233件中 121 - 130件表示
  • 西洋骨董洋菓子店

    西洋骨董洋菓子店から見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    千影の母親。紘子の料理教室に通っていたところ、夫からDVを受けているのを見かねて、紘子が橘家の家政婦として雇う。離婚し、小早川姓に戻る。西洋骨董洋菓子店 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・R・フォード

    ジェラルド・R・フォードから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    フォードは、レズリー・リンチ・キングとドロシー・エア・ガードナーの夫妻の子どもとしてネブラスカ州オマハで生まれた。フォードの当初の名前はレズリー・リンチ・キング・ジュニアであった。だが彼が生まれたころから父レズリー・キングは母ドロシーに暴力を振るうようになり、耐えられなくなった彼女は実家へ逃げるように去った。ジェラルド・R・フォード フレッシュアイペディアより)

  • 錦戸亮

    錦戸亮から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    2008年にフジテレビ系列で放送されたドラマ『ラスト・フレンズ』ではDV男役を演じ、雑誌『日経エンタテイメント』(2008年8月号掲載)が行なった「上半期ヒット総まくり」の"イメージダウンした俳優ランキング"において1位に選ばれたが、これにより『ザテレビジョン』実施の「ドラマアカデミー賞」(2008年春クール)にて、最優秀助演男優賞を受賞した。錦戸亮 フレッシュアイペディアより)

  • ランダム・アクツ・オブ・センスレス・ヴァイオレンス

    ランダム・アクツ・オブ・センスレス・ヴァイオレンスから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    マンハッタンに住む12歳の少女を語り手とし、経済恐慌が進む過酷な都市生活の中で成長する様子を描く。これまでのシリーズ作品と異なり日記体であり、両親の失業、学校でのいじめ、ドメスティックバイオレンス、強盗、性犯罪、市民への弾圧などが綴られる。激変する環境の中で、語り手の言葉遣いが変わってゆく様子が描かれている点も特徴となっている。ランダム・アクツ・オブ・センスレス・ヴァイオレンス フレッシュアイペディアより)

  • 高橋克実

    高橋克実から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    コメディドラマへの出演が多いが、2006年の土曜ワイド劇場特別企画『ユニット』では DV夫で悪徳刑事という悪役、同年の金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』(ドラマ初主演)では主人公の型破りな助け人役、また 2008年のNHK土曜ドラマ『フルスイング』(連続ドラマ初主演)では主人公の熱血教師役を演じた。高橋克実 フレッシュアイペディアより)

  • 機能不全家族

    機能不全家族から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    機能不全家族を生み出す家庭内の主要な原因としては、アルコール依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症、親の自殺、親の死亡、両親の離婚、親の再婚、親からの見捨てられ行為(ネグレクト)、精神的な児童虐待、肉体的な児童虐待、性的な児童虐待、家庭不和、家庭内の暴力、サラ金地獄、生活困窮、生活苦を伴う家族の病気(難病、介護)、望まれない出生、不遇な里子体験などがある。機能不全家族 フレッシュアイペディアより)

  • 中村哲治

    中村哲治から見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    2006年4月8日に妻の瑞恵(坪井一宇の長女)が大阪市内のマンション屋上から飛び降り自殺した。この自殺に関し奈良日日新聞は2010年4月、自殺の大きな要因が中村の度重なるドメスティックバイオレンスだったと報じた。中村哲治 フレッシュアイペディアより)

  • キャシー・グリフィン

    キャシー・グリフィンから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    2009年の自伝にて、キャシー・グリフィンは、兄ケニーのトラブルの多かった人生の記録についてはじめて触れている。彼は、麻薬乱用者であり、ドメスティックバイオレンスを起こしていた。また、一度もつかまったことはなかったが、グリフィンは、彼が、児童を性的に虐待していたとも信じている。この推測は、ケニーの周りにいた多くの女児の証言によっても裏付けられている。キャシーが8才の時には、ケニーがベッドにもぐりこんできて耳元に甘い言葉をささやいてきたり、くっついてきたという。しかし、ケニーがキャシーに対して実際の虐待を行うことはなかったという。兄が未成年者と不適切な関わりを持っていることを知ったキャシーは、その後彼と関わりを断つことを選んだ。キャシー・グリフィン フレッシュアイペディアより)

  • 国際養子

    国際養子から見たドメスティック・バイオレンスドメスティックバイオレンス

    戦災孤児や、家庭問題(家庭崩壊、ドメスティック・バイオレンス等)が深刻・経済的困窮などの理由で子供の養育が充分に出来ない家族から、国境を越えて、未成年者を養子として迎える場合。送り出す側は、おおむね開発途上国、迎え入れる側は、おおむね先進国であることが多い。国際養子 フレッシュアイペディアより)

  • 刑事・鳴沢了シリーズ

    刑事・鳴沢了シリーズから見たドメスティックバイオレンスドメスティックバイオレンス

    大学時代、心理学を専攻していた学歴と、DVを受け離婚した経験から、同じ境遇の女性を助けるNPO団体「青山家庭相談センター」の所長をしている。そこで、事件を通じて了と出会う。刑事・鳴沢了シリーズ フレッシュアイペディアより)

233件中 121 - 130件表示

「ドメスティックバイオレンス」のニューストピックワード