506件中 91 - 100件表示
  • 面会

    面会から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    2011年からは民法改正により、協議離婚した夫婦については、協議で定める「子の監護について必要な事項」の具体例として「父又は母と子との面会及びその他の交流」を民法第766条で規定され、面会交流が認められるようになった。それにより、協議離婚においては非同居親による子供との面会交流については、非同居親が配偶者暴力や児童虐待をする等の恐れがあって子供の福祉に悪影響を及ぼす恐れが高い場合を除いて、原則認められるようになってきている。面会 フレッシュアイペディアより)

  • ユニット (小説)

    ユニット (小説)から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    31歳。旧姓:宮永。函館市付近の江差町出身で、函館の短大の家政科卒業。夫の英雄のDVを避ける為、5歳の息子の晴也を連れて旭川市から札幌市にやってくる。真鍋と同じく西18丁目駅にてプラットホームで起こった転落事故を機に、波多野工務店で旧姓として働くことになる。ユニット (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 生まれる。

    生まれる。から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    デザイナーズプラスの社員で太一の先輩。太一をランチに連れ出している間に、小池に太一のデザインを盗ませる片棒を担いでいた。小池の子を妊娠しているが、DVを振るわれている。太一の仕事をうまくいかなくさせた責任を感じ、会社を退職。その後、長女・陽菜を出産。生まれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 町村泰貴

    町村泰貴から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    『法はDV被害者を救えるか : 法分野協働と国際比較(JLF叢書)』 法執行研究会編 分担執筆 商事法務 2013年町村泰貴 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ブラウン (歌手)

    クリス・ブラウン (歌手)から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    2009年2月、第51回グラミー賞のプレパーティーの帰りに恋人で歌手のリアーナへの暴行事件を起こす。車内で口論となり、暴行を加えてその場から立ち去ったが、後に出頭。ロサンゼルス市警はドメスティックバイオレンス容疑で逮捕、起訴したが、クリスが同日夜、保釈金5万ドルを支払い保釈された。クリスはグラミー賞に2部門ノミネートされており、授賞式でのパフォーマンスが予定されていたが欠席。リアーナも同様欠席した。その後、リアーナ負傷の映像や画像が報道されファンや音楽業界に衝撃を与えた。クリス・ブラウン (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜

    マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    梨香の母。モノトーンもしくは寒色系のファッションを好む。クールで独立心が強い一匹狼タイプ。夫の修平から、日常的にモラルハラスメント及びDVを受けており、不得手な家事と育児のストレスから家庭内は冷め切っている。娘の通うスポーツスクールのコーチで、疲れ切った自分に優しく気遣ってくれる磯山と浮気関係に陥ってしまう。マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜 フレッシュアイペディアより)

  • 夫婦喧嘩

    夫婦喧嘩から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    昔から「夫婦喧嘩は犬も喰わない」と言うが、この表現には、夫婦喧嘩というのは放置しておいても自分たちで勝手に仲直りしてしまう、よけいなおせっかいはしないほうがいい、という意味が込められている。ただしこれらの考え方が警察や行政によるドメスティックバイオレンスやモラルハラスメント対策の遅れを招いたとの批判も存在する。夫婦喧嘩 フレッシュアイペディアより)

  • 下谷サドマゾ事件

    下谷サドマゾ事件から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    警察は、同居していた男(30歳)を傷害致死の疑いで逮捕し取り調べた。当初警察は、今で言うところのドメスティックバイオレンスだと思っていた。しかし、意外な事実が明らかになった。下谷サドマゾ事件 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトリボンキャンペーン

    ホワイトリボンキャンペーンから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    男性が男性に対し、男性による女性への暴力(特にドメスティックバイオレンス)を止めようと呼びかける運動ホワイトリボンキャンペーン フレッシュアイペディアより)

  • 善通寺簡易裁判所

    善通寺簡易裁判所から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    家庭内暴力(DV)を受けていた女性の申し立てにより、高松地裁が加害者の男性に対し保護命令を出したが、加害者・被害者双方が別件の支払い督促を善通寺簡裁に申し立てられた際、加害者の男性が督促の件について2013年7月5日に同簡裁に問い合わせたところ、同簡裁の男性事務官が、被害者の女性の居住する自治体やマンションについて教えていたことが明らかになった。善通寺簡易裁判所 フレッシュアイペディアより)

506件中 91 - 100件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード