前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
233件中 1 - 10件表示
  • 長谷川博一

    長谷川博一から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    長谷川 博一(はせがわ ひろかず、1959年(昭和34年)5月10日 - )は、東海学院大学および同大学院(岐阜県各務原市)の元教授で、臨床心理学全般、とくに心理療法、犯罪臨床心理学(心理鑑定)、児童虐待、ドメスティックバイオレンス、家族病理、自殺・自傷行為、不登校・ひきこもり、いじめ、発達障がい、メンタルフレンド等の専門家である。2008年まで同大学院附属の心理臨床センター長を務めた。臨床心理士。長谷川博一 フレッシュアイペディアより)

  • カラフル・パレット

    カラフル・パレットから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    科の新刊コンパで渋谷勝と知り合う。そんな中同じ大学の竹本と付き合うが、DVが元で別れる。その後、勝と付き合う。カラフル・パレット フレッシュアイペディアより)

  • 小早川伸木の恋

    小早川伸木の恋から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    看護師長。美村の長年に渡る愛人で伸木の理解者。過去に夫のドメスティックバイオレンスが原因で別居をした。しかし離婚裁判前からの美村との不倫関係を裁判の場で告発され敗訴となり、二人の子どもの親権はおろか養育権すら得られず、子どもとは面会も許されない生活を送っていた。さらに美村からの一方的な関係解消を突きつけられ、追い討ちを掛けられるように胃がんが悪化するが、美村の考えにそむいてまで命を救ってくれた伸木の窮状を救うため、そして美村への復讐を果たすため、美村の過去の汚職を警察に告発する。小早川伸木の恋 フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ小説

    ケータイ小説から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    特にリアル系ケータイ小説では悲劇的な出来事が矢継ぎ早に主人公の少女に襲い掛かるものが多い。その悲劇的な出来事として、ゲームクリエイターの米光一成は「いじめ、裏切り、レイプ(輪姦)、妊娠、流産、薬物、病気、恋人の死、自殺未遂、リストカット」を挙げている。本田透は、リアル系ケータイ小説でしばしば題材として描かれる売春(援助交際)・レイプ・妊娠・薬物・不治の病(エイズや癌)・自殺・真実の愛の7つをケータイ小説七つの大罪と呼んでいる。実際、ケータイ小説がヒットするきっかけとなったYoshiの『Deep Love』では、これらの大罪全てが描かれている。「七つの大罪」について、ライターの速水健朗はこれら大罪の中に明らかにDV(デートDV)が漏れていると指摘し、援助交際・妊娠・薬物・不治の病よりもDVのほうがケータイ小説には頻繁に登場しており、例えば『恋空』や『赤い糸』の主人公と恋人の間の関係にデートDVの構造が見て取れると述べている。エッセイストの杉浦由美子もケータイ小説・少女漫画などのギャル層が好むコンテンツにDV描写が多いことを指摘している。書評家の豊崎由美はケータイ小説における『1年間ほどにおける一人称語りのヒロインの恋愛、失恋、性交、妊娠、レイプ、DV、中絶、自殺未遂(リストカット)、不治の病、動物、死』という詰め込み展開のパターンをコンデンスライフ(濃縮人生)と批判的に呼んでいる。社会学者の大澤真幸は、ケータイ小説における羅列的に連続する悲劇を、これが現実なんだとリアルさを実感させるものという意味で「現実」と表現し、従来の「現実から逃げる」という形での現実逃避ではなく「想像された「現実」へ逃げる」という形での新しい現実逃避が起こっているのだとみている。また、これらの悲劇は哲学者のカトリー・マラブーが提唱した「新しい傷」に相当するものともいえると指摘し、物語的想像力を失った現代を象徴する現象の1つとみている。現代社会の負の側面を映し出すような壮絶な事件の連続の最後にはヒロインが真実の愛に目覚めて救済されることによって物語を終えることが多く、ケータイ小説は映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や韓国ドラマ『冬のソナタ』のヒットに代表される「純愛ブーム」のひとつ(純愛小説)であるとも考えられる。ケータイ小説 フレッシュアイペディアより)

  • 小川敏夫

    小川敏夫から見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    しかし、この離婚の原因は、小川敏夫によるDVが原因であると報知新聞によって報道された。しかし小川側が事実無根であると民事訴訟を起こし、東京地裁、東京高裁の両判決により記事による名誉棄損を認め、報知新聞側は記事の取り消し・謝罪広告の掲載および慰謝料の支払いを命じられている。小川敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • ラスト・フレンズ

    ラスト・フレンズから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    昨今、社会問題化しているDVやセックス恐怖症、性同一性障害などのさまざまな問題を真正面から捉えた作品。様々な悩みを抱えた者たちが、温もりを求めてシェアハウスに集まり、他者との共同生活を通して、人と人との関わりの難しさと大切さを学ぶことで悩みを乗り越え、自分らしく前向きに日々を懸命に生きていく姿をリアルに描く青春世代の人間模様が描かれている。ラスト・フレンズ フレッシュアイペディアより)

  • 穂花

    穂花から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    穂花によると、当時母親は多額の借金を抱えていた上に男性関係が激しく、消費者金融の取り立て屋とも交際していた。この人物はしばしば穂花の目の前で母親に暴力を振るい、穂花に「髪の毛を引っぱって、怒鳴り散らす姿を見ても、男の人はそれが普通なんだ」と認識させることになる(ちなみに穂花自身、AVデビュー後に「意志とは裏腹に」交際したマネージャーから激しいドメスティックバイオレンスを受けることになる。)。結局、この人物との交際が原因となって母親は祖父から絶縁された。穂花は母親に引き取られることになり、児童福祉施設に預けられた。「自分だけを見てくれる親も保護者もいない」生活を送る中で穂花は、「自我を通すよりも、自分の『居場所』を作るために、大人たちの顔色をうかがうこと」、「自分を守る手段」として「提示された環境がどんなことであろうとも順応していくこと」を身に着けたという。穂花 フレッシュアイペディアより)

  • ダメおやじ

    ダメおやじから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    近年の日本では、親父は単なる家庭の男の側に過ぎない。このため、ドメスティックバイオレンスでは、女性に男性が虐待されているケースも見られる。しかし同作品が発表された1970年代には、まだ「親父の威厳」が存在しており、本作品では敢えてこれを徹底的に扱き下ろすことで、実際にはありえないダメダメっぷりを描くというギャグが成立していた。ダメおやじ フレッシュアイペディアより)

  • 片親引き離し症候群

    片親引き離し症候群から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    PASは診断学上の症候群の概念には該当していない。これについては、ガードナーとケリー&ジョンストンの間で激しい論争があった。しかしケリー&ジョンストンとて監護親による悪意のプログラミングを完全に否定したわけではなく、「疎外された子供」の定義から評価することを提唱し、子どもが他方の親との接触に抵抗を示すケースの全てを、悪意のプログラミングによる片親引き離し症候群と考えるのは単純であると批判し、診断学上のシンドローム(症候群)に該当しないと批判したのである。児童虐待やドメスティックバイオレンス(DV)も、初期には”Battered Child Syndrome”や“Battered Women's Syndrome”という呼び方がされていたが、やはりシンドロームではないということで今では使われていない。しかしこれは、(当然ながら)児童虐待やDVを否定するものではない。2008年にアメリカ医学会は、PASという診断名はDSM-IV診断基準(精神病の鑑別基準)には採用しないと発言している。結論としてはシンドロームという部分ではケリー&ジョンストンたちの主張が認められたが、親が不当に疎外されている(PA)、子どもが片親から不当に疎外されている(AC)現象については肯定され、その一因として片親による悪意のコーチングやプログラミングも否定されていないということであり、片親疎外をPASという用語、シンドロームという概念で評価することは不適切であるということに過ぎない。正確な用語表記としてはPA=Parental Alienation(片親疎外)と表記するべきであろう。片親引き離し症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 純情きらり

    純情きらりから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    桜子の姉、有森家次女。道徳心が強く、困っている者を放っておけない心優しい性格の持ち主で、自分を犠牲にしてまで家族の事を最優先に考える傾向がある。桜子と勇太郎を進学させるために河原亮一と見合い結婚するも、夫の暴力(現在で言うDV)が原因で離婚。その後、産婆になり、さらに看護の道に進む。東京の病院で働いていた頃に、鈴村浩樹と孤児の幸に出会い、浩樹と再婚する。産婆の資格を持ちながら、なぜかすぐ近くで暮らしている姉・笛子の出産には立ち会えなかった。純情きらり フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
233件中 1 - 10件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード