506件中 121 - 130件表示
  • ロジャヴァ革命

    ロジャヴァ革命から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    女性評議会が組織され、ドメスティックバイオレンス及び性的暴行の問題を扱う。加えてすべての評議会ではメンバーの40パーセントが女性に割り当てられている。「女性の家」が作られ、暴力の被害者にとっていわゆる駆け込み寺としての役割を果たす。ロジャヴァ革命 フレッシュアイペディアより)

  • レイプの形式

    レイプの形式から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    強姦法は、国によって異なる。多くの国においては、ドメスティックバイオレンスにおいて、自分自身の妻または夫に対して強姦を犯しても、それは強姦とみなされない。2人の人々が規則正しく性的に親密であるならば、多くの国においては眠っている間もしくは酒に酔った場合に夫や妻と性行為を行う事は、その夫もしくは妻が承諾を与えなかったとしても、強姦となかなかみなされない。レイプの形式 フレッシュアイペディアより)

  • 警察庁α特務班シリーズ

    警察庁α特務班シリーズから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    『警察庁α特務班シリーズ』(けいさつちょうアルファとくむはんシリーズ)は、六道慧による日本の推理小説のシリーズ。DV、ストーカー、虐待事件などに対応するために警察庁直属で設けられた特任捜査チーム『ASV特務班』の活躍を描いたミステリーのシリーズである。警察庁α特務班シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲〜

    アスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲〜から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    有人の母親。敏郎からのDVにより精神を病んでいる。有人とともに敏郎の元から逃げ、アパートで暮らしている。再び現れた敏郎の手から逃れるため、偶然居合わせた直の家で一時有人と世話になる。アスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲〜 フレッシュアイペディアより)

  • ピンクサロン

    ピンクサロンから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ピンクサロンの特徴の1つは、接客する女性の中に他の風俗では見られないような年齢層や容姿の女性がいることである。その理由としては、店内が暗いために客が女性の年齢や容姿を判別しにくいことと、採用時の年齢基準が甘い店が多いこと等が考えられる。また、寮を備えた店もあり、家出中或いは多重債務やドメスティックバイオレンスから逃げている女性がピンサロ嬢になるケースも見られる。他の風俗でも寮を備えた店はあるが、ピンクサロンは性風俗関連特殊営業で届けられている一般の風俗店のように従業員の身元確認が厳しくないため、このような女性達にとっては就職し易い。ピンクサロン フレッシュアイペディアより)

  • 演歌の女王

    演歌の女王から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    ヒトシの隠し子。可愛らしい姿に反し冷静に物事を見極め、鋭くひまわりの心を見抜く。しかし、本当は親に愛されない事に淋しさを感じている。実母・花田鏡子と同居している愛人に虐待されたり、小学校にも通わせてもらっていない事を知ったひまわりが、自分のアパートに居候させる。実母が愛人に暴力を振るわれているのを見かねた信が、「お母さんはボクが守る!」と言う。こうして再び実母の下で暮らす事となり、小学校へも通える様になった。演歌の女王 フレッシュアイペディアより)

  • 田島隆

    田島隆から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    父は母の顔を靴べらや定規で殴るというDVを繰り返し、母は父に殴られた後、長男である田島や兄弟に「あんたたちを産んだからこうなった」と同じように定規で殴っていたという。田島隆 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨崇仁

    山梨崇仁から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    就任2年目の予算では「子育て」をテーマに掲げ、待機児童対策や小児医療費の無料化の充実を推進。また虐待や配偶者暴力(DV)問題への対策にも力を入れ、葉山町の広報紙で町内の虐待の実態を取り上げた。山梨崇仁 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスト・メンフィス3

    ウェスト・メンフィス3から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    Yの継父が一時期警察に対する情報提供者として活動していた事実、一件のドメスティックバイオレンスを含むいくつかの犯罪歴がある事実は、裁判が終わるまで明らかにされなかった。通常と異なり、これらの前歴は隠蔽され、保護観察もうやむやにされた。レヴァリットは、Yの継父と警察や法廷はつるんでいたのではないか、と示唆している1。ウェスト・メンフィス3 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良自宅放火母子3人殺人事件

    奈良自宅放火母子3人殺人事件から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    少年の父は、妻(少年の実母)に対する身体的または精神的なドメスティックバイオレンス、少年に対する身体的または精神的な児童虐待の常習者だった。少年の実母は、夫(少年の父)からの暴力に心身ともに耐えられなくなり、少年の実妹(当時3歳)を連れて別居し、少年が小学校1年の時に離婚が成立し、少年の親権と養育権は父、少年の実妹の親権と養育権は少年の実母が得た。実父母の離婚後は、実父の考えにより、少年は実母と実妹とは交流も連絡も遮断され、一度も会っていない。少年の父は少年の幼児期から、父のように医師になることが唯一絶対の正しい価値や生き方であるという考えに基づいて、医師になることを強要した。少年の学校の試験の成績が実父の要求値より低い場合には、いつも以上に激しい暴力により虐待されていた。また少年は自宅でも居場所が無かったためか息抜きの場所が学校であったと語っており、持っていたマンガ本は友人にあげていたという。奈良自宅放火母子3人殺人事件 フレッシュアイペディアより)

506件中 121 - 130件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード