊員が地上から近づくことが困難な状況にある傷病者を、地上で待機している救急車もしくは病院まで搬送することを主な目的としている。場合によっては、行方不明者の捜索等を行うこともある。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たセスナ サイテーション

    同会は、北海道医師会や航空会社など70団体で構成されている。2010年9月、小型ジェット機による航空医療搬送が試験的に実施された。搬送例は16例。札幌市の丘珠空港を中心に、小型ジェットが離着陸できる道内12カ所の空港を結んで実施された。運航受託会社は中日本航空で、使用機体はサイテーション560。設立当初から『ドクタージェット』として運航されていたが、2009年2月に既に商標登録していたことが判り(登録理由は不明)、2011年11月に『メディカルウイング』に名称変更された航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見たドルニエ 328

    ファイル:ADAC Dornier 328-300 D-BADA.jpg|ドルニエ 328-300型機航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た北海道

    北海道の釧路航空基地や函館航空基地では海上保安庁のヘリのみが拠点を構えているため、奥尻島の急患搬送(函館)以外にも、要請に基づいて釧路市・函館市内の拠点病院からより医療体制が整っている札幌市内の病院まで、海上保安庁機で重症患者を病院間搬送する場合がある(陸上輸送するには遠すぎるため。丘珠空港で救急車に引き継ぎ)。新潟県中越地震などの大災害でも、陸上の急患搬送を行うことがある。一部の航空基地では、救急救命士の資格を持つ隊員が任務に当たっている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た埼玉県

    埼玉県は、2005年(平成17年)8月1日より県の防災ヘリで救急医療を実施してきたが、出動要請を受けた埼玉医科大学総合医療センター(川越市)の医療スタッフが、川島町の県防災航空センターに待機する防災ヘリに駆け付け離陸するまでに約25分を要することや、大型のヘリのため着陸できる場所が限られるなどの理由で、これまでの出動件数はわずかに37件であったため、2007年(平成19年)10月26日に、ドクターヘリ導入に踏み切った。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た見島

    千歳・函館(奥尻島)・釧路・仙台・羽田・中部国際・関西国際・広島・福岡(壱岐、見島)・美保(隠岐諸島)・新潟(佐渡島、粟島)・鹿児島(トカラ列島など)・那覇・石垣(八重山諸島)航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た生命

    しかしながら、生命に危機が迫り緊急を特に要する場合などは、消防防災ヘリコプター等により救急搬送することがある。東京消防庁や千葉市などの政令指定都市の消防機関では、自前の消防ヘリコプターを所有しており、これを航空救急業務に当たらせている。消防法施行令第44条(救急隊の編成及び装備の基準)に規定されている。それ以外の多くの地域では、市町村を支援するために都道府県が整備した防災ヘリコプターが出動することもある。防災ヘリは、消防組織法第30条(都道府県の航空消防隊)に規定されている。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た医薬品

    救急車と同じく、航空救急に用いられる航空機にも人工呼吸器や心電図モニタ、心肺蘇生装置、ストレッチャー等の救急医療を行うための設備や薬品を搭載されている。これらの設備により、通常の航空機による搬送では行うことができない、航空機内での治療を行うことが可能となった。軍事医療分野やNATOにおいては、航空救急専門の航空機を用いての搬送治療をメディカル・エヴァキュエーション(英:Medical evacuation、通称MEDEVAC)、通常航空機での搬送作業をカジュアルティ・エヴァキュエーション(英:Casualty evacuation、通称CASEVAC)と定義している。航空救急 フレッシュアイペディアより)

212件中 81 - 90件表示

「ドクターヘリ」のニューストピックワード