233件中 91 - 100件表示
  • 嫌がらせ

    嫌がらせから見た配偶者による暴力ドメスティックバイオレンス

    配偶者同士で一方から他方への嫌がらせも存在する。物理的な暴行や傷害、無視やその他の言葉や態度での精神的な嫌がらせのどちらもがドメスティック・バイオレンス(DV)である。嫌がらせ フレッシュアイペディアより)

  • 泣かないと決めた日

    泣かないと決めた日から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    夫と息子の3人家族で、結婚後も夫婦で共働きをしている。体にDVによる傷や痣があるが、その理由は偶然知った美樹以外の同僚には明かしていない。家庭と仕事を両立させて残業も極力避けたいと思っているが、それを美樹が足を引っ張るせいだとして辛く当たっていた。後に新商品フェアの社内コンペで採用された美樹の企画と頑張りを認め、千秋、早苗と共に協力する。その後、夫とは正式に離婚。自ら志願し西島の教育係になった。泣かないと決めた日 フレッシュアイペディアより)

  • 宮地尚子

    宮地尚子から見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    『医療現場におけるDV被害者への対応ハンドブック 医師および医療関係者のために』編著 明石書店 2008宮地尚子 フレッシュアイペディアより)

  • 家庭内暴力

    家庭内暴力から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    以前は親が子に対して振るう暴力は「しつけ」「体罰」とされ、正当なものと考えられていた。夫が妻に振るう暴力は多くの場合「夫婦喧嘩」(あるいは痴話喧嘩)ととらえられる傾向も強く、家庭内暴力といえば子供(特に男子)が身体的成長後に親へ振るう暴力をさした。近年はパートナー(配偶者、恋人、内縁など)への暴力は英語から引用した(英語で家庭内暴力の意味である)ドメスティックバイオレンス(DV)で表現されている(これが夫が妻に振るう暴力に限定されることが多いのは、この手の暴力が英語圏の家庭内暴力で特に顕著であったからである)。このような認識の変遷を受けて、学術的に「家庭内暴力」とは家庭内で起こるすべての暴力行為を指すようになっている。さらに場合によっては、単に身体的暴行に限らず、暴言、支配、恫喝、ストーキング行為などの加害を含む概念で、しばしば性的な暴力、レイプを含む場合もある。家庭内暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 凍牌

    凍牌から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    かつては関の組織が取り仕切る裏DVD等の商品として、まっちゃんに飼われていた。その頃はまっちゃんの性格から日常的に暴力を振るわれていたため、幼いながら「生きる」ことに非常にシビアな考え方を持つ。同じ商品の少女達は皆諦めきって監視が甘い時でも逃げ出そうというそぶりすら見せなかったのに対し、唯一希望を捨てずに常に良い飼い主を探しており、ケイと初めて会った時からその瞳は希望に満ちていた。ケイとまっちゃんの勝負の途中にも、まっちゃんに殴られることを覚悟の上でタガログ語の通しに関するヒントを口にしてケイに教え、ケイの勝利のきっかけを作る。凍牌 フレッシュアイペディアより)

  • プリズンホテル

    プリズンホテルから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    前述の通り子供がそのまま大人になったような人物で、性格は破綻しており(本人曰く「偏屈」)、自己中心的でプライドが高く、愛情を憎まれ口や暴力でしか表現できない。富江や清子には日常的にDVまがいの暴力を振るい、同業者や編集者にもしばしば襲い掛かる。反面、人が見ていない場では優しい面を覗かせ、女性の涙に弱い。プリズンホテル フレッシュアイペディアより)

  • エリオット・コーワン

    エリオット・コーワンから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    2009年イギリスの女性団体ウィメンズ・エイドの「CUT」と題された、反ドメスティックバイオレンス啓蒙キャンペーンビデオに出演した。(キーラ・ナイトレイ共演、監督はジョー・ライト)エリオット・コーワン フレッシュアイペディアより)

  • HOTEL.

    HOTEL.から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    暴動の際に日輪を助けているがその時に目を失明している。またその最中に妻子が行方不明になった。その後、日輪を養子とするが行方不明の妻子が忘れられず、日輪を受け入れられずDVを行っていた。妻子の死亡を知り日輪の心情を知ってからは和解し彼女に対して子煩悩になる。HOTEL. フレッシュアイペディアより)

  • GENTE〜リストランテの人々〜

    GENTE〜リストランテの人々〜から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    建築学を専攻する20歳の女子大学生。姉夫婦と同居。姉の夫のDVに悩まされており、姉を守るため、強くなりたいと願う。ジムでは空手を習うなどして鍛えている。ヴィートのおせっかいのおかげで、姉夫婦の問題は一段落し、ヴィートとは親友を経て結婚へ。リストランテの面々に寂しがり屋だと思われていた。GENTE〜リストランテの人々〜 フレッシュアイペディアより)

  • ナース・ステーション (漫画)

    ナース・ステーション (漫画)から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    西里大学病院の外科に勤務する看護婦。内科から転属してきた。内科勤務時代の入院患者・恒夫に見初められ、退院後、熱烈なアプローチを受け結婚するが、結婚後は、人の愛し方を知らない恒夫のドメスティックバイオレンスに悩まされ、ある晩、ふるわれた暴力が元で頭部を強く打ちつけて意識を失い、救急病院に運ばれる羽目に陥る。程なく意識は回復し、事の重大さ、更には幸子の存在の重大さを再認識した恒夫も改心を誓うが、耐えられなくなった幸子は、しばらく別居し、実家に帰ることを決断する。幸子自身、恒夫への思いは残っての決断であり、見送りを拒否したにも関わらず、出発間際に現れた恒夫を見て涙していた。ナース・ステーション (漫画) フレッシュアイペディアより)

233件中 91 - 100件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード