前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
506件中 1 - 10件表示
  • 女性護身術

    女性護身術から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    女性護身術(じょせいごしんじゅつ、)とは、主に欧米のフェミニスト達によって開発された女性と子供向けの護身術で、強姦、ドメスティックバイオレンス、性的虐待などの暴力に対抗することを目的としている。女性護身術 フレッシュアイペディアより)

  • ラスト・フレンズ

    ラスト・フレンズから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    昨今、社会問題化しているDVやセックス恐怖症、性同一性障害などのさまざまな問題を真正面から捉えた作品。様々な悩みを抱えた者たちが、温もりを求めてシェアハウスに集まり、他者との共同生活を通して、人と人との関わりの難しさと大切さを学ぶことで悩みを乗り越え、自分らしく前向きに日々を懸命に生きていく姿をリアルに描く青春世代の人間模様が描かれている。ラスト・フレンズ フレッシュアイペディアより)

  • 少女ファイト

    少女ファイトから見た家庭内暴力ドメスティックバイオレンス

    沙羅と千石雲海は幼少時から犬神家内にて3人でバレーをしている幼馴染で、2人に対しては特別な感情と感謝の気持ちを持っている。海羅・沙羅親子を家庭内暴力で苦しめた沙羅の父(槌家)を倒すことが幼少時からの目標になっており、彼が監督を務める朱雀高校バレー部との対戦では強い執着心をみせる。少女ファイト フレッシュアイペディアより)

  • 1Q84

    1Q84から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    スポーツインストラクターの青豆は、老婦人・緒方の考えに共鳴して、女性をDVで苦しめる男たちを暗殺する仕事を引き受ける。彼女は人間の身体の微妙な部分を捉える優れた能力をもっており、首の後ろのあるポイントに細い針を突き刺すことで、心臓発作に酷似した状況で人間を殺害することができる。青豆がそのような殺人行為をするようになった背景には、無二の親友を自死で失った過去が関係している。しかし、1984年4月にその仕事のひとつをやり終えたあたりから、青豆は自分がそれまでの現実とは微妙に異なった世界「1Q84年」に入り込んでいるらしいことに気づく。1Q84 フレッシュアイペディアより)

  • 小早川伸木の恋

    小早川伸木の恋から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    看護師長。美村の長年に渡る愛人で伸木の理解者。過去に夫のドメスティックバイオレンスが原因で別居をした。しかし離婚裁判前からの美村との不倫関係を裁判の場で告発され敗訴となり、二人の子供の親権はおろか養育権すら得られず、子供とは面会も許されない生活を送っていた。さらに美村からの一方的な関係解消を突きつけられ、追い討ちを掛けられるように胃がんが悪化するが、美村の考えにそむいてまで命を救ってくれた伸木の窮状を救うため、そして美村への復讐を果たすため、美村の過去の汚職を警察に告発する。小早川伸木の恋 フレッシュアイペディアより)

  • 医師たちの恋愛事情

    医師たちの恋愛事情から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    春樹の元カノ。貴也からDVを振るわれている。医師たちの恋愛事情 フレッシュアイペディアより)

  • 家族狩り (テレビドラマ)

    家族狩り (テレビドラマ)から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    東京都内で連続して起きる凄惨な一家心中事件とそれに関わる児童心理司、事件を殺人とみなし彼女を容疑者として追う刑事と、彼女とともに事件に巻き込まれてゆく教師を中心に、それぞれの家族との葛藤や、児童虐待やDVなどの家族問題を描くサスペンスドラマ。家族狩り (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 3年B組金八先生

    3年B組金八先生から見た家庭内暴力ドメスティックバイオレンス

    兼末健次郎の兄。東京大学に一発で合格できる程の秀才であるが、元々人付き合いが苦手だったこともあり、入学後人間関係に悩み始める。アメリカ留学を勧める母とそれに反対する姉の板挟みに耐えかね、部屋にひきこもり家庭内暴力を振るうようになる。その後は深夜になると度々家を抜け出して町を徘徊しており、大森からは「怪物」と呼ばれて追われていた。金八、道政家も夜道で遭遇しているが、当初は正体に気付かなかった。また2年以上も自室に閉じこもって偏った食生活をしていたため、過食症になっていたほか、満腹亭の常連客だった。周囲にはアメリカに留学したことになっていたが、大森から逃げる際に彼と共に道政の車にはねられたことで嘘がばれてしまう。それからは家を出て一人暮らしを始めようとするも、息子を手放したくない母と揉みあいになり、止めに入った健次郎が麻美を刺してしまう結果となってしまう。その後家族と和解し、新聞配達のアルバイトをしながら、フリースクール「風」を手伝うことになる。引きこもっていた頃は暴力的な性格だったが、根は弟思いの優しい性格であり、友人との確執で悩む健次郎を励ましたりした他、フリースクールの子供たちからも慕われていた。第6シリーズでも「風」の手伝いは続けており、成迫が悪質な出版社を相手に訴訟を起こす際に、自身の体験を成迫に話し、服部たちと共に彼を応援する。3年B組金八先生 フレッシュアイペディアより)

  • ケータイ小説

    ケータイ小説から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    特にリアル系ケータイ小説では悲劇的な出来事が矢継ぎ早に主人公の少女に襲い掛かるものが多い。その悲劇的な出来事として、ゲームクリエイターの米光一成は「いじめ、裏切り、レイプ(輪姦)、妊娠、流産、薬物、病気、恋人の死、自殺未遂、リストカット」を挙げている。本田透は、リアル系ケータイ小説でしばしば題材として描かれる売春(援助交際)・レイプ・妊娠・薬物・不治の病(エイズや癌)・自殺・真実の愛の7つを「ケータイ小説七つの大罪」と呼んでいる。実際、ケータイ小説がヒットするきっかけとなったYoshiの『Deep Love』では、これらの大罪全てが描かれている。「七つの大罪」について、ライターの速水健朗はこれら大罪の中に明らかにDV(デートDV)が漏れていると指摘し、援助交際・妊娠・薬物・不治の病よりもDVのほうがケータイ小説には頻繁に登場しており、例えば『恋空』や『赤い糸』の主人公と恋人の間の関係にデートDVの構造が見て取れると述べている。エッセイストの杉浦由美子もケータイ小説・少女漫画などのギャル層が好むコンテンツにDV描写が多いことを指摘している。書評家の豊崎由美はケータイ小説における『1年間ほどにおける一人称語りのヒロインの恋愛、失恋、性交、妊娠、レイプ、DV、中絶、自殺未遂(リストカット)、不治の病、動物、死』という詰め込み展開のパターンをコンデンスライフ(濃縮人生)と批判的に呼んでいる。社会学者の大澤真幸は、ケータイ小説における羅列的に連続する悲劇を、これが現実なんだとリアルさを実感させるものという意味で「現実」と表現し、従来の「現実から逃げる」という形での現実逃避ではなく「想像された「現実」へ逃げる」という形での新しい現実逃避が起こっているのだとみている。また、これらの悲劇は哲学者のカトリー・マラブーが提唱した「新しい傷」に相当するものともいえると指摘し、物語的想像力を失った現代を象徴する現象の1つとみている。現代社会の負の側面を映し出すような壮絶な事件の連続の最後にはヒロインが真実の愛に目覚めて救済されることによって物語を終えることが多く、ケータイ小説は映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や韓国ドラマ『冬のソナタ』のヒットに代表される「純愛ブーム」のひとつ(純愛小説)であるとも考えられる。ケータイ小説 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力

    暴力から見た家庭内暴力ドメスティックバイオレンス

    しかし、世界的には自己防衛のための合法的暴力や死刑制度など象徴としての暴力を法制度として許容している国家が存在し、家庭内暴力や体罰を家庭の支配や教育の正当な方法として支持する社会が存在している。暴力 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
506件中 1 - 10件表示